友人

100万再生を超えている人気ゲームプレイ動画、「自作の改造マリオを友人にプレイさせてみた」シリーズの、
ドSのレベルを超えている鬼畜うp主の作成した極悪難度ステージをひたすらクリアし続けるTAS真っ青の凄腕プレイヤー。
いかなる難関が立ちはだかろうと、攻略パターンを覚え、次々に突破してゆくその姿は正に英雄である。
今作のマリオの技「友人憑依」はこの動画が元ネタ。
RPG15話partAでの、ラピュタ城内部に突入したと同時に落下してしまうマリオも
恐らくこの動画内のステージのひとつが元ネタだろう。
この動画に影響を受け、自作の改造ゲームを友人にプレーさせるシリーズが
(やってくれる友人がいないので自分でプレーしました、というのも出た)いくつも誕生した。

余談だが、ミスが連続した場合は動画を編集してミスした部分のみ流れる(俗に「スーパーtktkタイム」と呼ばれる)が、
ステージクリアした場合はステージ選択画面からクリアまで動画の編集が一切行われない。
このため、大抵はスーパーtktkタイムの後にステージ選択画面が表示された時、
視聴者の多くは「これはクリアフラグか?」と勘付くのである。
これに倣って、あえてフラグを折る編集を行うプレイ動画も存在する。

マリオ攻略が終了した後は、同じうp主によるポケモンエメラルドの鬼畜改造版に挑戦。
全てが毒タイプ所持、2倍以上のレベル差などの圧倒的不利な状態においても
補助技やドーピングアイテムなどを駆使し、完全制覇を果たしている。

その後の二人だが、うp主は専門学校に行き、友人は製鉄所への就職が決まったため別れたそうである。さよなら友人。

なお、このシリーズは5/13現在、権利者により削除されてしまっている。
有志によって再うpが行われていたが、ついにアップロード禁止されていた作者による再うpが行われている。



上のシリーズの方が若干有名だが、
  • 超高難易度の改造マリオを友人にやらせる。
  • 絶妙な位置に隠しブロックを配置し、孔明と呼ばれる
という点で下記の動画の方が元祖といえる。
改造ポケモンへの移行についてもこちらの作者が先だった。

また、ニコニコRPGの31話のおまけ動画の作者コメントによると、作者の友人が鬼畜難易度ではないかと言われているトロッコゲームをあっさりとクリアしたらしい。
(ただしおまけ動画は作者自身がプレイしたものである)