神経内科 case study 末梢神経を知る

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

末梢神経を知る

・末梢神経の解剖を知る
 末梢神経は脳神経と脊髄神経に大別される。末梢神経は運動、感覚および自律神経機能を有するが、その全てを持つ末梢神経から純粋な運動神経など単一の機能しか持たないものまである。末梢神経は解剖学的には、神経根と狭義の末梢神経よりなる。神経根は前根と後根からなり、前根は自律神経と運動神経を形成し脊髄より出る(遠心路)後根は感覚神経であり、入力路である(求心路)。運動神経の神経細胞は脊髄および脳幹にあり、脊髄前角細胞、あるいは脳幹運動核と呼ばれ、軸索を介して筋肉を支配する。これを下位ニューロンと呼ぶ。

<Fig1>

・末梢神経特有の神経症状
 以下の症状を認めるときは、末梢神経に特有であるため末梢神経障害を念頭におく。
1.腱反射消失反射弓の障害
2.全感覚の障害と筋萎縮の並存
 感覚神経の障害…温痛覚障害、振動覚など全感覚が障害
 運動神経の障害…筋萎縮
3.手袋、靴下型の全感覚障害…四肢遠位部に対称性の感覚障害はpolyneuropathyを考える
4.弛緩性の筋麻痺…末梢神経障害では反射弓が障害され、筋トーヌスが低下する

・神経根による髄節性皮膚感覚支配(dermatome)


<Fig2>

四肢の一部に感覚障害がある場合、dermatomeと一致すれば神経根障害、一致しなければ末梢神経障害
後根が障害されると疼痛を伴う。Spurling徴候Lasegue徴候
脊髄前角細胞、前根障害で萎縮筋に筋線維束攣縮(fasciculation)を認める…患者の自覚あり

注)髄節性の温痛覚だけの障害脊髄中心灰白質病変を疑う。温痛覚経路は脊髄に入ると田の感覚系路と分かれ中心灰白質を横断して対側に至る。温痛覚のみの選択的な障害は、中心灰白質病変であることが多い。


解剖学的診断は
(1)病巣が近位の神経根か、遠位の末梢神経
(2)単一、複数あるいは多数の末梢神経が障害されているのか、
 まで考慮する。
神経根の障害はradiculopathy(根症)、遠位の末梢神経障害はneuropathy、両方障害されていればradiculoneuropathyと表現する。
単一の神経障害は単神経炎mononeuropathy、複数の場合は多発単神経炎multiplemononeuropathy、左右対称性に多くの末梢神経が障害されていれば多神経炎polyneuropathyである。

病因は
末梢神経障害の病因はきわめて多彩であるが、糖尿病、膠原病、癌(癌性neuropathy)、薬剤あるいは有機溶媒中毒、遺伝性は念頭に置く。mononeuropathyの場合外傷性、絞扼性(手根管症候群、タイピストなど職業的、慢性関節リウマチなど)が多い。

case study4-1
case study4-2
case study4-3
case study4-4

添付ファイル