青眼の究極嫁

元ネタは「青眼の究極竜」(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)。
「遊☆戯☆王」に登場するカードゲーム「デュエルモンスターズ」を代表するモンスターカードの一枚、
青眼の白龍」が3体融合したモンスターである。
なぜ嫁と呼ばれるかは↑の項目を参照。

(※以下「アルティメット」と記載)

攻撃力4500/守備力3800を誇る、☆(レベル)12の最上級融合モンスターである。
海馬いわく「史上最強にして華麗なる究極のモンスター」。遊戯もその強さを認めており、
アニメで「攻撃力ではオベリスクをも上回る」「海馬デッキ最強のしもべ」と発言している。
攻撃時の技名は「アルティメットバースト」。3つの口から超強力な熱線を吐いて攻撃する。
また、遊戯が持つ「カオス・ソルジャー」と融合することで
デュエルモンスターズ界で究極と言われる攻撃力5000のモンスター、
「究極竜騎士」(マスター・オブ・ドラゴンナイト)となる。 *1

劇場版ではフィールド上の「青眼の究極竜」をリリースする事でのみ召喚できる
「青眼の光龍」(ブルーアイズ・シャイニングドラゴン)というモンスターが登場した。
だが、こちらもOCGではその召喚条件から非常に扱いが難しく、あまり採用されない。

原作では、「決闘者の王国編」において初登場。「死のデッキ破壊ウイルス」の効果で
上級モンスターを大量に失った遊戯に対し、最高の形でとどめを刺すべく融合召喚された。
しかし、融合素材の「青眼の白龍」は単体でも3000の攻撃力を備えているが、
それが3体融合して攻撃力4500というのは割に合わないと言わざるを得ない。
そのため、しばしばニコニコでも「3000+3000+3000=4500(笑)」などとネタにされる *2

そもそも、世界に4枚(破ったものを除けば3枚)しかないカードを3枚積みしなければ召喚できないことからして、
突っ込み所満載のモンスターである *3

実は、原作マンガでのアルティメットの扱いは、アニメやOCGとかなり違う。
アルティメットは3つの首を持っているが、そのすべてが攻撃力を備えている
(=実質、攻撃力4500のモンスターが3体並んでいることになる)。
さらに、「決闘者の王国編」では、初期型デュエルディスクの仕様上1体しかモンスターを実体化できず、
いかに1体のモンスターを強化していくかが重要であった。同時に、「手札を直接攻撃できる」
「手札のモンスターに攻撃が当たった場合攻撃表示扱いでバトルを行う」という特殊なルールが存在していたため、
攻撃力4500のアルティメットはまさに「強靭!無敵!最強!」なモンスターだったのである。
しかし、それでも遊戯は奇策を打ち…。

また、「バトルシティ編」やアニメオリジナルの「乃亜編」「ドーマ編」にも登場。
バトルシティ編では、その攻撃力と原作効果によって遊戯のモンスターを一掃しようとしたが、
アルティメット融合を読んでいた遊戯に対策を打たれ…。

実は、海馬は青眼3体でそのまま攻撃していれば勝てる状況下でもわざわざ3体融合に拘り、
その結果敗北してしまうことが多い。そのため、ニコニコでは「究極嫁は死亡フラグ」とまで言われている。
ニコニコRPGでは当然そんなことはないので、ガンガン使っていこう。

ちなみに、作中でアルティメットを一番うまく使いこなしたのは他ならぬ遊戯。
アニメオリジナルの乃亜編で、融合状態からの相手モンスター撃破(1700)→
融合解除からのトリプルバーストストリーム(3000×3)という鬼のようなコンボを成立させ、
1ターンで10700ものダメージを叩き出し、100倍差のLPという絶望的状況から勝利を手にした。 *4

関連動画


  • 上記の乃亜戦でのアルティメットバースト→トリプルバーストストリーム(8:32~)。「海馬デッキ最強のしもべ」もここから


                           ─────r──ァ
                     ,, ´          廴/
                /            /
                /               /       ───……………──  .
                /                 |   ,, ´                  /⌒\
.             /             /     :| /    ,, ´ ̄ ̄ ̄ ̄         {__ ヽ
          /      /      /     /   :|  ̄ ̄/   ____         /    \|
          /     ./      /     /     :!     ̄ ̄  /           /
       ,        /      /   /\   ∧     /_ ,,─────
      /       ./   / ,:'  /    \ /  ',  /|   ̄  ,∠⌒>   弋ァ  `丶
.     /     ./   /  / / ∧     /   / |     ./ <⌒丶   _,:vvイ^^^ア
    /      /   /  ,:/  / : ',  ∧ \ /   ',   / ∠___   (>:::::::::rv'^´
.   /    //  ./       〃  i ∨ ∧_ :|\   }  / /\ / / マ⌒ヽ/>
   ,    ./ .′./       :|\{{  .|  :}/  }:ヽ   \/ / ∧\ // {_ マ   }>_
      /   |/         |     i    .ノ}  \    / /  ヽ//l    {、マ /ア_\\
  | /              ',    :   //\  \ { {\/}  /─=ニ\}∧  } \
  |′                   ,_   i   .//\/777 } ', ヽ / /777777ヽ }__{\   \
                    | } ト {∨} | | /`¨}⌒}ハ \/} / /./././././ ノ \\ }    ',
                       /∨ ヒ} { } イソ/./ /|  |:  \//./´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/< ⌒`\r、 ヽ
                // ', {、 : /} ⌒く  ∧ .,'{ \//{/{、         \.{`⌒ く|、` |
                    // / ∧ ヽ//7⌒ヽ}∧ |/  ///   {ヽ             \ {ミ \|
                    /´|/|/  ',Vv/ ./\  :ト、\ ./// \ )ノ´ ̄∠⌒ヽ       \{
                           ヽ∧/   \| \V.//\  `¨¨´ ̄ ̄ヽ}`ヽ
                            ハ   / \ //∧  ヽ         | ,ハ\
                        }∨ {   ∧ \.// {  \  }       |/∨∨
                           {/_廴/  V / / {⌒廴_丿
                          /  { ̄    {∧ / / ∧    \
                       /_/ |_|     \ ∨ / ∧     ', ___
                       / }⌒} }         \/ / |ハ|ハ|ハ|77777>
                   // //             ー‐|  }  } } ̄ ̄ ̄
                         |/l/            |/|/ |/