※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シェルビー・M・ペンウッド


                , -‐──、
          ___ /-‐-    \
.        /   ミ、 /⌒       \
       / -‐=ニミ ./          \
.      / -‐=ニミ Y,ハ   ',    ヽ  \
.       / -‐=ニ=‐__Y{iiiiハ    ',  \  ', ', `、
     / ./ 彡{ゞヽjiiiiiiiハ.   \  \ ', i  i
     V / ./  .||      V \\ \  ヽ } } |
      V ./i  .リ     ハ   \\ \  Y⌒Y
      V { =≠ニ=ミヾ__{ V\ \\ \ }斥 |
       }ヽ} r==tヵミ}二  r==tヵミ≧=‐-{ 心.i__
      _jツ|  ヽ==彡|  ヾ ヽ==彡 ニ= 个 ノ:.:.ヽ
     /:.:.ヽ.{   ''''  .|    ゛     ニ=‐ し'|:.:.:.:.:.:',≧...,,_
   _≦{:.:.:.:.:}ハ }     |  、 ヽ      ニ=‐{:.:.|:.:.::.:.:.:.i/////
  ////V:.:.:.:|:.{ `ァ==ミj   { __〉_ ミ、  } .|:: :|.:.::.:.:.:.:|/////
///////V:.:.:|:ハ {__  ゝ-彡      ) ノ ハ .|:.:.:|.:.::.:..:.//////
/////////V:.:}.:.}\7ニニ=‐--‐=ニ彡⌒Y / Ⅵ.::.|:.:..///////
//////////V{__|≧, ̄二二二 ̄  彡'   |ヽ.レ'////////
/////////////|   >,_ _ _,≦/   .}////////////
/////////////|      }、:.:.:.:. ∠_    ./}////////////
///////⌒ヽ //|     ./__}_:_:_/彡叭  ./ .|////////////
//////  / \/  ̄ ヽ///////,气ヌ´\/ .ハ////////////
/////{   ノ /     ノ__Ⅳ///////     ハ////////////
/////ハ ¨ Y     /  ヽ//////      ハ/////////////
//////ハ {    /    {≠≠≪     ハ//////////////
///////ハ |::  ゝ     ./\///ハ    ////////////////
////////ハ:::::::     /   ./ー、/ハ  ./////////////////
/////////}::::::::        /  ///ハ //////////////////

出典:NANOSING
死亡時期:1日目・日中
殺害者:キング
最期の言葉:(すまん、皆、すまんな)

【ロワ内での活躍】
この殺し合いを止めることを、自らがなすべき仕事と定め、行動を開始する。
アリサという勇敢な若者の死を無駄にしないためにも、自らを奮い立たせ戦うことを決めたペンウッド。
その耳が最初に捉えたのは、すぐ傍で聞こえた一発の銃声だった。
臆病風に邪魔されながらも、様子を見に行かなければと思ったその矢先、彼の元へと金居が現れる。
アンデッドであるはずの彼が、己が保身のために仮面ライダー側につくことを決めていたのは幸いだった。
結果彼らは協力関係を結び、一路銃声のした方向へと向かうことになる。
その先に待っていたのは、不穏な空気を漂わせるかがみとなのは。
険悪なムードではあるが、まだ戦闘が始まっているわけではない。
結果様子見を選んだ彼らではあったが、突如その目の前で、かがみのカードデッキによりベノスネーカーが召喚される。
怪人態へ変身し飛び込んだ金居によって状況は一旦終息し、その場にはなのはだけが残った。
こうして3人組になったチームは、金居の提案で、首輪を外すために工場へ向かうことになる。
道中でスーパーマーケットへと立ち寄った一同は、そこで食糧の調達を開始。
その最中でペンウッドは、自責から身持ちの硬くなっていたなのはの緊張を、ある程度解きほぐすことに成功していた。
そうして幾分か雰囲気のよくなった3人組の元へ、今度は弁慶が現れる。
直接なのはらと関わりのなかった金居以外の3人の認識の相違から、この世界に集まった者達は、
パラレルワールドから集められていたことが発覚。
それでも、そこに住む人々の心の大本の部分は変わらない。
同じものを信じていたという連帯感から、少なくとも彼以外の3人は、信頼を深め合うことができた。
そこへ新たに飛び込んできたのは、彼方に現れたドラグレッダーの姿。
胸騒ぎを感じその場所へ急ぐなのはを追って辿り着いたのは、凄惨な戦場跡となった学校だった。
ドラグレッダーのカードデッキを彼女が回収した後、グループは一旦二手に分かれることになる。
固まっているところを攻撃され、共倒れになることを避けるためだ。
結果ペンウッドはなのはと組むことになり、ドラグレッダーに内心不安を覚えつつも、商店街を迂回するルートを取った。
彼女はこの戦いで多くの仲間を喪い、挙句ここにはいない親友の死を決定づける支給品まで見つけてしまった。
受けたショックは相当大きいもののはずだ。
ここは年長者の務めとして、自分が支えてやらなければ。
そう発奮していたその矢先、今度はC.C.と遭遇する。
やはり別々の世界から来ており、おまけになのはを敵視しているというゼストと協力関係にある彼女。
その誤解を解くためにも、ペンウッドらはC.C.と行動を共にすることになる。
しかし直後、これまで大人しくしていたドラグレッダーが、彼らに襲い掛かってきた。
餌のタイムリミットを迎え、なのはを食おうと牙を剥いたのだ。
そこへおまけにフリードの暴走と、ついでにC.C.の持っていたカードデッキの破損である。
あっという間に商店街は、大量のモンスターが一度に暴れまわる戦場と化してしまった。
その中でペンウッドはなのはを攻撃から庇い、瀕死の重傷を負ってしまう。
後悔はなかった。自分の非力な命を犠牲にするだけで、誰かが救えるのならば安いものだった。
だが、彼がそのまま死ぬことはなかった。
ペンウッドの支給品に呼応するように、ウルトラマンヒカリを名乗る超人が現れたのだ。
結果彼の身体はヒカリと融合し、一時的な復活を遂げることになる。
彼が再び目覚めたその時には、既に状況は終息し、新たに天道とキングという仲間が一行に加わっていた。
だが、そのキングが問題だったのだ。
彼の仕掛けた罠により、ペンウッドとC.C.は禁止エリアに投げ込まれてしまう。
ペンウッドはギリギリ脱出することができたが、C.C.は間に合わず死亡してしまった。
なのはと天道も殺したと言うキングは、生き残った彼に対し、どちらがより多く参加者を殺せるかというゲームを持ちかける。
この場をやり過ごすために、一度はその要求を飲んだペンウッド。
しかし、すぐさま彼は踏み止まり、反抗の意思を口にした。
ここで奴に屈するようでは、自分はただの卑怯者だ。それでは何の価値もない。
せめて自らに課せられた、殺し合いを止めるという仕事を全うしなければ、なのは達を裏切ることになってしまうではないか。
許されざる脅威へと銃口を向け、引き金を引くペンウッド。
しかし、奇跡は二度は起きなかった。
キングに愛想を尽かされたペンウッドは、オールオーバーの一撃で、今度こそ命を奪われてしまったのだった。

追悼コメント

名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー