|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

情報サイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報サイトに関して

今回は情報サイトに関して書こうと思います。

早速ですが

情報サイトで大切なことは

1にコンテンツ
2にコンテンツ
3に接客

だと思います。

情報量も大切です。一回で読み終える量なら
お気に入りにいれてくれる可能性は低いと思います。

あなたならどうですか

私はお気に入りに追加しないと思います。

ある程度の 情報量は必要だと思います。


情報をタダ提供するのは惜しい!
そう考える人もいると思います。

そういう方は
Acrobat Elements 7.0 日本語版 Windows版
アドビシステムズ 2005-04-22

PDFソフトなどで 簡単にコピーされないようにして
ヤフオクなどで販売すればいいと思います。
情報は大儲けできる商材の一つです。


広告をクリックするとき

ヤフオクを思い出してください

いいサービスが無料で利用できますよね

こんなに無料で楽しませてもらっていいのだろうか・・・

そういう思いが働いて

お返しに人はクリックをするんだと思います。


------------------------------



私が広告としってその人から購入するときとは!?

昔はアフィリエイトの広告がめずらしく仕組みも知らない人が多かったんです。

ヤフオクでamazonのアフィリエイト張っていたらバンバン売れてました。

しかし、アフィリエイトが有名になってくると

ライバルも増え、簡単にクリックしてくれないようになりました。

私もそうです。

あなたも広告とわかっていれば簡単にクリックしないでしょう?

興味あるものなら別ですが。


ここでは 私が実際購入した時の状況をご紹介いたします。

1、どこに広告があるかわからないサイト

2、感じがよく、見る人を大切に扱ってるサイト

3、いつもチェックするサイト


1に関して 

結論からいいますと、
売る人と買う人は敵対関係になってしまうそうなんです!

例えば
友達があなたを訪ねてきて
この本あなたに売りたいんだけど・・・
こういってきたら どうでしょう

あなたは買わされると思って
一瞬身構えてしまいませんか?

私なら すごく不信感を抱きます。

友達であっても 売りにきた時点で

すでに友達ではなくなってる可能性が大きいです。

というわけで 売ろうとすれば 敵対関係になってしまうんですね。

売る人(広告)は控えめなほうがいいかも。


2、見る人に対して親切で配慮があるサイト

これはポイントが大きいと思います。

この人のサイトからなら買ってもいいと思っていたHPはもうないんですが(笑)

(勉強が忙しいということで消えてました。)

とにかくストレスなく見れる、言葉遣いがやさしい

こういうサイトでは商品を買う気になります


3、お気に入りに入れて毎日チェックするサイトでも

購入します。同じ広告でも毎日見てると クリックしたくなる!?

ということで購入します。

あとは とにかく大量の字・写真を載せることで
得した気にさせる方法などあります。
一日では絶対読みきれないだろうっていう
文章量を載せることで 中身はたいしたことないのに
とても与えられた気になるんです。


↓そういうポイントを意識してこちらをご覧ください

ヤフーオークションで100万円稼ぐノーリスク成功法!

ネットで月300万円の収入を実現したいならこちら!


ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。


更新履歴

取得中です。