※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チンク


                   __ -、, ―   ̄`ヽ、
               /        ヽ、 ヽ
               / / /`    ヽ、 ヽ、 ヽ
            / / / ,   .ト、 ヽ ヽ ヽ ヽ
            / / / l .l  |. l  |  ヽ | l .l
           l l /  |  |   |  l  ト __|_|_ l l
             | l |  |  ,l、 ヘ l 7´| ..| _|_ l l
             | | |  | / ノ/ ノ レ'  イ´ク.|'  l l
             l | l   .`| |/ /,--っ   `´ .|  | l
             l ∧ ヽ、.r'´! l' lノ l´-‐っ    |  |  l
             l/ \l. | / r‐、`> / ̄   ,.|  |__l
                   |_!_ ヽ' // _ _ / |  | 7 ∧
               _/    ̄`ヽ、ー||- ||'  |  |//  .\
               l, ´  ̄ ̄`ヽ、 ,>||ー||' ̄|  |´ 〉ー‐、ヽ
           ,「|         > ||ニ=||=ニ.| //     ヽ\
            / l         /l < /´`ヽ | |― 、       l \
         _,ノ /       / |`/:::::::::::::::|.| l ̄//       \ \
       , 「  /         /、 |. \::::::::::::,l レ' //.  l      \ ヘ
       〈 {, -'         ∧ヽ | , -ニニニ,,_r ⊥!  l       /ハ
       〉'|       / ヘ l/t_ノ,ニゝ.,-`| |\ ,|       //  ヘ
.       l |       (   `/ /,-=- | l l  \   //|  ハ ヘ
       / l !       ∠--、__/_ .ー' r ‐ |__| |   \ //´  l   l| l
      / ハ     / T  ̄7/_/ ||  レ´`iー./ /     \   l   |l l
.      / /  `ー‐‐'   |  //7   ||    ∨ /          `  l  | l. |
.    / ,|   /    / //_/   ||   _ ̄ lヽ            l /. リ
    l /´.|  ∧   /  //f、_,-/ ̄/ ̄ヽ `ーヘ ` - 、     / / /
    レ  \| ハ、/  /ノ |   {{  {   }  ||_ヘ    iニ=、_/l/


出典:魔法少女リリカルなのはStrikerS
死亡時期:1日目・日中
殺害者:柊かがみ
最期の言葉:タイプゼロ・セカンド――いやスバル・ナカジマ、後は頼んだぞ……。

【ロワ内での活躍】
当初チンクには、殺し合いに乗るつもりなどなかった。
クアットロとディエチという家族がいる以上、参加者を皆殺しにするという選択肢は選べなかったのだ。
だがそこで彼女は、なのは(A's)とカレンの2人と遭遇する。
最初は協力するつもりだったが、自分の記憶と異なる容姿のなのはがいることを知り、態度を一変。
彼女をプロジェクトF技術によるクローンであると認識し、抹殺するために攻勢に出る。
あのエース・オブ・エースが量産されたとあれば、確実に自分達にとって脅威となる。
事実として、なのはの放ったディバインバスターは、チンクを一撃で行動不能にしてみせたのだった。
やがて動けるようになり、なのはを探すために行動を開始した彼女は、何者かの悲痛な叫びを聞く。
そこに移動してみれば、待っていたのは万丈目だった。
こちらを警戒していることから、敵対的な存在であると察知したチンクは、すぐさま攻撃を開始する。
しかし、仮面ライダーベルデのトリッキーな能力と、千年リングのバクラの人格を相手に、一方的に叩き潰されてしまった。
命からがら戦場を離脱し、スカリエッティのアジトを目指す。
そしてその場に居合わせた明日香によって、気絶しているうちに生体ポッドへと入れられ、九死に一生を得たのだった。
再び覚醒したチンクは、使い物にならなくなったスーツに代わる衣服を調達。
ガジェットに他の姉妹へのメッセージを記して放つと、明日香と共にアジトを後にする。
そして道中でルーテシアとユーノと合流し、一路病院へと向かった。
途中でルーテシアと明日香のスタミナが切れるというアクシデントが起こったものの、単独先行することで、彼女1人は病院へと到達。
しかし、そこで目にしたものは、まさに地獄絵図であった。
荒らされた病院。随所に見られる闘争の跡。
そして正面に放置されていた、物言わぬ妹・ディエチの亡骸。
己の軽率な判断が、最悪の事態を招いてしまったのではないか。
絶望と自責に駆られたチンクは、1人悲嘆に暮れる。
だが、命を落とした家族の顔は、不思議と充足に満ちていた。
それを見届けた矢先に、放送とエンジェルアームが襲い掛かる。
どうにか生き残ったチンクの胸には、1つの迷いが生じていた。
プレシアの言うとおり殺し合いに乗り、ディエチを復活させるべきか否か。
自身はそれでも構わないと思っている。しかし、亡き妹の死に顔は、それを望まないのではないか。
フェイトの死体と遺品である武器を見つけた彼女は、その武器へとナイフを投げることで、己の進退を決めようとする。
結果、選んだ道は、殺し合いに乗らないこと。
そのためにもクアットロを探し、そして可能ならば、ディエチの協力者と思しき人間と合流することを指針とした。
しかし、そこへ新たな敵が現れる。
アレクサンド・アンデルセンだ。
うっかり口を滑らせてしまったチンクは、彼に敵としてみなされ、攻撃される羽目になってしまったのだ。
武器はない。向こうには再生能力がある。このままでは勝てない。
その時、諦めかけたチンクの元へと現れたのはアンジール。
突如乱入した彼は、彼女の代わりにアンデルセンと戦闘を開始する。
訳の分からぬままに後方へと下がったチンクだったが、そこへ新たにイフリートが乱入した。
皮肉にもそれは、肉親である母の蘇生を願い、殺し合いに乗ったルーテシアの放った召喚獣だった。
一命を取り留めたチンクだったが、しかしイフリートの地獄の業火により、戦うための両腕を失ってしまう。
もう殺し合いはおろか、クアットロを守ることもできない。
絶望に暮れた彼女は、そのまま意識を失ってしまう。
そして次に目を覚ました時、そこはデュエルアカデミアの医務室で、傍らにはスバルが立っていた。
捕獲対象のタイプゼロが目の前にいる。だが、今となってはどうしようもない。
一時休戦することを選んだチンクは、再び意識を失う直前に、クアットロを守るようスバルに頼む。
だが、目を覚ましたその瞬間、そこにあったのは戦闘の光景。
来訪者かがみの指示を受けたベノスネーカーが、今まさにスバルを食らわんとしている。
ほとんど条件反射的に、チンクは己が身を投げ出した。
躊躇うことなくスバルを庇い、大蛇の口へと飛び込んだのだ。
役に立たない自分の代わりに、クアットロを守ってほしい。
あたかもスバルの同行者・ルルーシュへと、ディエチがそう願い殿を買って出たように。
チンクは最期の希望を託し、命を落としたのだった。
余談だが、半裸になったり全裸になったり、ノーパンになったりバニーガールになったりと、
本ロワにおけるチンクの描写には、異様なまでにお色気描写が多く盛り込まれている。
一体何故こんなことになってしまったのか、本ロワの書き手・読み手はチンクに何を期待していたのかは、今となっては定かではない。

追悼コメント

名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー