※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MPEG-4とは

初心者向け説明

動画の比較的新しい規格。と思っていただこうッ!
それ以上に深入りするのは避けたほうがいい用語。


玄人向け

ちょっと複雑。
MPEG規格自体、「DVD」とか「VHS」のような「商品の規格」では無いから。
例えば、DVD規格はISO MPEG-2規格の一部に準拠して、DVDフォーラムというメーカー団体が作ったもの。
つまり、そういう事しないといけないくらい、ややこしい。
そのままでは互換性が保証できないほど、ややこしい。
ISOという団体が作っている(*1)。
たとえ分裂でも、次世代DVDが出れば少ししあわせになれるでしょうか。

Doom9というDVDリッピングなんかに強い掲示板から抜粋、、、
数あるMPEG-4 の下位規格のうち、ここDoom9で重要なものを挙げます:
  • ISO 14496-1 (システム), Animation/Interactivity (DVD メニューなど)
  • ISO 14496-2 (ビデオ), XviD, DivX5, 3ivx...などは、この規格書の中の ASP(Advanced Simple Profile)に対応。
  • ISO 14496-3 (オーディオ), AAC(Advanced Audio Coding)
  • ISO 14496-10 (ビデオ), AVC(Advanced Video Coding), 別名H.264
  • ISO 14496-14 (コンテナ), MP4コンテナフォーマット (拡張子.mp4)
  • ISO 14496-17 (字幕), MPEG-4 時間情報付きテキストフォーマット

少なくとも規格書が17冊はあるようだ。

、、、とはいえ世間にはMPEG-4があふれてる。

2005秋現在、MPEG-4と言った場合、以下の2種類が考えられる。

A)映像コーデック、音声コーデック、コンテナ形式が全部ISO-MPEG-4規格準拠の.MP4
B)MPEG-4 ASP規格の映像部分だけを使った.avi


それぞれの「MPEG-4」の説明


A)全部ISO-MPEG-4規格準拠


つまり、MPEG-4規格映像(の、どれか)+MPEG-4規格音声(の、どれか).mp4

1.ASP映像+aac音声.mp4
  • 映像コーデック:ASP(Advanced Simple Profile)準拠のもの
    • Xvid,DivX,3ivxがここに入る。
    • Apple-MPEG4は入らない。その下のSP(Simple Plofile)らしい。
  • 音声コーデック:AAC(Advanced Audio Coding)準拠のもの
    • 規格の中にはさらにAAC-HEとかAAC-LEとかあるらしい。
  • コンテナ:MP4コンテナフォーマット (拡張子.mp4)

2. AVC/H264映像+aac音声.mp4
  • 映像コーデック:AVC(Advanced Video Coding),準拠のもの。別名H.264(*2)。
    • Apple-H264,x264など。
    • 他は1.と同じ。

身近な例としては、PSPメモリースティックビデオフォーマットがある。これは1と2、両方ある。作成にはそれなりのソフトが必要なのは、コンテナヘッダの形式が若干特殊だかららしい。駄菓子菓子、これとて立派なISO-MPEG4。たぶんISO 14496-14 (コンテナ)の中にさらに分類があるのだろう。

QuickTimeのMPEG-4について。
QuickTime6のMPEG-4 = ISO MPEG4ではない。QuickTime6のMPEG-4 ≦ ISO MPEG4が正しい。
QuickTime7のMPEG-4 H264 ≦ ISO MPEG-4 AVC/H264か否かは現時点では不明瞭。
Apple(に限った事ではないが)の宣伝を額面通り受け取らない。

B)映像だけがISO-MPEG4規格。


Divx+mp3.avi (XviD,3ivxでも同様)

幅が有りすぎてなかなか規格のまとまらなかったISO-MPEG4を尻目にぽんと普及した形式。
MPEG4規格で最も重要なのは映像の圧縮効率。
M$はいち早くそこに着目し、.asf専用コーデックを出した。MsMPEG4。
これに.aviサポートが無かった事に怒ったおっさんが速攻ハッキング。リッピングとファイル交換を通して一気に普及。
これがDivxの始まり。出自と使われ方はちょいと黒い。
いろいろあってキレイな体になり、DivX4以降、会社になって商業化した。

XviDと3ivxはその「いろいろあって」の間に誕生した多数の亜種、競合の中で生きのこったヤシ。
Divx社は普及を重視して.aviにコダワル。
3ivxはOSもコンテナもストリーミングも手広くこなす。
XviDは画質の評価が最も高い。
いずれもMPEG-4 ASP準拠なので互換性がある。FourCCに注意が必要だが、大半のエンコードソフトはその面倒も見てくれる。
北米では、CD-Rでも買えばDivXと3ivxは必ず付属してるらしい。

Win用のTVキャプチャや動画再生機器類に「MPEG-4対応」とあったら、これを指すことがある。スペックシートを読むと「但し.mp4コンテナは不可」とか。でも「.avi」とは書いてないとか。かつてのイメージの黒さが影響してるのかもしれない。Win界では常識なのだろうか。


いわゆる「神学論争」に巻き込まれないタメに

MPEG-4規格は世界各国の企業、団体、学校が特許を持ち寄って作っている。
MPEG-LAという団体がまとめてその特許料を徴収している。
で、そこのライセンサーリストを見ると、

MPEG-4 SYSTEMS:Appleが居る。M$がいない。
MPEG-4 Visual:Appleが居ない。M$が居る。
AVC/H.264:Appleが居ない。M$が居る。

Appleは.mp4が普及すれば儲かる。
M$が.mp4をサポートすれば、Appleに結構なお金を払わなければならない。
つまり、M$には.mp4をサポートする動機が無い。

映像コーデックのパテント保有企業を良く見ると、パソコンを扱っている企業がいくつかある。国内の家電メーカーはほぼ勢揃い。
M$が良い映像コーデックを用意しようと思ったら、相対的に、低コストで用意できる。パテントをWinのライセンス料と相殺できるから。
Appleが良い映像コーデックを用意しようと思ったら、相対的に、高コストになる。
.movコンテナのパテントを最大限活用しようと思ったら、映像コーデックより他の部分、ストリーミングなどのサポートに注力する方が手堅い。

サードパーティが映像コーデックを売る場合、Macで薄利多売は、困難。

、、、という構造がある。動画エンコードのキモは「映像の圧縮効率」

これが神学論争のポイントその1。

さて、MPEG-LAのリストには、「ライセンシー」もある。この人たちはちゃんとパテント料を払ってますってリスト。
ここにはXviDも、x264も、載ってない。彼らは、払ってない。
研究目的ですから、商売じゃないですから。という理由による。従って、これらのQuickTime コンポーネントやビルド版は誰かがリスクを背負って作成、配布している。winでも同様。EUにソフトウェア特許は今のところないが、国内には、ある。

これが神学論争のポイントその2。



(*1)ISO(国際標準化機構)
MPEG規格を決めている団体。デジタル動画の他にも、カメラ用フィルムの感度とか、工場の環境保全の基準とか、たくさん決めてる仕切り屋。ISOが決めた事は日本では日本規格協会(JIS)が決める。各国のJISみたいなもんの連合体でもあるらしい。だからまぁ、本来は専門家にしか関係ないモノ。なんでキリンビール好きなのって訊かれて、工場がISO14001認証パスしたから(だからおいしい)っつう返事はあまり、一般的でわ、無い、かも。
(*2)ITU(国際電気通信連合)
H.264はITU側の呼称。中身はおんなじ。というか合同で作った。