過去の更新履歴


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.83

  ・バグフィクス

   HLS→RGB変換時に色がおかしくなるのを修正
   コンポジションをネストしたときに入力プラグインに渡される情報が一番上の階層のコンポジションになっているのを修正

  ・本体

   プレビュー更新速度をフレームレートに近くなるように
   テキストトラックのエラー処理を強化

  ・プラグイン

   リアルタイムプレビューのプレビュー処理を改善
   エコーとタイムワープに重ね順のプロパティを追加
   膨張エフェクトのサイズに負の値を入れられるように
   カラーカーブ(HLS)の彩度の上限を255に変更

  ・エクスプレッション

   Write*・Read*メソッドの引数に相対パスが入れられた場合、カレントディレクトリではなくNiVEがあるディレクトリをルートにするように変更

1.82

  ・バグフィクス

   カラーリマップで、特定条件で位相が360゚になったときにエラーを吐くのを修正
   ColorRemapPropertyのAlphaを1にしてもColorで色を取得したときにAが255にならなかったのを修正
   HLSクラスによる色相の計算が間違っていたのを修正
   コンポジションのマテリアルで、エクスプレッションにコピーなどで貼り付けられるコードを修正
   マテリアルのエクスプレッション入力タブでaなどのキーを入力すると特定プロパティが表示される機能が働くのを
抑止してみるテスト
   トラックの入れ替えでエラーが飛ぶことがあるのを抑止するテスト

  ・本体

   OpenGLレンダラの高速化

  ・プラグイン

   リアルタイムプレビュー出力時のプレビュー処理を一部変更
   キーフレームの移動範囲を限定するためのメニューを追加

1.81

  ・バグフィクス

   VFWInputなどでオーディオ付きビデオを読み込んだ際に読み込まれるオーディオをタイムラインに追加するとエラーを吐くのを修正
   テキストアニメータの基準にスペースなし文字を選択している場合、エラーを吐くことがあるのを修正
   連番イメージ読み込みで読み込んだアイテムの長さがコンポジションのフレームレートによっておかしくなることがあるのを修正
   ブレンドモードの減算とスクリーンの式が間違っていたのを修正
   エフェクトのトラックプロパティでシャドウコピートラックを選択すると循環参照が発生することがあるのを修正
   トラックの移動メニューでトラックの位置を移動してもキーフレームが連動しなかったのを修正
   コンポジション設定ウインドウでコンポジションの長さが0フレーム以下、フレームレートが0fps以下に設定できてしまったのを修正
   ブラー(合成)でぼかしの掛かり方が階段状になっていたのを修正
   デュレーションの変更で速度を50%以下、フレームを間引くでリバースを掛けたときに0フレーム以下を参照することがあるのを修正
   RAMプレビュー有効時の保持フレームの位置の描画がおかしかったのを修正

  ・本体

   拡張2Dのブレンドモードに色相、彩度、カラー、明度を追加
   Altキー押下でリアルタイムプレビューを一時解除するように

  ・プラグイン

   連番イメージ読み込みで読み込んだアイテムのフレームレートをコンポジションにあわせるように
   ルミナンスキーの明るさと閾値で浮動小数点が使えるように
   ブレンドモードを持つエフェクトのブレンドモードに色相、彩度、カラー、明度を追加
   OpenGLの拡張機能が使える場合にテクスチャの更新速度を少し高速化
   エフェクトを3つ追加

1.80

  ・バグフィクス

   ExpressionUtils.GetCompositionがExpressionUtils.GetItemのオーバーロードになっていたのを修正
   絵画エフェクトで、マルチスレッドの設定を有効にして無くても勝手にマルチスレッドで処理しようとしていたのを修正
   テキストアニメータのプロパティのアイテムとキーフレームの連動ができてなかったのを修正
   WaveInputで無圧縮PCMを読み込んだときに長さが数フレーム分短くなるのを修正
   ITimeline.GetImage()でエフェクトを有効にしてイメージを取得する時に、エクスプレッションで実行したプロパティの変更が効いてなかったのを修正
   IExpressionComposition.ExecuteExpression()に関係するいくつかのバグを修正
   トラックマットで、アルファを指定したときに元のアルファが2値化されていたのと、アルファの掛かり方の方向を修正
   トラックの位置をまとめて移動したときに、移動操作したトラック以外のキーフレームが連動して移動しなかったのを修正
   テキストアニメータのクリップボードに厳密コピーのコードの修正

  ・本体

   シャドウコピートラックの追加
   アイテムウインドウにエフェクト検索タブを追加
   タイムラインが無効なときでもエクスプレッションを実行するように
   エクスプレッションのコンパイル時に.pdbファイルを出力しないように
   リネームウインドウにリセットボタンを追加
   タイムラインの「アイテム名」の部分のダブルクリックでソース名を表示するように
   エクスプレッションのコードのチェックを強化
   ※この変更により、使用できなくなるエクスプレッションがあります。System.Reflection名前空間、System.Reflection.Emit名前空間内にある
    クラス、デリゲート、DllImportAttribute、NativeCppClassAttributeがついたメソッド、またはクラスを直接、あるいは内部で参照している
    エクスプレッションは使用できなくなります。
   エクスプレッションのコードのチェックを省略する設定を追加
   ※この設定は保存されません。プロジェクトのロード時、新規作成時にリセットされます。この設定はすべてのコンポジションにおいて、エクスプレッションの
    コンパイルエラー、コードチェックエラーが発生しないことを確認してから外すようにしてください。

  ・プラグイン

   エクスプレッションのコードチェック時にアセンブリのチェックを許可する属性を追加
   膨張の高速化と処理方法のプロパティの追加

  ・エクスプレッション

   エクスプレッションでのテキスト、イメージ書き出しメソッドと、テキスト、イメージ読み込みメソッドを追加

1.78

  ・バグフィクス

   複数同時読み込み時にすでに読み込まれたファイルがあると、それ以降プロジェクトの保存が失敗するのを修正

  ・本体

   OpenGLレンダラの2^nリサイズ時の動作を一部高速化

  ・プラグイン

   エフェクトを2つ追加

1.77

  ・バグフィクス

   ブレンドの位置やサイズを変更したときにαが無くなるのを修正
   アイテムの入れ替えで選択できないアイテムが含まれていたのを修正
   カメラを作成した後にテキストを作成すると保存したプロジェクトでテキストが消滅するのを修正
   Radeon系でGLSLが使えなかったのをたぶん修正

  ・本体

   マテリアルやエフェクトのプロパティを隠すためのメニューを追加
   拡張2Dに縮小時にフィルタをかけるかどうかの設定を追加
   OpenGLレンダラのアンチエイリアスの項目を保存、後からも変更できるように
   レンダリング中にエラーが発生した場合、ログを吐いてレンダラを初期化するように

  ・プラグイン

   ベクトルキーにメディアンの項目を追加
   ワイプ関連のぼかし範囲の上限を100まで引き上げ
   エフェクトを2つ追加

1.76

  ・バグフィクス

   書き出しでオーディオ系出力プラグインでの書き出しができなくなっていたのを修正
   TimelineEditControlのいくつかのバグを修正
   DoubleRadianEditControlで、最後のキーフレームがリニアの時にそれ以降のフレームを参照するとエラーを吐くのを修正
   連番イメージ読み込みで読み込むとエラーを吐くのを修正

  ・プラグイン

   連番イメージ読み込みでファィルを読み込んだときのメモリ使用量を少し削減
   テキストウインドウのボタンにニーモニックキーを設定、Escでキャンセルできるように
   クロスの高速化
   カラーキーの閾値の上限引き上げ
   エフェクトを1つ追加

1.75

  ・バグフィクス

   IMediaInputで取得したMediaInfo.TypeがVideoのときにGetAudio()を実行しなくなっていたのを修正
   スプライン補間で最後のキーフレーム以降になっても変化し続けていたのを修正
   テキストアニメーションのスケールでアニメーションの仕方がおかしかったのを修正
   テキストアニメーションのデュレーションを変更したときにプロパティの変化も変わるのを修正
   DoubleRadianEditControlで、最後のキーフレームのタイプがリニアの時にそれ以降のフレームを参照するとエラーが発生するのを修正
   テキストアニメータの回転で、回転数が反映されていなかったのを修正
   拡張2Dなどで使用されるアルファブレンドの式を修正
   拡張2Dでスケールを0x0にするとトラックが単色イメージになるのを修正
   タイムラインいっぱいにキーフレームが置いてあると、そのプロパティがスクロールしなくなるのを修正
   Parallel.ForEachが列挙体を列挙が完了してても列挙し続けていたのを修正
   プリコンポーズ時にCompositionCodeがプリコンポーズ元と同じになっていたのを修正
   デュレーションの変更時に、再生速度を100%以上にするとアイテムの長さ以上のフレームを参照してしまっていたのを修正

  ・本体

   プレビューウインドウにタイムコード表示を追加
   タイムライン等の時間のスクロール方向の設定を追加
   環境設定にエクスプレッションの有効無効の設定を追加
   エクスプレッションのアクセス権限の変更(ファイルアクセス等)
   ※この変更により、いくつかのエクスプレッションが評価されなくなることがあります。
   UriFormatExceptionの対策テスト
   エラーログに発生日時の項目を追加
   ※この変更により、ver 1.74以前のエラーログとの互換性が無くなりました。このバージョン以降を使用する際は、エラーログを削除してから
    使用してください。

  ・プラグイン

   エフェクトを2つ追加

1.74

  ・バグフィクス

   プレビューウインドウの背景色を変更したときに、透明部分が再描画しないと塗りつぶされなかったのを修正

  ・本体

   テキストアニメーションのスケールに負の値をいれられるように
   GDIレンダラのスケールの上限値の変更と、負の値をいれられるように
   GDIレンダラの設定に自動的に0.04°傾ける設定を追加

  ・プラグイン

   KeyFrameTypeに補間モードの項目を追加
   PropertyEditSkeletonに補間モードに関する項目と手前のキーフレームを取得するメソッドを追加
   CatmullRom補間とスプライン補間のメソッドを追加
   一部プロパティをCatmullRom補間とスプライン補間に対応

1.73

  ・バグフィクス

   VFWOutputで、オーディオ付きで書き出すと一部ソフトで長さが異常になるのを修正
   テキストアニメータのプロパティの基準が保存されなかったのを修正
   アイテムの削除時に現在表示されているコンポジションでしか削除したアイテムのトラックが削除されなかったのを修正
   シャイの有効・無効変更時にトラックのレイアウトが崩れるのを修正
   OpenGLでアイテムのZ軸の移動方向がおかしかったのを修正

  ・本体

   プレビューウインドウの背景色の設定を追加

  ・プラグイン

   foreachループ展開用メソッドと、複数のメソッドを並列実行するためのメソッドを追加
   エフェクトを1つ追加

1.72

  ・バグフィクス

   OpenGLレンダラで、GLSL非有効時にコンポジションサイズを変更するとエラーを吐くのを修正
   アイテムの入れ替えで、本来入れ替えることのできないアイテムが選択できてしまうのを修正
   書き出し時にネストしたコンポジションがRenderingステートにならず、シミュレーション系エフェクト使用時に
   正しく書き出しできなかったのを修正
   トラックのプロパティ展開時にすべて選択するとエラーを吐くのを修正
   VFWOutputで音付きで10分以上のファイルを書き出そうとするとエラーを吐くのを修正

  ・本体

   RAMプレビューのキャッシュの方法を変更
   エクスプレッションのテキストメニューにすべて選択を追加
   アニメータを1つ追加
   文字コードアニメータで、選択される文字数を増加
   ※一部の環境やフォントによっては表示できない文字が含まれている可能性があります

1.71

  ・バグフィクス

   GLSL有効時にマスク等で隠した部分が描画されるのを修正
   アイテムの入れ替えで、フォルダに入ったアイテムと入れ替えることができなかったのを修正

  ・本体

   ファイル読み込み時の例外処理の強化
   テキストアニメータを1つ追加

1.70

  ・バグフィクス

   連番イメージ読み込みで読み込んだアイテムのトラックのデュレーションを変更するとエラーを吐くのを修正
   タイムワープに関するいくつかのバグを修正
   RAMプレビューとリアルタイムプレビュー有効時にUndoで戻しても画面が更新されないことがあるのを修正
   連番イメージ出力で出力する桁数とファイル名の桁数が合ってなかったのを修正
   アイテムウインドウを一度閉じてから開くとアイテムが消失するのを修正

  ・本体

   タイムラインウインドウでのホイールアクションを追加
   エクスプレッションでトラックの順番を入れ替えられるように
   プレビューサイズとRAMプレビューの状態、アイテムウインドウのコンポジションタブのソートオーダーを保存するように
   タイムラインのシャイの状態と、拡大縮小の状態、タイムラインのタブ状態を保存するように
   テキストトラックの追加
   OpenGLのレンダラの設定にGLSLを用いた描画をするかどうかの設定を追加
   指定フレームへジャンプを追加
   フレームの同期の追加

  ・プラグイン

   マスク(手書き)の編集エリアにスクロールバー追加、ウインドウをリサイズ可能に
   ITimelineにアイテムのフレーム位置を取得するプロパティを追加

  ・エクスプレッション

   IExpressionTrackに親トラックを取得するプロパティを追加
   テキストマテリアルとテキストアニメータ用のインターフェースを追加

1.64

  ・バグフィクス

   シャイが有効なときにトラックが隠れなかったのを修正
   プロジェクトロード時にコンポジショントラックが消えているのを修正
   コンポジションのフレームレート変更時にトラックのデュレーションの設定が消滅することがあるのを修正
   コンポジショントラック追加時にコンポジションのフレームレートに関係なく30fpsとして処理されていたのを修正
   スニペットの取得の回転のコードがおかしかったのを修正
   同名のファイルを読み込んだプロジェクトを開くとエラーを吐くのを修正

  ・本体

   アイテムのソート方法を変更
   タイムラインウインドウのコンポジションタブをドラッグで移動できるように
   アイテムのコンテキストメニューにコンポジション設定を追加
   FBOが使用できるかどうかのチェックを強化

  ・プラグイン

   グローの強さを100以上に設定可能に
   連番イメージ読み込み・書き出しの追加(正式版として)
   エフェクトを1つ追加

1.63

  ・バグフィクス

   トラックの貼り付けでクリップボード上にエフェクトがあるときに貼り付けるとエラーが発生するのを修正
   指定位置に移動で、移動したときにエラーを吐くことがあるのを修正
   縦x横が1x1以下のサイズのアイテムにフラクタルノイズをかけるとエラーが発生するのを修正
   プロジェクトの設定で、パスを変更しても保存先が変更されなかったのを修正

  ・本体

   出力時のプログレスバーの表示を書き出したフレーム/書き出すフレームに変更
   最近開いたプロジェクトを追加
   プロジェクトロード時のファイル検索の強化
   nullオブジェクトにエフェクトを適用できないように変更
   OprnGLの最大テクスチャサイズの計算方法を変更

1.62

  ・バグフィクス

   VFWOutoutで出力したAVIのfccHandlerの値がCVID固定になっていたのを修正
   トラックやエフェクトののコンテキストメニューから貼り付けたときにエラーが発生するのを修正

  ・本体

   VFWOutputで出力する際、24bitと32bitそれぞれに対応したコーデックのみを表示するように変更
   トラックのコンテキストメニューの操作の位置をエフェクトのコンテキストメニューと統一

  ・プラグイン

   OpenGLのテクスチャ生成時の拡張確認処理を強化
   フラクタルノイズについて少し変更(閾値の扱い、高精度モード、一部高速化)
   エフェクトを1つ追加

1.61

  ・バグフィクス

   ブレンドやグローなどで重ね順を後ろにすると周りが黒くなるのを修正
   コンポジション名の際のアイテム名に関するバグを修正
   トラックとエフェクトの順番に関するバグを修正
   キーフレームをドラッグして元の位置に戻したときにエラーが発生するのを修正
   読み込みに失敗したときに作成されたダミーアイテムを削除するとエラーが発生するのを修正
   タイムラインウインドウで、垂直スクロールバー表示時にスクロールした状態でトラックを追加するとレイアウトが崩れるのを修正
   OpenGLのバージョンチェックの方法を修正

  ・本体

   アイテムウインドウのアイテムを削除をDからRに変更
   OpenGLレンダラで、テクスチャサイズを強制的に2^nに合わせるをデフォルトでオンの状態に

  ・プラグイン

   キーフレームタイプの変更をCからKに変更
   キーフレームのコピー、切り取り、貼り付け処理を行うためのメソッドと、いくつかのプロパティの対応
   エフェクトを1つ追加

1.60

  ・バグフィクス

   コンポジションのアイテム名(コンポジション名ではない)が保存されなかったのを修正
   ファイル読み込みに関するいくつかのバグを修正
   無音コンポジションを異なるフレームレートのコンポジションに追加した場合にエラーが発生することがあるのを修正
   オーディオトラックをすべて無効にしてもオーディオなしでの出力が出来なかったのを修正
   手書きマスク適用時に元サイズより小さいマスクを指定したときにエラーを吐くのを修正
   トラックの名前などに"&"を使うと次の文字にアンダーバーが入るのを修正
   モザイクにてマルチスレッドを有効にしていると縦にしかモザイクがかからなかったのを修正
   子ウインドウの最大化、最小化後に復元すると位置がおかしくなるのを修正
   シングルスレッドCPUでマルチスレッド処理を有効にしているときに処理結果がおかしくなるのを修正
   プロジェクト読み込み時に親の設定が崩れることがあるのを修正
   放射状ワイプで中心点を変化させても動かなかったのを修正
   OpenGLレンダラで、最大テクスチャサイズを正確に取得できていなかったのを修正

  ・本体

   Ctrlキー、Shiftキーの状態の取りこぼしを少なく
   トラックのコンテキストメニューの操作に貼り付けを追加
   コンポジションの長さの単位を秒とフレームの選択制に変更
   選択されたコンポジションの現在のフレームを書き出すメニューを追加
   アイテムの管理方法とコントロールを変更
   カメラやnullオブジェクト、同色同サイズのカラーイメージを1つしか作成できないように変更(前バージョンまでのも1つにまとまる)
   OpenGLレンダラの設定にテクスチャサイズを強制的に2nに合わせるプロパティを追加

  ・プラグイン

   いくつかのぼかし処理の範囲を小数点が扱えるように
   キーフレームのコンテキストメニューの削除をRからDに変更
   ポスタリゼーションの処理を変更、減色レベルを8段階から256段階に拡張
   PropertyEditSkeleton?を使用したプロパティコントロールでキーフレームの複数同時操作(移動、削除、タイプ変更)ができるように
   キーフレームのすべて選択を追加
   OpenGL 2.0以上が使える場合、非2^nテクスチャを使用するように
   エフェクトを1つ追加

1.55

  ・バグフィクス

   コンポジションのフレーム補間方法が間引く固定になっていたのを修正
   プロジェクト作成時に前回プロジェクトを作成したパスが存在しないとエラーが出るのを修正
   フレームレートが30fpsの時以外にプロジェクトロード時に30fpsとして処理されるのを修正
   コンポジショントラックでアイテムの入れ替えが表示されていなかったのを修正
   アイテムの入れ替えでコンポジショントラック以外からコンポジションを選択出来てしまい、選択するとエラーを吐くのを修正
   トラックのペーストでコンポジションを貼り付けたときに自分自身を貼り付けたり、循環参照が発生することがあったのを修正

  ・本体

   コンポジションのフレーム補間方法をオーディオに合わせてシームレス固定に
   アイテムのリネームとソートを追加
   エフェクト、読み込み、書き出しのプラグインをソートするように

  ・プラグイン

   点描にアンチエイリアスのプロパティを追加
   エフェクトを2つ追加

1.54

  ・バグフィクス

   コンポジションにイメージ、またはビデオを親に設定したときにエラーを吐くのを修正
   OpenGLにて拡張機能が有効になっているときにデプステストが無効になっていたのを修正

  ・本体

   新規プロジェクト、コンポジションにデフォルトのパスと名前を追加
   新規プロジェクトとプロジェクトを開く、ヘルプのショートカットキーをそれぞれCtrl+N、Ctrl+O、F1に変更
   アイテム作成メニューにショートカットキーを追加
   オーディオプレビューの状態とトラックのスリップ編集、両端の固定の状態を保存するように

1.53

  ・バグフィクス

   ブレンドモードを持つエフェクトでアルファを無視していたのを修正
   コンポジションタブ切り替え時にShiftの押下状態が切り替えたタブに伝わってなかったのを修正
   WaveOUT* API使用中にエラーが発生したときに大量にダイアログが出ないように
   ショートカットキーの被りを修正(サブメニューは関係ないのでそのまま)
   ブラー(ピンぼけ)でアルファがかかってる部分が黒ずむのを修正

  ・本体

   キー押下によるマテリアルの特定項目の展開

  ・プラグイン

   テキストの縦書きに対応
   ぼかしの範囲について変更、1段弱く
   コンボリューション行列を少し高速化

1.52

  ・バグフィクス

   操作ごとにプレビューを更新にチェックが入ってない状態でも操作ごとにプレビューが更新されていたのを修正
   コンポジションの設定でフレームレートが設定できなくなっていたのを修正
   プロジェクトを何度か開いた時にエラーを吐くことがあるのを修正
   拡張2Dとブレンドモードを持つエフェクトの混合処理の修正
   モノクロの変換式の修正
   開始位置がタイムラインの0フレームから数えてデュレーション以上に設定されていた場合、ロード時にそこまで巻き戻ってしまうのを修正
   編集メニューの削除からコンポジションを削除したときにタブが残るのを修正
   コンポジションを削除したときにタイムラインから削除されずに残るのを修正
   OpenGLレンダラで大きめのサイズを指定すると正しくレンダリングされないのを修正(ただし要OpenGL 1.5以上対応グラフィックチップ)
   トラックの長さが変動したときに開始位置と終了位置が初期化されるのを修正

  ・本体

   拡張2Dレンダラの高速化
   トラックの移動、開始位置・終了位置の移動の複数同時操作に対応
   エフェクトのすべて選択に対応
   Shiftによる範囲選択に対応
   トラック、エフェクトのコンテキストメニューに操作の一部を追加
   コンポジションのサイズ設定に最小サイズと最大サイズの制限を追加

  ・プラグイン

   グローの高速モードの内容を変更、ガウスぼかしから通常のぼかしを使用するように
   テキスト系エフェクトの縦書き状態を保存していなかったのを修正
   RenderingContext?クラスでOpenGL Extensionsが使える場合は使うように

1.51

  ・バグフィクス

   RAMプレビュー有効中にリアルタイムプレビューが効かなくなっていたのを修正
   いくつかの親に関するバグ修正

  ・本体

   プロジェクト作成時にコンポジション作成ウインドウを表示するように
   アイテムコンテキストメニューにの指定位置に移動を追加
   トラックのコンテキストメニューに開始点と終了点の移動メニューの追加
   カーソルの位置まで移動を実行したときのカーソルフレームの表示位置を中心に持ってくるように

  ・プラグイン

   フラクタルノイズに位置プロパティを追加

1.50

  ・バグフィクス

   環境設定で関連付けの状態が変化しなかったのを修正
   いくつかのぼかしを使用する処理でエラーを吐いていたのを修正
   FontPropertyをエクスプレッションで変更するとキーフレームの値まで変更されるのを修正
   オーディオの読み込みエラーによる身代わりInputが作成されたときにエラーが発生するのを修正
   ブレンドにてアルファを完全無視していたのを修正
   ProjectInputでIPropertyControl?.CursorPointが変化しなかったのを修正
   ProjectInputで別名保存した同一プロジェクトを読み込めなかったのを修正
   起動直後に編集:削除を実行するとエラーを吐くのを修正
   親にビデオやイメージからオーディオ、オーディオからビデオやイメージを設定できたのを修正
   トラックのペースト時にエラーが発生することがあるのを修正

  ・本体

   従来の1プロジェクト1タイムラインから1プロジェクト多コンポジションに移行
   シャイ状態を保存するように
   直接プレビューに関係ない変更の場合にRAMプレビューの内容を消去しないように
   同じファイルでもプラグインが違えば同じファイルを読み込めるように(ただし、ファイルハンドルなどの関係から読み込めるかどうかの保証はなし)
   別名保存でプロジェクトを保存したとき、プロジェクト名や保存先のパスに変更があったときはヒストリに登録するように変更
   操作メニューにすべて選択を追加

  ・プラグイン

   FontPropertyのキーフレームが変更点な場合、フォントサイズを徐々に変化させるように変更
   テキスト関係エフェクトの文字描画品質を向上
   テキスト(基本)に縁取りプロパティの追加
   テキストエフェクトの縁取りに色と線のサイズのプロパティを追加、不透明度も反映するように
   マスク(基本図形)の図形描画品質を向上
   風の強さプロパティを浮動小数点が扱えるように
   いくつかのぼかし処理の演算精度をdouble→floatに変更、少し高速化
   グローのデフォルトプロパティをいくつか変更
   単一ファイルからの複数入力のためのインターフェースを追加
   ProjectInputを複数コンポジション読み込み可能なProjectInput2に変更
   エフェクトを3つ追加

  ・エクスプレッション

   コンポジション専用インターフェースとそれを取得するためのメソッドなど追加

1.41

  ・バグフィクス

   RAMプレビュー有効時にリアルタイムプレビューが効かなくなっていたのを修正
   エフェクトでエクスプレッションの高度にチェックしてあるプロジェクトをロードするとエラーが発生するのを修正

  ・プラグイン

   エフェクトを1つ追加

1.40

  ・バグフィクス

   プロジェクトのフレームレートを29.97などに設定し、オーディオを追加した際にエラーが発生するのを修正
   ブラー(ガウス)でボケ方がブラー(ぼかし)と同じになっていたのを修正

  ・本体

   シャイの操作をヒストリーに登録するように
   プロジェクトロード時にファイルが見つからないときや読み込みに失敗したときはダミーアイテムに置き換えるように
   ImageInput、カラーイメージ、カメラ、nullオブジェクトの長さを追加時のプロジェクトの長さにするように変更
   データクラスをすべて外部DLLに移動
   ※この変更によりver 1.33までのプロジェクトとは互換性が無くなりました。読み込むにはver 1.39を使用して保存しなおしてください。

1.39

  ・バグフィクス

   ヒストリーウインドウがアクティブになったときに上にスクロールするのを修正
   ブラー処理のアルファの考慮方法を修正
   拡張2Dレンダラでプロジェクトサイズより小さいイメージを使うとエラーが飛ぶことがあるのを修正
   OpenGLレンダラでアンチエイリアスを有効にすると黒い線が出てくるのを修正
   ※環境によっては改善されない可能性があります。

  ・本体

   シャイレイヤーの追加
   トラックやエフェクトの削除時の確認ダイアログの廃止
   トラックの移動のラジオボタンの位置を変更
   エクスプレッションコントロールのテキストボックスのフォントをMSゴシックに変更
   OpenGLレンダラのアンチエイリアスの品質を向上、ただし重く
   プロジェクトデータの管理方法を変更
   ※ver 1.33までのプロジェクトは開けますが、このバージョンで保存したプロジェクトは過去のバージョンで開くことは出来ません。

  ・プラグイン

   ブラー(ガウス、放射、回転)、グロー、LightBrust?に高速モードを追加

1.33 以下略

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。