神経内科 case study case study4-3

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

case4-3

腱反射がすべて消失し、四肢筋の高度麻痺、および筋トーヌス低下、筋線維束攣縮を認めた。感覚は軽度に全感覚が左右対称性に四肢遠位部で障害されていた。ラセーグ徴候が両側強陽性であった。病変は?

解説は
添付ファイル