鏡音リン・レン

黄色くぶッといロードローラーッ!

鏡音リン・レン(かがみねりん&かがみねれん)

クリプトン・フューチャー・メディア社発売の、
VOCALOID2によるキャラクター・ボーカロイドシリーズ第2弾。
初音ミクの妹&弟に当たる。
「鏡に映ったもうひとりの異性としての自分」というコンセプトで製作されており、
このソフト一本で少女・少年の2種類の声を使って曲を製作できる。
キャラクターデザインはKEI氏、
ボイスデータの提供は下田麻美さん。双海 亜美・真美の声優と同じ人である。 *1
「鏡に映った~」という説明にはなっているが、多くの場合双子であるととられる。 *2

ミクよりも声質のクセが強いため、若干扱いにくい印象もある。
後に修正パッチ「ACT2 *3 」が出、ACT1購入者全員に無償で郵送されるなどの対応もされたが、
ACT1に比べ必ずしも質の良いボイスデータであるとも言い切れず、またACT1は以後市場に出回らなくなるなど、
微妙なことになってしまった感もある。

ニコニコRPGでは、14話ミクが「製作中である」と話したことで存在が示唆された。
またこの時に双子設定であるとも言われている。
ちなみに動画14話の投稿は鏡音リン・レンの発売後すぐであり、SD2氏が本編を作っていた時は本当に製作中だったと思われる。
実際に登場するのは後にDIOが戦闘の際に使用してくる「ロードローラー」にて、
エフェクトとして降ってくるロードローラーに2人が搭乗している、というものだった。
注意しないとなかなか分からない。(2人とロードローラーの関係については後述)
最後にエンディングミクパートにてまともな登場を果たし、無事誕生した後であることが分かる。
どこかで聞いたようなセリフを発しながら、ノリノリで歌手活動をしていた。
ちなみに、そのセリフに対してミクは「奇妙なデジャヴを感じる」と言った。

ニコニコ動画では、ミクのネギ設定に続き姉MEIKOや兄KAITOにも「アイテム」が定着したことから、
発売以前、情報公開当初から「リンには何を持たせるか」が長らく話題になっていた。
ミクのネギと絡ませてタマネギだ、いやいやミカンだ、タクアンだヒマワリだ、
発売直前になって「鏡音レン」の追加情報が出てからは「レンには何を持たせよう!?」「リンのアイテムはレンだ!」など更に混乱、
黄色い物、振れる物、様々な案が出されたが、もともと偶然定着したミクのネギとは違いどれもこれといった決め手が無かった。
しかしある日突然、埋もれていたはずの
『初音ミク「すいません・・・、鏡音リンを予約したいのですが・・・」』という動画が注目され始める。
「だからリンは、 ロードローラーが似合うと思うけど… 」というセリフに注目した一部のP(プロデューサー)により
急進的な支援が行われ、発売直後にはノリのいいロードローラー派が次々と現れた。
しばらくは他派閥も粘っていたが、「みくみくにしてあげる」の替え歌動画
『【鏡音リン】ぶっちぎりにしてあげる♪【ロードローラー最速伝説】』により、完全に決着した。
この一連の流れは(キャラ設定をファンに丸投げした)「クリプトン最大の誤算」とも呼ばれ、しばしばタグにもつけられる。
また以上の経緯、そしてロードローラーが元々悪役の技である事もあってか、二次創作ではミクに比べ若干黒い性格で描かれる事も多い。

ただし、他のVOCALOIDも合わせて、定着した「アイテム」たちは
存在を認知させ盛り上げるきっかけとしての要素が強いもので、時が経つにつれて存在感も薄くなっていく。
VOCALOID関連のネタとしては根強く、ネタのある動画ではよく見かけるものの、
ロードローラーはその大きさ、重機という存在上安易にネタに使いづらくもあり、
リン=みかん、レン=バナナという認識も強くなってきている。
またいずれにしてもあくまでネタに過ぎないので、VOCALOIDと見ればアイテムネタ…という反応は、
ファンにとってあまり気持ちの良いものではない。動画の空気は読むようにしよう。

関連動画

ロードローラー発祥の動画

決着ゥ!!

ニコニコRPGで使用されたリン・レンの絵はここから

その他のロードローラー動画

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1899209


                       ,.  ---一 7
          、--―‐ 、     /       / ,ィ .!{
           }     \   /          j 〈 L. | ヽ.---- 、,.----- 一'}
          }      }/f ./        //  |  \--/ /  ,.-一 /
             '.   ー一Y´{/一 ´   / ヽ.  /ヘ、   `  { /    /
           \ __,x<⌒ ー一x ⌒ヽ   ∨/ _>           <
             /    〃ー‐┬ \  } | | ̄ ̄     _,.イ   \ _≧=-
               |== |\〃   |l     'vクi |厂__ ̄`} ̄ ,リ1   ヽ\
               |== |/⌒ ー一 ァfィ寸 :! ! | |f{しkハ    〃-|     | ̄
               |   |ヽxfィ㍉   弋t'| | | j 代.ン′   rfィハレ{    :!
               |   |.ハ代り ,    | |T´ |ハ     , {ソ/ ,ハ   |
             \ :!\ ト、   t フ/|/ヘ.  トミ≧ ` ‐  /⌒ヽ| \ :!
                  ヾ }ヾ `ニァ1::::/  }ヽ!:::∨:\一 ´        ヾ
                   ノイ}/}/ブ:::/    {:::::::::::ヽ ̄l\
                 ___ r「{/::イ ヽ. 02 マー―-ミリ:/ハ
             /__≫レイ02Lノハ.   'v 〉   にハ/
      /⌒>ー'/   /   }  ハr一ハ  ∨ /  { {
      ´ ̄ ̄`ヽ/        /   :{ァー、::'.   ∨   \\
.            /        /    /   ∧ム.   '.     \\
            /,.一ァー‐一 ´   〈  _〈ハ,Z_ }       \\
          {′ /          Y´ ̄∨ ̄ ̄ヾ}       \`  、
          /___      /ヘ:::::::/:::::::::::::::;ハ、        \  ` 、
            {    | `\   f   iヘ/:::::::::::::::/   \        丶.  \
             \   {     \    :|/:::::::::::::::∧.    ヽ       '. \  \
            \_,′     \_,/:::::::/7::/::::》,     \        ',  ヽ   }
                r┴――――┴r/:::::::/ /::ハ::::::》,            }   '. /
            にマ}}二二二{に7:::::::/ /:::ハ ',:::::::》,⌒::ー―-- 、_,/ヘ   V
              /: : k{_: :/:⌒ヽ: /:::::::/_/::::ハ:ヘ_,〉:::::::》,-一::::::/::/7::::}:::::::∧
              /⌒\Vハ: : : : : : {ニニニミx| |:::::::::::::::::::{:::::::/::::::/マ:!::::{::::::::::::ヽ.
          /⌒\  Vハ: : : /し'_| l | | |》 |二ニニニユ::::::::://マ:::|:::::|:ヽ::::::::::::\
            /     \ Vハ≦:_:_:_:_}l_リ_リ .|l | | |_| |ム.〉::::/::::/マ:::::j::::ノ:::::}::::::::::::::/\
.           /     /_,ンVハ--┬┘Vハ   |LLリ::!ノ:::::::::/::::/マ:::::/:イ:::::::::}::::::::::::::::/ ',
          /     / | マ\ |   }7}.  ヾv{::::::::::::::::::::::/マ::::::::::∧::::::::{::::::::::/ /:》
       /     /  l   \ム≧≦ソ     ヾx_:_:_:_:_/ン':::::::/:::::::::::::::::::/ ///
.      /     /   l      !        /::::` ̄ ̄´::::::::/:::{\::::__;;/ //V/
      /     /     .l    |         / \::::::::::::::::::::::::::::::/| 〈_,〉ン:´/   '.
.     /     /     .!   |      /::\{{` ー――――1  ` ̄ ̄ 〉    ',
     {      ,.イ、      l    |      \::::::`:::ー---------{   ,r一《    〉
.      ヽ.  / /::::ヽ    !   ハ          ` ーt、:::::::::::::::::::::::::::}  /::::::::::ヾ、  /
      ∨./:::::::::::ト、     '.   ハ、         ノ ` ーr‐一 '´  /:::::::::::::::::::マ´
       {´:::::::::::::::::l::::\   'v/:::::::}       「::::\__/     /::::::::::::::::::::::::j
         \::::::::::::::::::::::::::ヽ  j:::::::::::::{       /:::::::::::::::::;}   /:::/:::::::::::::::::::/
         'v::::::::::::::::::::::::::》, .{::::::::::::::ヘ      /:::::::::::::::::::f ./:::::::/:::::::::::::::/
          '::::::::::::::::::::::::::::》,|::::::::::::::::ハ     '::::::::::::::::::::::レ'::::::::::::/::::::::::::/
              ':::::::::::::::::::::::::::::》,::::::::::::::::ハ   ,'::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::/
             ':::::::::::::::::::::::::::_ム::::::::::::::::ハ  .f:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/
             ':::::::::::::::::::/´:::::ハ:::::::::::::::::} ム--、:::::::::::::::::!::::::::::::::::::::/
             '::::::::::::::::{::::::::::::ハ:::::::::::::::∨::::::::::::',::::::::::::::!:::::|:::::::::::/
                }::::::::::::::::'、::::::::::::}::::::::::::::f::::::::::::::::i|:::::::::::::!:::::|::::::::イ
            j::::::::::::::::::::` ̄´ム:::::::::::::|:::::::::::::::;リ::::::::::::::\:'、:::::::、
             /::::::::::::::::(⌒)f´::::|:::::::::::ム_:_:_:_:ィ/::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
            {::::/⌒\:::::::::::`ーノ:::::::::ノ:::::::::::::::}::::::::::::::::::__::::::}ィ⌒::::}
           `二ン′ __,ンー‐く::::::::::::{::、:_:_:_:,ノ:::::::::::/´::::::ノ {::::::::/
              /    {  > '⌒\::::::ヽ:::::::::::::::__;/⌒`<ー、 ` く
             に二二´ノ └=='⌒`ー‐`ー一'⌒ヾ======’ ヾ='′