Phony Fortune@Wiki 世界のSP


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界各国もSPを導入し始めている。
特に大きい軍隊は、アメリカ軍・ローマ法王直属部隊・国連軍である。

政府指定ランクBクラス以上のハッカーと互角に戦えるものを選抜しているため、未だ人数は少ない。

アメリカ軍(約5500人)

一般兵が約五千人。
四人の将軍が事実上のトップ。
20人前後で一小隊とし、三小隊で一中隊、三中隊で一大隊、三大隊で一師団、そして三師団を将軍がまとめる。
変則的な編成ではあるが、人数が少ないくせに、師団までつくるためにこうなった。
ただし四将軍のうち一人だけは将軍以下15名の特殊部隊「Hell Killers」を指揮する。

Aクラス以上のハッカーと戦えるのは大隊長クラス以上。

ローマ法王直属部隊(別名「」)(1428人)

主に近接戦闘に特化した「騎士(ナイト)」1245人
ウィルス戦闘に特化した「僧正(ビショップ)」1049人
その二つの上に立つ「聖騎士(パラディン)」134人

Aクラス以上との戦闘が可能な者が聖騎士となる。

国連軍

トランプにちなんだ部隊編成。
ジョーカーを筆頭に四人のA・K・Q・J。
その下に一般兵として、2~10までの番号が振られた者たちが居る。

Aクラス以上と戦闘が可能なのはQ以上。

どのくらいの規模か

Aクラス以上と戦闘が可能な人数
ロ(134)ア(378)国(643)日(12)

高位Aクラス以上
ロ(17)ア(47)国(12)日(11)

最高位Aクラス以上
ロ(3)ア(13)国(6)日(9)

Sクラス
ロ(3)ア(2)国(1)日(7)