※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブレンヒルト・シルト


         ,、-'´ _、-'´   `、 >          >::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;:::::::::::::、-、;| i、`'’ l'-、'、;;;;;;;;:::::::;`
       /_、-'"       V         /:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:::::,-',,.-、` .| \ `--、)_'、;;:::::::;;;
    ,、 '-'´                _, -'´;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::;;;;;:::;:::/ /;,、;ノ  |: : : \  '、_;;;;;::::::;;;
,、 - '"^ '''''''-、             _, 、- '":::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;l └,;;(__   | : : : : :\,_`~""''''
- ''"~ ̄`-、,,_`'-、     ,、 - '~:::::::::::::::::::::;;_,,,,,,,_:::::::::::::::::::::<"' 、;;;;;;; ̄,、- '´.... |: : : : : : : : : :`~"'''''-
        `' 、`'-、   /:::::::;;;;;;;;;;;;_、- '"~~_____~~"''''''''''''ヽ `、'"~~  _, ィ'''く : : : : : : : : : : : : : : :
           `、 `ソ;;;;;;;;;;;;_、-'~,、- ''"~~,、-',、 '  ̄~"フ' -,、`'、 `~^''<';;;;;;;\,|: : : : : : : : : : : : : : :
─---、_  _,、-'"~ /;;;;;;_、- ',、-'"~: : : :,、-"/ // / /'/ \   ヾ;;;;;;;;;;;;;~'、 : : : : : : : : : : : : :
,、- 、_  `"´ _、- /;;_、-'~_、-': : :._、-─,.': : /    / /-λ-ィ─/"'フ"'-ノ、;;;;;;;;;;;;;;;ヽ: : : : : : : : : : : :
   `'-、,-'" _、';;_、'´,、-'´: : : _、'´  / ''"/  /, /i'//l/ / /  /ノ_λ`' 、;;;;;;;;;;;;`、: : : : : : : : : : :
      _,、-'、-'、-'": : : : : :ヾ   _、'/  /  /'´ / l l~「^>'ti、   ´ノ /`'-、 `、;;;;;;;;;;;;;`'、: : : : _,、-'
 ̄`''-、 /; /_、'´: : : : : : : : : :ヽ/ |  / . /l λ | |.l`''''`-´    `"ソ、_ .ノノlヽ l\;;;;;;;;;;;;;;`\'´
,-、_  r'-'´-'´: : : : : : : : : : :_,-' ´     l / l / `'| l'|            スて)"ァ、ノノ | 〉、;;;;;;;;;;;;;;;;\
  `'( r'"_,、 '~~"''──- '"      l /,-| l   λ'      、ノ    `^、ト フノ l / ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
─- ''`-'~             ,.、_ ,、+/' .l.l  ,、't、l      -、      /イ  ノノ  ∧;;;;;/;;;;;;;;;;;\
、,_                /   |l   .|/l | ._ヽ          -'´/--'/  ノ、 ゞ/__;;;;;;;;;;;
,、>               /   _,,` _,-'":::::::'i、Y、~l\       _,、-' , ,、 '人  | '、/;;;;;;;;;;;;;;;;;/
         _,、-─''"/、--'|  / ./:::: ̄ ̄"'-i、`'ト、_.'、_,,、、-r-、/-'´-',、-'\;;'-,、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    _,、- '' ─- 、,,,、-'´:::::::::::l  |/ :::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;`'i `'i `''',=--'.-')-''"´-'"- '~^/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  _,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   l;;;;:::::::::::::;;;;;;;;;;;_,,,,、i |_/ ,、-'"/  /´;;;;:,、-'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
"~ヾ、 :::::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::r'⌒' 、. l  l;;;;;;;;;;;::::;;;;,-'~ ヽ l ̄/`'X;;;;;;;/   l;;;_、-";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、'"^~"''''- 、_
::::::::::::ヾ、:::::::::;;;_、-''^'-、l .  ノ .ヽ  ヽ、;;;;;;_、ii´'^"'、ヽ // `i |   |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_、'´-、__ ;;;;;;;;;;;;
ヾ、 :::::::::::>ヽ', -'´ ̄ ))`'- '´  ヽ  >-, -'.ll´/ 〉/^l _r-、 )コ   l/、;;;;;;;;;;/;_、 ";;;;;;;;;^フr `"'─
::::::ヾ、_、-"~::::::::::::_,、ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_、λ |-'´:::、"´/ !_`/  |`l.、 |、  |、ヾ;;;;;//;;;;:::::::::::;;;::::::T、\:::::
::::::::::ヾ´:::::::::::_、 -'<;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;r'~,、'ヘ |::::/ /  /  /  .l |ヾ、ヽ   lヽ ,、-':::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ヽ . ̄
ヘ::::::::::::::::::_、";;;;;;ヾ、:::::::::::::;;;;;;/ /;//.l.|::/::::/:::::::/:__:/::::::::/:::|:::":|;ヽ  ヽ」;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;:::`、
 `、::::::::::<<;;;;;;;;;;;;;;ヾ、;;;;::::;;;;/ </ /ノノ/:::::/::::∞/oヽ∞:/:::::|:::::::| .ヽ  V、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  `'、::::::::\ ;;;;;;;;:::::::ヾ、、 // `(⌒´ノ/:::::/::::::/:ヾ_ノ::::::/:::::∧:::::|_l   |;;;;:::::::::::::::::::::::::::::;;:::::;;::::::::/
    \λ \ ;;;;;;;;;;_;;;;;//;;;;;;;;;l.l ̄::/::::::l:::::::/:::::/i ::::::/:::::/ハl::::::||::::|   .|;;;;;;::::::::::::::::::::::::::;;;;::::;;:::;;;;〉
      l::;;;;;;;;\ ''(aV/;;;;;;;;;;//::::::/::::::/:::::/:::::/┃:::/::::://;└-┘'´  ノ;::::;;;;;:::::::::;;::::::::::;;;;;:::::::/
      〈::::::::::::::;;;\^/;;::;;;;;;//::::::/::::::/::::::l::::::::l;;;;:::: /:::://;:::::::、-'´ _、-'´;;;;;;;;;:::::::::::::;;;::::::::;;;;;;;:::/
      `'、::::::::::::::`´;;;;;:、//::::::/::::::/::::::::l::::::::l::::::: /:::://;;;;:::r'´、-'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;:::_,、_/
       /:::::::::;;;;;;;;;_、 -'´l.l::::::::l:::::::l::::::::::l::::::::l::::::/:::://;;;;;:;;:|  |;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;::_、-'´   _、--
        l、_:::;;;;;_、-"::::;;;:|.|::::::::|:::::::|::::::::/:::::: /::::::l::::::| |;;;:::::;;;ヽヽ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::_、'´     l .::::
         >'::::::;:::::::;;;//:::::::|:::::::|::::::::|:::::::|::::::::|::::::| |、-─-ヽ.ヽ,_,,r─-、_、- '~        ノ .:::r
       _、'´:::;;;;;;;;:::::::::;//::::::::l::::::::|::::::::|:::::::|::::::::|::::::| |;;ヽ    \`'-、_       /`' ─ '´..::ノ;;;
      r'::::::::::::::;;:::::::::::://:::::::::|::::::::|::::::/:::::::|::::::::|:::::::| l;;;;ヽ    `"'--、' 、   / /._r-、_ノ;;;;;;
      /::::::::::::::::::::::::::::://::, ヘ::|::::::::|::::::|::::::::|::::::::|,'.⌒、ヽ;;;;ヽ       ) .)  / /´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     /:::::::::::::::::::::::::::::;;l .l/ /' 、\::::|::::::|::::::::|:::::/´/^ノ )ヽ;;;;;\   ( ̄ ) └(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /::::::::::::::::::::::::::;;;;;/ ハ ヽ )_ノ:::|::::::|::::::::|:::└´._/ ハ ヽ;;::::::`'-、_ .` ̄´    `'-、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ./:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;l l >,、`┐:::::::|::::::|::::::::|::::::::: ! _,、^ヾ ヽ;;;;;;;;;:::::::`'-、_       `'-、_;;;;;;;;;;;;;;/
  /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;| レ::::::~l l:::::::::|::::::|:::::::::|::::::::::li l::::::::ヾ ヽ;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;`''i,        ヽ,;;;;/;;
/:::;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;/  /:::::::://::::::::|:::::::|:::::::::|:::::::::::!i l::::::::::ヾヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ         `´ヽ;;
::::::;;;:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  /::::::::::| ||::::::::|::::::::|:::::::::|:::::::::::!i |:::::::::::| ヽ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ          ヽ
:;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;:::|  |::::::::::/ ||::::::::|::::::::|::::::::::|:::::::::::!i ヽ_ノ  |::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;:::::ヽ ヽ__/ |:::::::::|::::::::|::::::::::|::::::::::::!i     ノ::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ

出典:なのは×終わクロ
死亡時期:1日目・昼
殺害者:キース・レッド
最期の言葉:「文字をもってあなたに刻印してあげるわ! ――我が名誉の一戦ここにあり!!」

【ロワ内での活躍】
殺し合いから脱出するために行動を開始する。
最初に彼女が目撃したのは、キャロを襲撃するナイブズと、そこに割って入った殺生丸との戦闘だった。
何もできず、ただ両者を見送ったブレンヒルトは、後に残されたバルディッシュを回収。
情報を交換し、一路市街地へと向かう。
途中で駅へと立ち寄った彼女だったが、そこへチンクの放ったガジェットが襲ってきた。
これを回避し、記されたメッセージを確認すると、目的地を病院へと定める。
しかし、波乱はそれだけでは終わらない。
ブレンヒルトの行く先では、殺し合いに乗ったルーテシアが、ユーノと明日香へと牙を剥いていたのだ。
有用な存在と定めたユーノを救援するために、バルディッシュを構え割って入る。
一触即発の状況となったが、そこへ更なる襲撃者が姿を現した。
キース・シルバーことアレックスを捜し求める、キース・レッドである。
状況を圧倒的不利と見た彼女は、直接戦闘を避けるために、彼に取引を提案する。
キース・レッドの探し物を手伝う代わりに、ユーノと自分を見逃してほしいと要求したのだ。
指定されたタイムリミットはあまりにも短かったが、一応取引に成功すると、ブレンヒルトはその場を離脱。
傷ついたユーノに治癒を施し、同時に情報交換を行う。
そして彼女が見つけたのは、この殺し合いへと参加させられる前に描いていた、今は無き故郷の風景を描いた油絵だった。
失われた世界――1st-Gの話をするうち、ユーノの思考はブレンヒルトの支給品へと至る。
彼女のデイパックに入っていたのは、キース・レッドの探し物・ベガルタ。
このアイテムの存在を秘匿し、まだ見つけていないと偽ることで、彼女は彼から逃れたつもりだった。
しかし、偶然に偶然が重なって、最悪の瞬間が訪れる。
そこに姿を現したのは、怒れるキース・レッドその人だ。
地上本部の魔法陣を利用したキース・レッドは、ベガルタの持ち主の元へ飛ぶことを願い、そしてブレンヒルトの元へたどり着いたのだ。
もはや勝機はない。銃弾を背中に食らったブレンヒルトはそう認識する。
最後に彼女が選んだのは、自分の命を賭けてでも、ユーノをこの場から逃がすこと。
壮絶な死闘を繰り広げた末に、ブレンヒルトは最期の使命を全うし、力尽きた。
共に故郷のために戦うと申し出たユーノとの約束は、遂に果たされることはなかった。

追悼コメント

名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー