Phony Fortune@Wiki 人物設定(能力・技)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

きちんとしたSAのデータをつくりたくてこんなのつくってみました。
人物設定のと若干異なる点が見られると思いますが、こっちが本決まりになる予定。

李緒

SA:短剣「スレイプニル」
  六つの能力を付加させることができる。
「ブーメラン」:発動した瞬間に自分の手があった所に飛んでくる。
「分裂」:最大六本まで増える。
      ただし、手元に一本でも残っていることが最低条件。
「結界」:ウィルスの使用制限。
      使用するナイフの本数が多いほど強力で、効果範囲が広くなるほど弱くなる。
      単体(一本)で発動すると、固体型ウィルスを直接破壊できるという効果になる。
「」:
「」:
「」:

SA:四肢「アスガルド」
「盾(左手)」:楓に降りかかる全ての災厄を弾き返す最強の盾
「槍(右手)」:楓に害成す全てを貫き通す最強の槍
「具足(両足)」:静かにそして最速に。楓を運ぶ馬となる最速の具足
これらの全てが楓を守る

SA:扇「那須与一」


ミズホ

SA:長剣「ロキ」
「裏切りの代償」:無骨な長剣。見た感じではミズホの腕で触れるような大きさではないが、なにせここはGSの世界重さという概念がない。また、制約により能力を向上+制御させている為、制約を破ったときミズホ自身に【裏切りの代償】が課せられる。制約とは 誰も傷つけない、傷つかせない程度のことのために ゆえにミズホは諭すことはあっても叩き伏せはしない。もし仮にミズホが制御を解除して四神の力で傷つけようとしたとしたら・・・彼女の命(精神)の保証はないだろう。

昇華

SA:双剣「ヨルムンガルド・ミドガルズオルム」
 デザイン的には蒼紫様の隠し二刀小太刀。
 一本の長剣のようにみせている。
「伸縮」:刃渡りだけでなく3cm~300cmまで鞘の長さを変える事ができる。
「ヨルムンガルド」:ヨルムンガルドの自動AIを使用する。
            大蛇の姿となり、自由行動をとる。
            昇華に危険が迫ると、自動的に発動する。
            手動で発動させる場合は、剣を一度鞘に収めなければならない。
『オロチ』:ヨルムンガルド(鞘)をまるで蛇の如く操り敵を薙ぎ払う技。
       一対多の戦闘に適している。
『蛇突』:手元に仕込んだ最小の大きさのヨルムンガルド(鞘)を
      一瞬で最大にして叩き込む技。
      零距離からの突撃。(・・・斎藤?牙突?

『フェンリル』:自らを狼とする技(?)で、身体能力が上昇する。
         主に、ヨルムンガルドのAIを作動させたときに用いるが、
         普段から使用可能。
         使用時はヨルムンガルドを手放すので、(手放す必要性はないが、
         最大限この能力を使いこなそうとすると邪魔になる)
         収納のスキルを持たないため、
         さすがに放置はまずいのでAIは作動させるのが普通。

鈴(スクルド)

SA:グローブ「スクルド」
「スクルド(籠手)」:鈴の全精神力の9割はこの籠手に集中させている。そうでもなければロビンがとまった瞬間腕が崩れ落ちる。ゆえにこの籠手で殴り飛ばされたらタダではすまないだろう。リオ以外は(ぇ
「ロビン」:鷹のようなスピアのような見た目。鈴の使い魔兼武器。かれの猛進に耐えうる物があるとすれば、それは鈴の愛する何かであろう。つまり鈴が制限しないかぎり彼に猛進されて無事でいられるものがいない。(といわれている、実際は威力が高いだけのAIビット)
鈴が本気でキレたときのみみせる必殺の技がロビンを両手に収束させ、全精神力をもって相手に叩きつける。   す〇なぁぁぁぁあああ〇んしゃぁぁぁあああいん!!!!11

奏(ヴェルダンディー)

SA:結界「ヴェルダンディー」

夏(ウルド)



秋華

SA:ナックル「トール」
「雷」:雷(電気)を操る。

神楽



SA:「ユグドラシル」
「根源操作」:そこにあると仮定される元素を自在に操り異なる物質を生成する。
         それは質量保存など量的な影響は受けるが
         熱化学などのエネルギー則などは無視できる。

狂宴序章


調和世界

SA:結界「現実調和」
「現実調和」:世界創造能力。SAの能力を無効化する。
『歌』:特殊な言語により、口頭で直接プログラムを使用する。
     SAの能力ではないので現実調和の影響を受けない。
     現段階でこの言語を理解できるのは彼女以外には夏だけである。

不思議の国(アリス)

SA:絵本「Alice in Wonderland」
「不思議の国」:不思議の国のアリスにでてくるキャラクターの召喚。
          そのキャラクターと融合することで
          その能力を任意に使用できるようになる。
          ただし、その反動により外見にキャラクターの影響が出る。
『チェシャ猫』:瞬間移動および透明の能力。
『ハートの女王』:トランプ兵の召喚。
「鏡の国」:世界創造能力。不思議の国と同時使用はできない。
        過程より先に結果が起こる。
        一種の思い込みによって起こる事象の優先順位が決まる。
        また、不思議の国と同内容の能力を持つが、
        キャラクターが鏡の国のものとなる。

人形の祭典


一瞬永遠


終焉晩餐


愚者


魔術師


死神


審判


女帝


悪魔


世界


皇帝