※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高町なのは(A's)


          |\    ___                    __
          |  \∠ _:. :. :. \                     /   /
          |  >:':.  ̄ ̄:.ヽ、:. :ヽ.             /     /
             j/:. :._:. :.--:. 、:. :. ヽ:. :.ー:. :.‐:.- 、      /       /
         /:., .: ¨:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \   /  /  /
          /:/  :. :. /:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ j /  /
        j〃    / :./:. :. /:/:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヾム.≦ _
        l   :. : , ' :. /:. :. . /. ./. ./.. ..j  i   ヽヽ  : : マj- _:. :. \
       /| :. :. / :. :/:{:. ; 斗:.十-j:、:. ハ:. , r‐-:.、!:.',:. :, :. } \  ヽ:. :. \
      /:. :.|:. :. :/l:. :. :,':. l:/ :/l: /l:. ∧:..l ヽ: l \::.iヽ}:. :.',: lヽ \. \:. :. \
    /: .:.:.:.∧:. :.l ハ:. :.lヽ:jl:. :.l l/ .j:/_ ヽj  ヽ!__ ',l:. l:. :. l:.j ヽ  ヽ   \:. :. ヽ
    /:. :. :./ ヽ:.j |.ム:. |,:. :.>、:j_r==ミ     z==.、j:./:. :.//\   l    ',:. :. :.',
.   {:. :. :./    レヘ:.!ヽ/: ハ´ wwx     xww ヽ/:. :〃  \  |    . l:. :. : :l   
    .j:. :. :.l       `j l:. :i:ハ      _' _    ∠: イl     \j    j:. :.:.:.:.|
    l:. :. ハ           |:. l:小、   l    〉     /:. //            /:. :. :. :l 
    ヽ:. :. ヽ          |:. l: |. 丶、 ヽ._ ノ   イ:. ,:./        _/:. :. :. :/
     \:_:, ゝ      ヽ l: |__ェ=i> _-_ <i=/:. :/         ̄フ:. :. :./
                ヽj  ̄ ̄ ̄   ̄ ¨/:./7       ∠  - 
               ィ7.ゝ- 、   z― ,〃=く
             /// ヽ二ヽ  z― 、//  _ ヽ
           ,r≠ ┴'、     /   〈∠, /   ¨ マヽ


出典:魔法少女リリカルなのはA's
死亡時期:1日目・早朝
殺害者:ミリオンズ・ナイブズ
最期の言葉:「え……?」

【ロワ内での活躍】
殺し合いを止め、プレシアと「お話」をすべく行動を開始する。
その後、同じくプレシアに翻意するカレン、及びチンクと遭遇。
しかし、高町なのはの名を口にしたことで、チンクの態度が激変。襲撃を受けることとなった。
曰く、このデスゲームに参加している「もう1人のなのは」を知っているとのこと。
曰く、自分はそのなのはから作られたクローンであるということ。
カレンの左腕を失いながらもチンクを撃破し、退避に成功したなのはだったが、彼女の言葉はその胸に大きな不安を抱かせることとなった。
その後、カレンを治療すべく病院を目指していたなのはは、殺生丸との戦闘によって意識不明となったナイブズを発見、共に病院へと連れて行く。
しかし、2人を病室のベッドに寝かせ、医務室を探しにいった間に、カレンは行方不明となってしまった。
自分の不注意のせいで彼女が犠牲となった。そう判断したなのはは失意に暮れる。
だがそこへ、ナイブズが手を差し伸べた。自分は彼女を連れ去った犯人に心当たりがある、と。
その先を聞く前に、なのはは他ならぬナイブズの凶刃に倒れた。
カレンを消滅させたのがナイブズであること。
自分がまぎれもない本物の高町なのはであること。
プレシアがこのデスゲームを催した理由。
それらをなのはが聞くことは、遂に叶わなかった。

追悼コメント

  • あ・・あっけねえ・・ -- homuhomu(21) (2010-04-13 05:26:01)
名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー