Phony Fortune@Wiki 最近思うこと3

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

政府のハッカーたち(05/09/09)山口

 ついに来た。誰も待ってなどいない政府の話。
 政府に所属するハッカーたちはたくさんいます。カバラの小アルカナより少し人数的に少ないレベルの規模です。ただしそのほとんどはカバラで言うところの8程度。若干名J,Q,Kクラスもいるにはいますが、だいたい20~30人程度。大アルカナと互角に戦えるのは、トップ5である五本の指のみ(ただしユウナはKレベル)ですので、政府の戦力は、あまりに弱すぎる。そのトップである奈義は元・正義であったり、一瞬永遠を倒したりする、かなりレベルの高いSPなので残念ですね。ユウナに関しては特に何も言いません。今の設定だけで十分でしょう。
 何でこんなことになってしまったかというと、実力のあるハッカーのほとんどはカバラに属するか、他もろもろのグループに属してしまったからです。実を言うと、奈義以外はハッカーの経歴を持ちませんでした。これから察するに、いまでこそ平均8の政府軍ですが当初はどこにも属せないほど、実力がなかったか。もしくは、奈義について入ったかのどちらかであると推測されます。
 しかし、最近ではその風潮も変わり、雪花と由衣のファンクラブが派閥争いをするようになってしまった(男のみ)。奈義にしろ真にしろ女性ファンがいるようで、特に奈義に関しては初期からの精鋭がいる。よって、五本の指中四人は彼らについてくる人材がいるというわけです。
 しかし、ユウナに限っては誰もユウナを指示するものはいなく、命令を受ければ、ある程度のことはするが、それ以上のことはしないということになっている。ユウナはヘタレなので、これぐらいでちょうどいい。
 雪花も由衣に関しては、一人ではそれほどの実力は出せないけれど、タッグを組むと中級大アルカナと戦っても遜色ないくらいの実力者です。真もやはり奈義には一歩及ばないとしても、組織のNO2たる実力は兼ね備えています。
 ちなみに政府指定危険因子と呼ばれる指標があり、C(危険性は皆無)・B(一般兵で対処できるレベル)・A(五本の指で対処できるレベル)S(五本の指全員投入しても対処できないと思われるレベル)に分かれており、確認されているハッカーはいずれかのランクに振り分けられ危険性の高い順に番号が振られている。Bは小アルカナクラス。Aは大アルカナ、悪魔組曲の面々ぐらいが目安。Sランクは現在17名が登録されており、愚者がS17、狂人(第一楽章)がS15に指定されています。つまり、狂人以上の存在が十四人も・・・・・・

まぁ、鈴のSA案(05/09/09) 笹沼


とりあえず案として、小型の鳥型ビット+鋼鉄製の籠手(右手だけ)というのを上げときます。なぜ籠手かというと鳥型のビットの発射口+着地地点だから。
ちなみに精神の集中場所でもありますから、接近戦での右ストレートが強いわけです。小型のビットの攻撃力(膂力)が高すぎるために、やむなく籠手を創り出したというかんじで。
アリスに負けた理由はこの設定ならいくつかつくれます。
1、肉眼で鈴が追えないとロックオンができない。チャシャ猫によりステルスするために攻撃できなかった。(てことは、ステルスでもしないかぎり補足できたわけですから鈴は強いわけですね。)
2、基本的に接近戦+小型のビット1機なわけだからトランプ軍勢を処理してるあいだの間接攻撃によって徐々に押された。
3、猫アレルギーだった。

いやまー、3は適当ですがね。

カバラ・悪魔組曲。上位各三人の強さについて(05/09/12)山口

 両グループの実力者三人の強さの比較というか順位。
 狂宴序章>愚者>終焉晩餐>調和世界>魔術師>死神。
 となっています。というわけで解説を。
 調和世界はSA無効化の能力を持つため、かなりの強敵です。また、彼女自身ハッカー(それも、かなりの腕)なので、自身のウィルスプロテクトは完璧といってもいい。単にウィルス使うだけなら魔術師よりも強力なものを作ってしまう。というわけで、魔術師、死神ともに彼女の下に配置。死神のほうが下なのは、死神の呪縛ウィルスはかなりの確率で魔術師には効かないからです。近接戦まで持ち込めば、勝機はありますが、なかなか難しいでしょう。次に終焉晩餐が調和世界よりも上位にいる理由については、終焉晩餐は自分の精神力・・・思い込みの力で戦っているため、SAを持たない。調和世界が結界を展開しても、意味がないためにこの順位。さらに上に愚者がいる理由は、彼女のSAなら終焉晩餐とも互角以上に戦えるからです。ハニワとアマテラスはそれだけの力を持っている。ここで問題になるのが、調和世界との力関係。SAの能力を封じられたとしても、結界の外ならヤマトの再生能力も使えます。八本同時に投げて、クサナギ持って突貫するとか、ただの武器としても、長剣・双剣・槍・弓と戦闘手段は近・中・遠距離全てに対応している。それもある程度使いこなせるため、調和世界よりも上に。ちなみに調和世界の標準武装は素手です。最後に狂宴序章のほうが上位に来る理由。世界に干渉する力が最も高い。それに加え、相手に与える影響。狂わせることが狂人たる所以でもあるのです。