高町なのは

ヴィータ「悪魔め…」
なのはさん「悪魔で、いいよ…」
(RH起動)
なのはさん「 悪魔らしいやり方で、話を聞いてもらうから!
泉 こなた 戻る 矢部野ピコ麻呂

高町 なのは(たかまち なのは)

性別 職業 タイプ 弱点 耐性 特性
魔法少女 魔術師 なし 魔、光※ 防御コマンドの効果が通常の倍
※完成版で追加

LV50時ステータスデータ(未ドーピング)
MHP MMP 攻撃力 防御力 精神力 敏捷
531 725 56→※86 267→※297 529→※559 229→※259
魔血魂装備後

装備
部位 名称 性能 説明
武器 レイジングハート 何故か英語を喋る魔法のステッキ。改良済み。
ラウンドシールド 防+30 魔力で作った盾。敵の魔法攻撃を防ぐ。
服装 バリアジャケット 防+45 魔法少女といえば変身衣装!
帽子 りぼん 精+15 髪を縛っているりぼん。
アクセサリ アクセルフィン 敏+15 魔力で作った小さな羽。これで飛べる!!
アクセサリ(換装) 魔血魂 攻+30,防+30,精神+30,敏+45 魔王の魂で全能力値を強化。魔王変身が使用可。

高火力・高コストの魔術師系キャラ。
社長と似たような特性だが、社長が単体攻撃に特化しているのに対し、
「メイオウ攻撃」「スターライトブレイカー」など全体攻撃に特化しており、その意味では社長よりも魔理沙に近い。
一般的に恐れられている19歳ver.ではないせいか数値的には精神力を除いて若干物足りない。
StrikerSにて自身を「頑丈」と称しているせいかその特性も含め防御力は高いが、それだけにHPが低いのが痛い。
自身の技も消費MPが高い割に未強化状態では威力は若干低めなので、精神力の強化を前提で使用する必要がある。
ただし自身の技に精神力をUPさせる技があるので、支援役を無理に入れる必要は無い。

魔血魂で習得する魔王変身を使用すると、3ターンの間魔王として戦闘を行うようになる。
変身中は全てのステータスが破格の能力値になるが、この間はプレイヤーが一切操作できず
勝手に行動するようになってしまう。
更に解除後はMPもゼロになってしまうので、使うタイミングに気をつけよう。

※魔王変身中のステータスは該当項目を参照

習得技『魔砲』

レベルアップもしくは固定イベントで習得
技名 習得Lv 消費MP 効果 属性 単/全 備考
アクセルシューター 1 25 攻撃 2倍撃
カートリッジロード 17 35 補助 使用者 精神力上昇
ディバインバスター 28 60 攻撃 4倍撃
メイオウ攻撃 38 100 攻撃 3倍撃、防御力無視
スターライトブレイカー 400 攻撃 10倍撃
グランドソード ※1 ?? 攻撃 斬撃 単体 2倍撃
グランドソード解放 ※1 ?? 攻撃 斬撃 全体 防御力無視
※1:「魔王変身」を使用した戦闘中のみ使用可能(ただしプレイヤー操作不能)

アイテム使用で習得
技名 アイテム 消費MP 効果 属性 単/全 備考
魔王変身 魔血魂 230 補助 3ターンの間魔王に変身する(ただしオートで行動し操作不能になる)
ミクルビーム みくるビーム 28 攻撃 E,萌 全体
だまし討ち う詐欺の杵 14 攻撃 単体 混乱の追加効果
天呪「アポロ13」 天呪の符 69 攻撃 単体 3倍撃
一旦休憩 サボる秘訣 10 回復 自分 HP中回復
どん兵衛ちゃん どん兵衛ちゃんセット 22 回復 単体 HP中回復
E・Fブリザード 吹雪の書 80 攻撃 冷気 全体 凍結の追加効果
中曽根OFF 少し楽しくなる秘訣 35 治療 全体 精神系状態異常を治療
ニュークリアⅢ 破壊の書 97 攻撃 全体 防御無視
リザレクション 鳳凰座の青銅聖衣 60 回復 自分 HP全回復・オワタを除く全状態を治療

キャラクター概要

ご存知リリカルなのはシリーズ主人公。
声優は 田村ゆかり さん(TVアニメ版。スピンオフ元『とらいあんぐるハート3』では声優が異なる)
このページ先頭にあるA's時における悪魔関連のやり取りから派生して、
StrikerS本編にて「魔王」、さらにMAD動画によって「冥王」の三冠を得た魔砲少女。
その砲撃ぶりは一時「固定砲台」でググると公式HPのなのはのキャラ紹介ページが出てくるほどであった。
(現在は修正されたようだが、その名残かなおも検索結果の上位にはこの現象について触れているサイトがいくつか確認できる)
Wikipediaの魔王・悪魔のところにも関連項目として出てくる。
名前の後に“さん”づけしないとふっとばされ、話をちゃんと聞かないと確実に死亡フラグ。怒りに触れるなどもってのほかである。
なお最新のTVシリーズ・StrikerSにて 子持ち になった。(ただし実の母ではなく保護責任者、つまり義理の親子である)

シリーズ当初こそ、3話で既に垣間見えた砲撃魔法以外は普通の「魔法少女」と呼べる振る舞いをしていたが、
第1期後半で既に「相手の動きを封じた上で味方すら驚愕するほどの大砲撃を食らわす」などの悪魔の片鱗が見える。
そのため、このときからファンには「魔法少女じゃなく魔 少女だ」と言われていた。
A'sにおいて上記の悪魔宣言をした事で、ファンの間で「管理局の白い悪魔」と崇められるようになる。
続くStrikerSでは 訓練で暴走した部下の攻撃を素手で止め つつ、諭しても止まらないので
部下の魔法を応用して 一撃で黙らせた という本編描写 *1 から悪魔の進化系として「管理局の白い 魔王 」と呼ばれ、
それに恐怖した一部のファンが「冥王計画ゼオライマー」の主人公の台詞に差し替えたMADを製作しニコニコ動画などにおいて発表、
そこから彼女は遂に「 冥王 」の称号まで獲得する。
…ただ、そこまで恐れられている?彼女ではあるが、これまでの作品において、それぞれの物語における
本当の意味での 黒幕・ラスボスとはいちども闘っていないばかりか、 遭遇すらしていない といった有様である。
そういう意味では、見方を変えれば、これまでの作品においては現状本当の意味での彼女の実力は不明であり、その強さも
世間?の評価のように、必ずしも絶対者的なものではない可能性も多分にあるといえる。
現在ではなのは関連の動画のみならず、他のアニメ等とのコラボレーションMAD等でも彼女の凶悪ぶりは遺憾無く発揮されているが、
当然ながらこういった数々の悪名は2次設定で、彼女が恐れられるようになった一連の行動もちゃんと理由があってのものであり、
原作ファンにはこういったネタを嫌っている人も多いので注意しよう。特に関係ない動画では魔王・冥王ネタは使用しないように。

アニメからは想像できないが、スピンオフ元である「とらいあんぐるハート3」のなのはは徹底的なまでの非暴力主義。
本編特典の「リリカルなのは」でも、TVアニメ版と作風が全く異なる事もあってか敵とのガチバトルはほとんど無い。
しかしTV版のほうがはるかに有名になってしまったため、現在の怖いイメージが先行・定着してしまった。
有名になるというのは、本当に恐ろしいものである。

ニコニコRPGにおいては、2章最終話にて魔王の第2形態としてピコ麻呂たちと死闘を演じ、最終章開始時に仲間になる。
EDでの描写などから時間軸としてはA'sの「闇の書事件」終了後から正式に管理局員となった翌年の春先辺りだと思われる *2 が、
設定的には3つのシリーズの要素が混在している節がある。例を挙げると…
  • 17話にて登場時の「魔王」「冥王」の呼び名
上述の通り魔王、冥王はStrikerSからの俗語であり、A'sの頃はまだ悪魔呼ばわりだった。
  • 同話において戦闘時のグラフィック
レイジングハートにマガジンが無く、指ぬきグローブを装着していない。A'sではなく1期の外見となっている。
  • 使用魔法の偏り
レイジングハート改修後に使用可能になったアクセルシューター、カートリッジロードは使用するが、
エクセリオンバスター(及びA.C.S)やディバインバスターとスターライトブレイカーの派生型は使用しない。
などである。

18話や学校エリアでのイベントから、自分の意志で魔王の姿となる事も可能であることが分かる。
また白菜が落とす「魔血魂」により習得する「魔王変身」で戦闘中にも魔王に変身する事ができる。
(ただしStrikerS時代の姿ではなく「グランドソード」の魔王である)

仲間に加入して以降の動画では「パンツを取られそうになる」「ぶっちゅうされる」「アナルを狙われる」等
戦闘に参加する度にセクハラ行為を受けている。
そして残念な事に、彼女が仲間になるのはハートマンの特別訓練後になってしまう為、両者間のそっち方面(=軍事的方面)における絡みは皆無である。
上記及び後述の設定上、このゲーム内においては彼女は設定上は既に一人前の軍人(管理局員)なわけなのだが…!?

…なお、前述のように彼女はこのゲームでは一度主人公達に倒された後に紆余曲折を経て味方になり、以降仲間達と共に 物語の核心に積極的に切り込んで行く 事になるわけだが、前述のようにアニメ本編では彼女自身は 常に物語の核心に迫れていない 事と照らし合わせて考えた場合 *3 、丁度、ある種のアイロニーが成立している(あるいは意図的に作者がそうしたとも考えられる)といえるのかもしれない。

+ エンディングのネタバレ

初登場時の表記は「冥王

主なニコニコ動画出演作品

  • 管理局の白い悪魔

  • 管理局の白い魔王(冥王)(↓BGMのみ原作と違うので注意)

  • W.D.M.G

  • 若本ボイスの変態という名の紳士のなのはさん


                               ィ                __
                           //            /  /⌒
                         / /ィ         ∠_/
                     / |/:./ _       //⌒_____
                      { /:.:.:./:./-―-   | / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\⌒
                     ゝ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. Χ/:.:.彡/⌒ ̄ \:.:.:.:|
                    /:.:.:.:.:.:.:.r―:.:.\:.:.:.:.:.:.:.ー<         )ハノ
                       /:./:.:.:.|:.:.:ト<厂Τヽハ:.:.:.|\ \―‐ァ
                        |/:.:/:.-十N  ハ)芹ヽ|ハ「Y   ――
                       |:.:|:.:.:|:.:ハ拆   弋ツ 八メ
                      V \|:八У、 _   厂
                         )ノ\ ヽ ノ   イ/  ̄ \_
                             >-イ=/   υ ,厂ヽ
                             / ̄Χ/|  ,r =彡   「
                            ∠ |/__》/| /′    ∧
                      /⌒/o―┐  \ _ _彡′ \
                       |__/イ 7 ̄ _    У /\〉  ̄
                           / //| | 〉r「⌒ヽ ――┐\ \
                       /‐ / l|_|ハ{ー=彡〉‐O―┐ミ    〉
                         ̄7 / |l|   フ// ̄ ̄ ̄\ Χ
                           / /  l| [_\′  _   〉  \
                    /L/   |l|      >―└┘冖 ̄ ̄
                       「/ Y〈\_/ \_//\  \
                        /  /=/ / \_/   \  \
                   | /φ/ ̄|     \     _\_\______ _
                   |__/フ|   |      \                  _\)
               /厂〉     //r/|  |      Χ\            / ――\
           // ,/      / J ┤  |        几 〉\          //     \__
             /《-/    / /    |  |\     /  \  \     //         /\/
       __ /辷)〉 _ /_/    ∧  |  |    /    \   \ //         /―‐┤\
       |_|/ __/  /)/      | |  |  |    |       \     ̄ \ ___ /  |   /Τ
     _|二|  ̄/ // 〉        |   |  |   | ___ /\          /| ―‐┘ /ー┘       イ
   /  -└<-く _)┘        |  ∨|  \ / ――  ′ \____/  |    / |      ≠∫
.  / /_ -rz、 \〈 〉       |― | |   ∨      ____〉     / ̄ ̄   / ―┘    /  %
  ′ l/У⌒oハ  } V__         厂 ̄| |    |__/|\   / \/      /__|        Х   √
  |  | 乂__ ノ ノ ノ __| ゙〆,   ∧   トイ    |\    |_\/     ',__ / |      %  ∠
    \ _  \__/  *   ̄|\__| |    |_\/ \/ \     ',\/  ̄     ν     √
    \_ | \     %    %    ∧ |___/ >       ',   ',        ≠    __♯_
      | |  l|      _ ≧   Ж    ̄|∧/\/ ̄            ヽ   ',      %    ≠¬‰⌒
      | |  l|    ⌒≠√    ‰    r|;;;;;;;/ィ              ', _)、    ζ    フ⌒
      | | /         ‰ 廴    Χ  厂 || ̄|                 マ;;;;;;;イ    )     ,√
         ̄           χ_   〆廴 |L ノ                 〈─xイ\  & _≦
               _彡 ⌒ ̄     (| ∩ |)              ∨∧∨イ %  ⊆ _ ィ
                    フζ%⌒仄)/| ∪ |                   ー 彡)⇔      ‰
                       ′「廴_ノ |                  (| ∩ ハ )∧*(\厂⌒
                          廴__ノ                     | ∪  l|
                                                 「廴 __ノl|
                                                廴 __ ノ


   ヽl   ,、 l/
  〃")' ~´ヘヘ)"ヽ            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  !( ソノ八)ヽ) ソ           ;;;''''
    ヾl.゚ ヮ゚ノ!.    )) 卩__ ,.';;''
o=====U===∩====[]コ[i(●==冫
    ./ソ、j、iヾ.   ))  |ノ ̄ ̄ ヽ;,,
    .~(ノ!_j~´             ''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


       .//:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ./:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:ト、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     /:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:| \\:.:.:.:.:.: |
     l:.イ:.!:.:.:.:.:.:./|:.:.|:.:.:.:./!:./l:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.l:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:∧  | |:.:.:.:.:.:.|
     l/|:.:|:.:.:.:.:/.:.|:.:.|:.:.:/‐l/-|:.:ハ:.:.:ハ:.:. |:.:.:.|: |:.:.|:.:.:.|:.:.:.:/ |   | l:.:.:.:.:.:.:, 
       V',:.: /:.:.:.|:.:.l:.:.:.|<圷示 ∨|ー-|:./」_:|:.:.|:.:./:.:.:/  :|   | |:.:.:.:.:.:.:', 
       !:∨:.:.:.:.:|:.:.|、.:|l ゞ='   ヘ| 'イ圷示/|: /:/'^レ   ∨  |:.:.:.:.:.:.:.:', 
        |:.:.:.:.:.:.:. |ヽ| ヽ|    ,    ゞ=' ′|/:/|r;/      \. |:.:.:.:.:.:.:.:.:',  
        |:.:.: / ̄ ̄\ヘ.    ′       /イ:.:.|/、   ___ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
        |:/      /|:.:\  ` `     / |:.:/  「|Y´     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.',  少し、頭冷やそうか……
      /       //|:.:.| \__ .. イ |,|/  l|:| |      ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:',
     ./       /〈. Vリ   | \_>'′  l      |:| |         ∧:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ./       / \\  l| !ニニ}   /    ,./ |           \:.:.:.:.:.:.:',
  /.        ;' //  | |::|    /'     \ |           \:.:.:.:.|
 「 \         /  \\   .|/⌒ニニニ/      〉〉 |        /  〉:.:.:|