※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

崩落 の ステージ(後編) ◆HlLdWe.oBM




今から思えばこの時誰もが油断していたのだろう。
思いもかけぬ再会に心が安らいで気が緩んでいたのだろう。

だから誰も気付く事ができなかった。

一途な願いを叶えるために殺人を犯す小さな魔導師の存在を。
小さな魔導師に仕える炎の魔人を。
主命により魔人がもたらす地獄の業火を。


     ▼     ▼     ▼


「ルル、ありがとう」

シャーリーはこれから死にゆくものとは思えないほど安らかな表情を浮かべていた。
これも咄嗟に掛けたギアスのおかげか。
本当なら再びシャーリーにギアスを掛けたくはなかった。
だがこうするしかなかった。
突然起こった地震並みの揺れとアニメイト全体の倒壊。
降り注ぐ瓦礫の雨と押し寄せる炎の波。
どれも防ぐ事など出来なかった。
魔眼を備えようともこの身は人の域を出ない。
金髪の男や赤いコートの男と同じように人の域を超えた怪物には為す術がなかった。
一瞬で瓦礫は隙間なく降り注ぎ、炎は身体を舐め尽し、こうして思考しているのが不思議なぐらいだ。

唯一出来た事はシャーリーをしっかりと抱きしめてやる事だけ。
『幸せな夢を見ろ』という最期のギアスを掛けたのはその時だ。
これから死ぬ運命を変えるのは不可能だった。
だがせめて死ぬ瞬間までは辛い思いはしてほしくなかった。
もうシャーリーは十分辛い目に遭ってきたのだから。

それにしても、本当に嬉しそうな顔だ。
たぶん俺に告白する夢でも見ているのだろうか。
ふとそんな気がした。
だがシャーリーすまないな。
夢の中の俺なら君の想いに答えてやれるだろう。
だが現実の俺はそれには答えられない。

なぜなら俺が愛する者は唯一人あいつしかありえないからだ。
こんな状況だからこそ改めて分かる事もある。
自分がどれだけあいつの笑顔や行動に救われてきたか。
もうあんな風に口喧嘩する事も笑い合う事もできないんだな。

――好きだったんですね、その人のこと。

ああ、そうだ。
俺はスバル・ナカジマという女性を心から愛している。
だがその想いも死んでしまえばそこで終わりだ。

「最期にあいつの顔、見たかったな……」


     ▼     ▼     ▼


ルーテシア・アルピーノはヴィヴィオを背負って聖王のゆりかごへ向かっていた。

なぜ北へ向かっていたはずのルーテシアがこのような状態になっているのか。
それにはいくつかの理由があった。

【放送前後のルーテシアの動向】

元々ルーテシアの目的地はC-9にあるスカリエッティのアジトであった。
目的は本来ならば生体ポッドの中にいるはずの母メガーヌ・アルピーノがいないという証言の確認。
誰にも会わないままアジトに辿り着き、さらに見慣れた場所ゆえに万事順調に進んで第二回放送前には目的は果たせた。
その結果、メガーヌの姿はどこにもない事が判明した。
これで転送前のプレシアの発言と天上院明日香の発言の裏付けが取れた。
しかしだからと言ってルーテシアの行動方針に変更があるわけではない。
あくまで全ての参加者は別々の世界から連れて来られたという事を再認識しただけだ。

それから行われた第二回放送に関してはプレシアからの提案以外は特に興味を引かれるものはなかった。
敢えて言うなら取引を交わした一人ブレンヒルトの死亡だが、それも最初から乗り気でなかったので特に思う事はなかった。
そして放送後ルーテシアは周辺の探索に勤しむ事にした。
ルーテシア自身の体力は全参加者から見れば下位であるが、それを補う足としてマッハキャリバーというデバイスがある。
このデバイスのおかげで行動距離はずいぶんと広くなっているのだ。

目下ルーテシアの探しているものは大きく二つに分けられる。
一つはキース・レッドに頼まれているキース・シルバーや『ベガルタ』『ガ・ボウ』の情報。
だがこれはそもそも乗り気ではないので正直どうでもいいとさえ思っている。
そしてもう一つこそ本命、つまりイフリート以上の戦力の確保。
確かにイフリートの力は並みの参加者にとっては脅威となるだろう。
だがあの剣士のように対抗できる参加者がまだいるかもしれない。
さらに召喚の際に要するタイムラグと疲労も無視できるものではない。
何よりイフリートを渡してくれたキース・レッドはもしもの時に備えて既に何か対策を講じている可能性は十分にある。
つまりイフリートの力を過信して安易に頼ってばかりはいられないという事だ。

アジト周辺に大して何もない事が分かると、ルーテシアはキース・レッドとの取り決め通り会場の北を中心に捜索しようとした。
だが森の中より市街地の方が見つかり易そうと考えてD-5の橋を渡って北西方面に向かう途中であるものを見つけた。
それはE-7の駅からA-8へと伸びる謎の線路。
地図を確認するとこの会場唯一の駅は橋へ向かう途上の近くにあったので探しものがてら少し寄ってみる事にした。
ちなみに廃墟も近くにあったが、何かあるとは思えないので寄らなかった。
そしてルーテシアは温泉に向かっていたシャーリーを発見した。

この時ルーテシアはある作戦を思いついた。

――囮だ。

わざとシャーリーを生かして逃がす事で近くの参加者を引き寄せて、そこでイフリートを召喚して一掃するという算段だ。
上手くいけば殺した参加者から有能な道具が手に入る可能性もある。
ルーテシアはその作戦を思いつくと即座に実行に移した。
適度に攻撃射出魔法トーデス・ドルヒを放ちつつ付かず離れずの距離を保って追いかける。
もう既にマッハキャリバーの扱いにも慣れてきたのでシャーリーと違ってルーテシアの疲労は大した事なかった。
シャーリーは最初こそ銃撃や投擲で難を逃れようとしていたが、全て失敗に終わると後は逃げるだけに徹するようになった。
この際見た感じ役に立ちそうになかった弾切れの銃とバッグ以外は何かに使えると思って拾っておいた。
だがバッグを投げた時に零れ落ちた1枚のカードの存在にはシャーリーもルーテシアも気づく事はなかった。
しばらくそれを続けていたが、予想に反していつまで経っても誰も現れなかった。
実際は数人気づく可能性があったのだが、各々の事情で気付く事はなかった。
だからこの地獄のような鬼ごっこはかなりの間に渡って続いたが、最終的に途中で中断された。

その原因は早乙女レイにある。

【エボニーの試射】

ルーテシアがシャーリーを追いかける事を中断したのは瀕死のレイを発見したからだ。
当然ルーテシアの前を走っていたシャーリーも気づく可能性はあったが、逃げる事で精一杯だったので気づく事はなかった。
しかもレイが倒れていた場所は二人がいた道から少し離れた場所だった上にハイパーゼクターの出現もあって尚更だった。
この時ルーテシアはシャーリーが既に限界に近いと勘付いていた。
だから少しぐらい目を離してもすぐに見つかると高を括っていた。
そうして一応シャーリーが西へ向かった事だけ確認してからレイの方に向かったのだ。

ルーテシアがレイに興味を持ったのは荷物を回収する事に加えてエボニーの試し撃ちをしておこうと思ったからだ。
キース・レッドから貰い受けたもう一つの武器、黒鍵を思わせる拳銃エボニー。
質量兵器が殺傷能力に長けている事はルーテシアも知っていたが、実際の威力までは知らない。
だから本番で不覚を取らないように一度試し撃ちをして威力などを確認したいと考えていた。
そこで発見したのが瀕死の状態のレイ。
動かない的として適任な上に参加者殺害によるプレシアからの見返りも期待できる。

そして十分に近づいたところでエボニーを撃った。
レイは最期まで何をされるか分かっていないようだったが、ルーテシアには関係ない事だった。
結局片手で撃てば無理そうだが、両手で撃てば問題ないという結論に至った。
残念ながらデイパックはなかったのでここでの目的は終わった。
そしてシャーリーの行方を探るのだが、意外な事が契機で見つける事ができた。

その原因はスバル・ナカジマにあった。

【イフリートの召喚】

ルーテシアがシャーリーの居場所を見つける事ができたのはスバル・ナカジマの行動のおかげだった。
スバルが裏口で盛大にドアにぶつかった時、ちょうどルーテシアがアニメイトの前を通っていたのだ。
当初西へ向かって捜索していたルーテシアだったが、意外とすぐにシャーリーを見つける事ができなかった。
そんな時にスバルがドアに激突した奇妙な音を耳にしたのだ。
そして気になってアニメイトの中を注意深く覗き込んだ結果、店内にいるシャーリーとルルーシュを発見できた。

ちなみにこの少し前にスバルは正面の入口に来ている。
だが日の光の加減で中の様子が見えなかった事に加えて自動ドアが反応しない時点で裏口に回ってしまっている。
この時自動ドアを叩けば中にいるシャーリーとルルーシュが気づく可能性はあったが、所詮は後の祭りだ。
その時とは違ってルーテシアはドアに張り付き目を凝らす事で中の様子を把握できた。
この瞬間スバルとこなたは裏口で談笑していて死角にいて、ルルーシュとシャーリーは感動の再会の真っ只中。
それはまさにタッチの差としか言いようがないタイミングだった。

そして炎の魔人による蹂躙が始まった。
もう囮作戦も頃合いだと判断するとイフリートを召喚して外から一方的にアニメイトを破壊した。
天高く振り上げられた剛腕から繰り出される槌の如き一撃でアニメイトはほぼ倒壊。
さらに灼熱の業火を思わせる「地獄の火炎」による焼き払いで残骸は灰塵と化した。
まるで元から会場には地図の通りそんな建物は存在しなかったかのように。
そしてアニメイトを襲撃したルーテシアは北へ戻らず、さらに南下して聖王のゆりかごに向かう事にした。

その理由はヴィヴィオにある。

【聖王のゆりかごの利用】

ルーテシアが聖王のゆりかごを目指す契機となったのはヴィヴィオを発見したからだ。
あの後少々やりすぎた感を抱きながらルーテシアはアニメイト跡地で何か使えるものが残っていないか探した。
だがイフリートの力によってデイパックは中の道具諸共ほとんどが灰となり、死体も炭化していた。
辛うじて回収できたのはなぜか無傷だったトランプのカードと、少し離れた場所に落ちていて無事だったアサルトライフル。
実はトランプが燃えなかったのはアンデッドを封印する特殊なカードだからで、ライフルはこなたが落としたものなのだが、当然ルーテシアはそのような事情は知らない。
その二つは途中で拾ったデイパックと一緒に自分のデイパックに入れておいた。
そして予想外の収穫は唯一の生存者ヴィヴィオである。
なぜかバリアジャケットのような意匠の服を着ていたのでそのおかげかとも思ったが、どうも違うらしい。

なぜヴィヴィオは無事なのか。
それはヴィヴィオ自身と装備していたクラールヴィントのおかげだ。
あの時ヴィヴィオは迫り来る危機に対して無意識で「聖王の鎧」を発動させていた。
ひとたび危険が迫れば本人の意思とは関係なくその身を守るという古代ベルカ王族が遺伝子レベルで所有している自動防衛能力。
それに加えてクラールヴィントが自主的に発動させた防御魔法。
この2つの防護のおかげでヴィヴィオは無事だったのだ。
そして襲撃時にアニメイトの一番奥に位置する事務室にいたのも幸いだった。
そのおかげで地獄の火炎はヴィヴィオに至るまで瓦礫に阻まれて威力は半減していたからだ。
だが今は直前にルルーシュへの治癒魔法も行使していた事もあって多大な魔力を消費したために意識を失っている。

しかしルーテシアにとってはそのような事情はどうでもよかった。
重要なのはヴィヴィオを保護できたという事。
聖王の器であるヴィヴィオは聖王のゆりかごを起動するための鍵である事はルーテシアもチンクから聞かされて知っていた。
そのヴィヴィオは今自分の手元にある。
つまりこのまま聖王のゆりかごに行けば、その強大な戦艦の力を手に入れる事ができる。
それはイフリートよりもさらに強力な力であり、おそらく実現すれば生存している全参加者で太刀打ちできる者はいない。
だからルーテシアはヴィヴィオを背負って聖王のゆりかごに向けて移動しているのだ。

その先にある希望を信じて。


【1日目 午後】
【現在地 G-7 大通り上(南下中)】

【ルーテシア・アルピーノ@魔法少女リリカルなのはStrikerS】
【状態】健康、魔力消費(中)、疲労(中)、キャロへの嫉妬、ヴィヴィオを背負っている
【装備】マッハキャリバー@魔法少女リリカルなのはStrikerS、ウィルナイフ@フェレットゾンダー出現!
【道具①】支給品一式、召喚マテリア(イフリート)@魔法少女リリカルなのはStrikerS 片翼の天使、エボニー(9/10)@Devil never strikers、エボニー&アイズリー用の予備マガジン×1、レギオンのアサルトライフル(100/100)@アンリミテッド・エンドライン、ラウズカード(クラブのK)@魔法少女リリカルなのは マスカレード、レイとフェイト(A’s)のデイパック(道具②と③)
【道具②】支給品一式(名簿の裏に記述あり、内容は情報交換のメモと同じ)、SIG P220(8/9)@リリカル・パニック、情報交換のまとめメモ(内容は守りたいもの参照)
【道具③】支給品一式、フリーズベント@仮面ライダーリリカル龍騎、光の護封剣@リリカル遊戯王GX
【思考】
 基本:最後の一人になって元の世界へ帰る(プレシアに母を復活させてもらう)。
 1.どんな手を使っても最後の一人になる(自分では殺せない相手なら手は出さずに他の人に任せる)。
 2.南に向かい聖王のゆりかごを起動させる。
 3.18時に地上本部へ行き、キース・レッド他集まった参加者をイフリートor聖王のゆりかごで一網打尽にする。
 4.3がキース・レッドに察知された時の保険として一応キース・シルバーと『ベガルタ』『ガ・ボウ』を探す(割とどうでもいい)。
 5.もしもレリック(刻印ナンバーⅪ)を見つけたら確保する。
【備考】
※ここにいる参加者は全員自分とは違う世界から来ていると思っています。
※プレシアの死者蘇生の力は本物だと確信しています。
※ユーノが人間であると知りました。
※マッハキャリバーは参加者の時間軸の差異に気付いています。

【ヴィヴィオ@魔法少女リリカルなのはStrikerS】
【状態】健康、疲労小、魔力消費極大、シャーリーへの心配、知り合いが死んだ事への悲しみ、強い決意、浅倉に対する複雑な感情、ルーテシアに背負われている、気絶中
【装備】クラールヴィント@魔法少女リリカルなのはStrikerS、フェルの衣装、レークイヴェムゼンゼ@なのは×終わクロ
【道具】支給品一式、ヴィヴィオのぬいぐるみ@魔法少女リリカルなのはStrikerS
【思考】
 基本:六課の皆と一緒に脱出する。
 1.シャーリーお姉さんを助けたい、ルルお兄さんも助けたい。
 2.ママ達がいなくなってもヴィヴィオがんばる!
 3.天道お兄さんを助けたい、浅倉お兄さんともお話したい。
【備考】
※浅倉は襲い掛かって来た矢車(名前は知らない)から自分を救ってくれたヒーローだと思っています。
※浅倉をまだ信頼しており、殴りかかったのは何か理由があるのだと思っています。
※矢車とエネル(名前は知らない)を危険視しています。キングは天道を助けてくれるいい人だと思っています。
※この場にもう1人なのはやフェイトがいる事に気付いていません。
※クラールヴィントは浅倉を警戒しています。


     ▼     ▼     ▼


泉こなたが目覚めた瞬間に目にしたものはこちらの顔を心配そうに覗き込むスバルの顔だった。

「こなた、気が付いて良かった……」
「え、私、なんで……」

こなたは意識を失う前の出来事を懸命に思い出そうとした。
ルルーシュとシャーリーの再会に水を差してはいけないと思ってリインを連れて外に見張りに行こうとした。
一応なぜかシャーリーが持っていた自分のデイパックと護身用にアサルトライフルは持ち出した。
そして静かに事務室に移動。
それから二人の邪魔にならないように配電盤を操作して自動ドアが開かないようにセット。
次いでソファーの上でまだ眠っているヴィヴィオを確認してから裏口に向かった。
そこで鍵が掛かったドアを無理やり開けようとする何者かの存在に気付いた。
恐る恐る覗き穴から確認するとそこにはドアを拳で破壊しようとしているスバルがいたので急いでドアを開けて再会した。

そこで記憶は途切れていた。

「スバル、ここはどこ?」
「アニメイトから少し離れたところにある建物。たぶん見つかってはいないと思うよ」

その言葉は暗に自分達が追われているという事を意味していた。
護身用に持っていたはずのアサルトライフルが無くなっている事からも何か非常事態が起きた事は想像できた。
そしてスバルの左腕には骨折を処置したと思われる包帯が巻かれていた。
おそらく必死に守ってくれた証なのだろう。

「え、もしかして私達襲われたの?」
「うん、誰が襲ったのかは分からなかったけど……ただ炎の巨人を操っている事だけ分かったよ」

よくゲームで見る召喚士みたいな人をこなたは一瞬思い浮かべた。
だがそれよりも気になる事があった。
それはアニメイトにいたルルーシュやシャーリーやヴィヴィオの安否だ。

「スバル! ほ、他の皆は無事!?」
「お、落ち着いてこなた。私はこなたを守って逃げるだけで精一杯だったけど、リイン曹長なら無事だよ。
 最初の攻撃を無理して防いでくれたせいで今はまだ気絶しているけどね」
「え、リイン以外は……?」

その言葉を聞いた瞬間、スバルの顔が一気に青ざめるのがよく分かった。
今までこなたとリインが無事で安心していた顔にはもう未知の怖れしか見えなかった。

「う、うそ……もしかして、アニメイトにまだ誰かいたの!?」

その時こなたは悟った。
これから自分の言う事はスバルを深い悲しみに追いやるだろうと。
だがいつかは分かってしまう事だ。
それならば早いうちに知らせた方がいい。
だからこなたは重い口を開いた

「アニメイトには……ルルーシュとシャーリーとヴィヴィオが残っていたんだ……」
「え――?」

その言葉はスバルがまたしても仲間を守れなかった事を意味していた。


【早乙女レイ@リリカル遊戯王GX  死亡確認】
【ルルーシュ・ランペルージ@コードギアス 反目のスバル  死亡確認】
【シャーリー・フェネット@コードギアス 反目のスバル  死亡確認】


【1日目 午後】
【現在地 G-6 市街地 アニメイトから少し離れた建物】

【スバル・ナカジマ@魔法少女リリカルなのはStrikerS】
【状態】疲労小、全身ダメージ小、左腕骨折(処置済み)、ワイシャツ姿、質量兵器に対する不安、若干の不安と決意、仲間の死によるショック
【装備】添え木に使えそうな棒(左腕に包帯で固定)
【道具】支給品一式(一食分消費)、スバルの指環@コードギアス 反目のスバル、救急道具、炭化したチンクの左腕、ハイパーゼクター@魔法少女リリカルなのは マスカレード、チンクの名簿(内容はせめて哀しみとともに参照)
【思考】
 基本:殺し合いを止める。できる限り相手を殺さない。
 1.う、うそでしょ……。
 2.かがみを止めにいく。
 3.こなたを守る(こなたには絶対に戦闘をさせない)。が、かがみの事はどう説明するべきか……。
 4.アカデミアに戻って首輪を回収したい。
 5.六課のメンバーとの合流とつかさの保護。しかし自分やこなたの知る彼女達かどうかについては若干の疑問。
 6.もしも仲間が殺し合いに乗っていたとしたら……。
【備考】
※参加者達が異なる時間軸から呼び出されている可能性に気付きました。
※仲間(特にキャロやフェイト)がご褒美に乗って殺し合いに乗るかもしれないと思っています。
※自分に割り振られた調査エリアを調べ終えました。何かを見つけたか否かは後続の書き手さんにお任せします。
※アーカード(名前は知らない)を警戒しています。レイにも注意を払うようにしています。
※万丈目とヴァッシュが殺し合いに乗っていると思っています。
※アンジールが味方かどうか判断しかねています。
※千年リングの中に、バクラの人格が存在している事に気付きました。また、かがみが殺し合いに乗ったのはバクラに唆されたためだと思っています。但し、殺し合いの過酷な環境及び並行世界の話も要因としてあると考えています。

【泉こなた@なの☆すた】
【状態】疲労小、仲間の死によるショック
【装備】涼宮ハル○の制服(カチューシャ+腕章付き)、リインフォースⅡ(疲労大、気絶中)@魔法少女リリカルなのはFINAL WARS
【道具】支給品一式、投げナイフ(9/10)@リリカル・パニック、バスターブレイダー@リリカル遊戯王GX、ジェットエッジ@魔法少女リリカルなのはStrikerS、救急箱
【思考】
 基本:かがみん達と共に家族の元に帰る為、自分の出来る事をする。
 1.うそ、みんな……死んじゃったの……?
 2.落ち着いたらこれまでの事をスバルと話し合う。
 3.リインが心配。それと時間が経ってから後でフェイトとプレシアの関係を確認してみる。
 4.かがみん達……大丈夫だよね?
 5.おばさん(プレシア)……現実とゲームを一緒にしないで。
【備考】
※参加者に関するこなたのオタク知識が消されています。ただし何らかのきっかけで思い出すかもしれません。
※いくつかオタク知識が消されているという事実に気が付きました(スバル達に話すつもりはありません)。
※かがみ達が自分を知らない可能性に気が付きましたが、彼女達も変わらない友達だと考える事にしました。
※ルルーシュの世界に関する情報を知りました。
※この場所には様々なアニメやマンガ等に出てくる様な世界の人物や物が集まっていると考えています。
※地図に載っていない施設が存在する事を確信しました。
※PT事件の概要(フェイトとプレシアの関係は除く)をリインから聞きました。
※自分に割り振られた調査エリアを調べ終えました。何かを見つけたか否かは後続の書き手さんにお任せします。
※アーカードとエネル(共に名前は知らない)、浅倉、キング、レイを警戒しています(特にレイとアーカードには二度と会いたくないと思っています)。
※ヴィヴィオ及びクラールヴィントからこれまでの経緯を聞きました。矢車(名前は知らない)と天道についての評価は保留にしています。
【リインフォースⅡ:思考】
 基本:スバル達と協力し、この殺し合いから脱出する。
 1.落ち着いたらこれまでの事を話し合う。
 2.はやて(StS)や他の世界の守護騎士達と合流したい。殺し合いに乗っているならそれを止める。
【備考】
※自分の力が制限されている事に気付きました。
※ヴィヴィオ及びクラールヴィントからこれまでの経緯を聞きました。

【チーム:黒の騎士団】
【共通思考】
 基本:このゲームから脱出する。
 1.これまでの情報を纏める。
 2.首輪解除の手段とハイパーゼクターを使用するためのベルトを探す。
 3.首輪を見つけた時には機動六課か地上本部で解析する。
 4.それぞれの仲間と合流する。
【備考】
※それぞれが違う世界の出身であると気付きました。
※デュエルモンスターズのカードが武器として扱える事に気付きました。
※デュエルアカデミアにて情報交換を行いました。内容は守りたいもの本文参照。
※「月村すずかの友人」からのメールを読みました。送り主はフェイトかはやてのどちらかだと思っています。
※チーム内で、以下の共通見解が生まれました。
 要救助者:万丈目(注意の必要あり)、明日香、かがみ、つかさ、ルーテシア
 合流すべき戦力:なのは、フェイト、はやて、キャロ、ヴィータ、シャマル、ユーノ、チンク、クアットロ、C.C./(フェイト及びクアットロには注意の必要あり)
 危険人物:赤いコートとサングラスの男(=アーカード)、金髪で右腕が腐った男(=ナイブズ)、炎の巨人を操る参加者
 以上の見解がそれぞれの名簿(スバル、こなた)に各々が分かるような形で書き込まれています。


【全体備考】
※アニメイトは全壊・全焼して灰塵と化しました(跡地にルルーシュとシャーリーの焼死体があります)
※以下のものが焼失しました。
 ブリタニア軍特派のインカム@コードギアス 反目のスバル、シャーリーのデイパック(支給品一式、デュエルアカデミア売店の鍵@リリカル遊戯王GX)、ルルーシュのデイパック(支給品一式、洞爺湖@なの魂、小タル爆弾×2@魔法少女リリカルなのはSTS OF HUNTER、インテグラのライター@NANOSING、医薬品一式、メス×3、医療用鋏、ガムテープ、紐、おにぎり×3、ペットボトルの水、火炎瓶×4、シーツ数枚)
※【E-7駅】と【G-6アニメイト跡地】の間のどこかにレッド・デーモンズ・ドラゴン@遊戯王5D's ―LYRICAL KING―が落ちています。
※リインフォースⅡのお出かけバッグとゼロの銃(0/10)は破壊されました。


【涼宮ハル○の制服(カチューシャ+腕章付き)】
某有名アニメ涼宮ハル○の憂鬱に出てくる主要人物が通っている県立北高校の女子用の制服を再現したもの。
水色と白のセーラー服とスカートで、胸元の臙脂色のリボンが特徴的。
ただし涼宮ハル○(CV:平野綾)仕様という事でオプションとして黄色のカチューシャと『団長』と書かれた腕章が付いている。
こなたはアルバイトのコスプレ喫茶でこの衣装を着用している。

【フェルの衣装】
某18禁ゲームプリズム・アー○に出てくる自称「自称天才魔法操者」フェル(CV:水橋かおり)の衣装を再現したもの。
先が二つに分かれた大きな薄紫色の帽子と背中の大きな薄橙色のリボンが特徴的。



Back:崩落 の ステージ(前編) 時系列順で読む Next:共振~バイブレーション~
投下順で読む Next:機動六課部隊長斬り捨て事件~バトルロワイアル放浪ツアー、街角に待ち受ける幻惑の罠、鉄槌の騎士と烈火の剣精は聞いていた~
ルーテシア・アルピーノ Next:ロリッ!幼女だらけのクリスマスパーティー ~ボインもあるよ!~(前編)
ヴィヴィオ Next:ロリッ!幼女だらけのクリスマスパーティー ~ボインもあるよ!~(前編)
スバル・ナカジマ Next:Blue Swear―――蒼い誓い
泉こなた Next:Blue Swear―――蒼い誓い
早乙女レイ GAME OVER
ルルーシュ・ランペルージ GAME OVER
シャーリー・フェネット GAME OVER






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー