※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二回放送 ◆9L.gxDzakI




 12時間。
 早いようで遅いようで、あれから既に12時間だ。
 この81マスの箱庭にて、血と狂乱の殺戮劇が幕を開けてから、実に半日が経過しようとしていた。
 表向きに言及することはなかったが、かの大魔導師が規定したタイムリミットは48時間。
 要するに、間もなく4分の1もの時間が経過しようとしているということだ。

 12時を迎える。
 デスゲーム開幕の瞬間から、実に12時間ぶりに、時計の両針が頂点を指す。
 12とはすなわち正午。
 午前と午後を二分する、境界の時間が目前に迫っている。
 12とはすなわち6プラス6。
 6時間ごとに行われる定期放送の2回目が、間もなく始まろうとしている。

 12時間。
 分数にして720分。
 秒数にして8640秒。
 これから流れる放送は、その膨大な時間の振り返りだ。
 黒髪の魔女が囁く時、彼らは果たして何を思う。
 後悔/恐怖/歓喜/安堵/悲哀/希望/失望/絶望。
 生き残った39人は、果たして何を抱くのか。

 かくて定期放送は始まる。
 個人の感情などはお構いなしに。
 ただ淡々と事実のみを語るため、2度目のメッセージが鳴り響く。


 6時間ぶりね。
 みんな、ちゃんと聞いているかしら。
 現在の時刻は12時ジャスト――第2回目の定期放送の時間よ。
 今回も最初に禁止エリアを発表させてもらうわ。しっかりメモを取るようにね。
 今のところはそんな事態になっていないけど、うっかり禁止エリアに入って、
 そのまま自滅なんて死に方されたら、こちらもあまり張り合いがないのだから。

 13時からA-4
 15時からA-9
 17時からE-6

 以上の3エリアよ。
 ちゃんと記憶できたかしら?
 二度目は言わないわよ。聞き逃したからもう一度、なんて甘えは聞きたくないわね。
 一緒にいるお仲間にでも聞くか、他の参加者を脅して問い詰めるか、もしくは諦めて泣き寝入りでもしなさい。

 ……ああ、そうだったわね。
 これまでに命を落とした脱落者の名前も読み上げていくわ。

 アレクサンド・アンデルセン
 インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング
 ギンガ・ナカジマ
 ザフィーラ
 フェイト・T・ハラオウン
 ブレンヒルト・シルト
 武蔵坊弁慶
 八神はやて
 遊城十代
 以上、9名よ。
 前の6時間に比べて少しは減ったけど、まだまだ順調と言っていいペースね。
 貴方達のしたたかさと残忍さには、本当に感心させられるわ。
 果敢に戦って死んだ者、仲間を庇って命を落とした者、些細なミスが命取りになった者、ほとんど事故のような形で死んだ者……
 ……ふふ……全くもって貴方達は、私を楽しませてくれるわね。
 開始からこれまでの12時間は、最高に面白いショーだったわ。
 今後も私を飽きさせることのないよう、パフォーマンスの向上に努めることね。
 えてして観客とは無責任でわがままなもの……私がこの催しに飽きた瞬間に、全員ドカン、なんてことも有り得るのだから。

 ……そうね。せっかくだから、ついでにもう1つ話しておくわ。
 6時間前にご褒美の話をしたけれど、どうやら今のところは、あまり意味をなさなかったようね。
 この期に及んでこのゲームを止めようとする者が、まだまだ大勢いるみたいだわ。
 残虐非道なデスゲームに、敢然と立ち向かう正義のヒーローという構図はなかなかに面白いし、
 そうした連中が転落していくのも、見応えがないと言えば嘘になるのだけど……こうも数が多いと、少し鬱陶しいわね。
 貴方達がこの演劇のスパイスになっているのは確かよ。でも、いい加減食傷気味になってきたわ。
 もう一度言うわよ。
 私はその気にさえなれば、貴方達を一瞬で全滅させることもできる。
 最初に死んだ娘のことを覚えているでしょう? 彼女の末路を、改めて思い出しておくことね。

 ああ、それとも特典がお望み?
 全部終わった後の優勝賞品だけでは、いまいちやる気が湧いてこなかった?
 そうね、それもそうだったわね。
 確かに優勝した後のご褒美だけなら、ひたすら身を隠してやり過ごすだけでも手に入ってしまうものね。
 それはそれで面白いかもしれないわ。
 貴方達の好きなビデオゲームでも、敵を倒せば経験値と資金という見返りがある……そういうボーナスも悪くないわね。
 分かったわ。次の放送までに、何か考えておきましょう。
 何人か参加者を殺したら、他の誰かの居場所を教える、だとか、支給品がもう1つもらえる、だとか……
 改めて考えてみると、色々とアイデアは尽きないものね。この6時間で吟味してみることにするわ。
 貴方達からも何か要望があったら、その間に言っておきなさい。
 確実に採用されるわけではないけど、一応参考にはさせてもらうから。

 それから、最後にもう1つ。
 まさかとは思うけれど……私が心変わりしてこのゲームを中止する、なんて可能性を考えてる人はいないわよね?
 そういう温情は期待しない方がいいわ。
 さっき読み上げた死者の中に、フェイト・T(テスタロッサ)・ハラオウンという娘がいたでしょう?
 私のフルネームはプレシア・テスタロッサ……
 ……ふふ、そういうことよ。
 実の娘が殺されても、黙って見てるような冷酷な人間に、最初から情なんて期待しないことね。
 貴方達が殺し合って、最後の1人になること以外に、このゲームに終わりなんてないのだから――。


「……よく言いますね。フェイトのことなど、娘とも見なしていなかった貴方が」
 魔女プレシア・テスタロッサの背に、投げかけられた声が1つ。
 茶髪の頭に猫耳を生やした娘は、かの大魔導師の使い魔・リニスだ。
「いいじゃないの。使える物はいくらでも使うべきだわ。このゲームをより円滑に進めるためにはね」
 くるり、と。
 言いながら、プレシアが振り返る。
 腰掛けていた椅子を180度反転させ、リニスの方へと向き直った。
 その顔は暗い。
 嘲笑気味の放送の割に、実際の表情は深刻なものだ。
「どうにも上手くいかないものね」
「ええ……数字だけは決して悪いものではないのですが、
 うち3人は同じ戦闘で死亡したわけですから、実質死者が出たケースは7つになります」
「一応譲歩はしてみたけれど、すぐにでも適当な特典をつけるべきだったかしら」
 そう。
 現状は、決して上手くことが進んでいるわけではなかった。
 余裕ぶって見せた態度も、ハッタリの要素がなかったといえば嘘になる。
 第1回放送までの6時間で、死者の発生したケースは合計12。
 一度の戦闘で複数死者が出たのは、アグモンとクロノ・ハラオウンの1回のみ。
 カレン・シュタットフェルトと高町なのはは、ギリギリ別々のタイミングと考えていいだろう。
 対して、今回は僅か7回。約半分の数字である。
 ギンガ・ナカジマをはじめとした3人が同時に死亡したことで、現在の数字は稼げたわけだが、
 言ってしまえばそれも運がよかっただけだ。
 2人同時に死亡はともかくとして、3人以上ともなると、そう易々と期待できるものでもない。
 そもそも彼女らが死ぬ直前までは、一瞬「もう駄目か」とも思ったほどである。
 今はいい。結果として、今は9人もの死者を確保できた。
 だがこのままのペースで減り続ければどうか。
 万が一、半分また半分と、死者の発生するケースが半減し続けていったならば。
 単なる不安材料かもしれない。杞憂に終わる可能性の方が高いかもしれない。
 だが現実化でもしようものなら、よくて20人弱が余ったところで、停滞を招いてもおかしくない。
「万が一の時には、あの者達を会場に送り込むという手もありますが……」
「あくまでも最終手段ね。それに、今回のゲームの“目的”を考えれば、できうる限り取りたくない手でもあるわ」
 ふぅ、と溜め息をつきながら、プレシアがリニスの言葉に答える。
「まぁ、今はこうして手を打ったことが、どう作用するかを見守るほかないのだけど」
「先ほどのボーナスの話ですか」
「そうね」
 頼みの綱は、今のところそれだ。
 何らかの形でこちらの実力を見せ付ける、という手もあったが、それを取るにはもう少し熟慮を重ねる必要がある。
 下手なことをしてしまっては、ゲームバランスが狂うかもしれない。
 飴と鞭という形で、次の放送の時に、ボーナスと一緒に突きつけておいた方が無難だろう。
「問題は、何を特典につけるか、ということだけど……」
 故に、今はより制約の少ない、特典の方を先に考える。
 果たして彼ら参加者が求めているものは何か。
 一体どんな餌をばら撒けば、奴らは食いついてくるだろうか。
 プレシア・テスタロッサは思考する。
 このデスゲームをより円滑に進めるために。
 その先にある“悲願”を成し遂げるために。
「……貴方ならどうする?」


 第2回目の放送は終わった。
 デスゲームに臨む参加者達は、果たして何を思うのか。
 デスゲームを進める主催者達が、次に打つ手は果たして何か。
 運命は加速する。
 時の流れは加速する。
 個々の思いを流れに乗せて。
 思いを集めて群れと成して。

 次に動くのは、誰だ。



Back:誇りの系譜(後編) 時系列順で読む Next:狼煙
Back:誇りの系譜(後編) 投下順で読む Next:狼煙
Back:第一回放送 プレシア・テスタロッサ Next:13人の超新星(1)
Back:第一回放送 リニス Next:光なき場所で ――月蝕・終章一節






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー