※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミリオンズ・ナイブズ




出典:リリカルTRIGUNA's
死亡時期:1日目・早朝(放送直前)
殺害者:キース・レッド
最期の言葉:――待っていろ、ヴァッシュ。

【ロワ内での活躍】
このデスゲームに集った人間達を皆殺しにするべく、行動を開始する。
手始めに、最初に見つけたキャロを殺害すべく攻撃開始。容易に彼女に重傷を負わせ、後一歩のところまで迫る。
だがそこに突然、殺生丸が乱入。
左腕の刃を片手持ちの剣で受け止められ、「持っていく力」さえも回避され、キャロ共々逃亡されるという目に遭う。
その後、原因不明の消耗(=黒髪化)に苛まれながらも、殺生丸と再会。今度こそ直接戦闘の幕を開ける。
黒髪化により満身創痍とはいえ、ビルの崩壊からも生き延びた殺生丸を、ナイブズは史上最高の逸材として認めることとなる。
これまで出会った者達の中でも、最も秀でた最強の宿敵。しかし、そうであるが故に、決して相容れることはない。
遂に両者は、互いの持てる力の全てをかけ、エンジェル・アームと蒼龍破をぶつけ合う。
勝利を収めたのはナイブズ。しかしそれも、小細工を弄することがなければ競り負けていた。
初めて認めた敗北の屈辱の中、ぼろぼろになったナイブズは意識を失う。
次に気付いた時には、彼はなのはによって病院へと運び込まれていた。
奇襲をかけてきたキース・レッドの目の前で、共に病室にいたカレンを殺害すると、今度はキース・レッドを一蹴。
参加者を殺させるべく彼を逃がすと、自身もなのはを己が手で抹殺した。
殺生丸の戦いから学んだものを深く胸に刻み、ナイブズは再び行動を開始。
二度と人間達に対し、油断をすることは絶対にしない。そう誓った彼を襲ったのは、密かに病院へと潜伏していたルルーシュの罠。
せっかく対等に見なしてやったというのに、この程度の小細工しかできないのか。激昂するナイブズはルルーシュへと襲い掛かる。
右腕を奪ったナイブズだったが、今度はディエチが割って入り、結果的にルルーシュを逃がしてしまった。
そのままディエチと交戦し、ナイブズはこれに致命傷を負わせることに成功。戦闘中に聞いた放送を頼りに、アーカードの元へと向かう。
だが、そこにはあのキース・レッドが待ち受けていた。
一度倒した相手に、とどめと言わんばかりの苛烈な反撃を受け、ナイブズ自身も瀕死の重傷を負ってしまう。
常人ならば必殺。それでも、プライド高き孤独の王は、膝を折ることを許さなかった。
異常なまでの執念で立ち上がり、エンジェル・アームを起動させる。
しかし、これまで身体に刻まれてきた数々のダメージが、その引き金を引く手を緩めさせた。
キース・レッドの放った弾丸に倒れ、ナイブズは逝く。
ヴァッシュへと誓った、全ての慢心を捨てるという意志。それが最早叶わぬものだということには、最期まで気付かぬまま。

追悼コメント

  • 彼は男の中の男です。 -- 酒田 (2010-07-27 19:44:31)
名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー