ツンデレ

基本的に、以下の3つの行動、もしくはその行動をとるキャラクターを示す。
  1. 他人といる時はツンツン、二人きりになるとデレデレ
  2. 出会った当初はツンツン、後にデレデレ
  3. 表面上はツンツン、内面ではデレデレ *1
特に三番目のタイプが多い。キャラ付けがしやすいからだろうか。

いわゆる「萌え要素」の中でもかなりポピュラーなものであり、一般的には女性キャラクター(特にヒロイン)に多いが、男性キャラクターにもいないわけではない。
その代表例としては「遊☆戯☆王」の海馬、「美味しんぼ」の海原雄山、「DRAGON BALL」のベジータ、「バキ」の烈海王等がいる。

声優の釘宮理恵は「灼眼のシャナ」のシャナ、「ゼロの使い魔」のルイズ
「ハヤテのごとく!」のナギ等ツンデレキャラを数多く演じているため、
「ツンデレの女王」(ツンデレクイーン)と呼ばれている。
また、「キモい!」や「死んでしまえ!」等の発言を某男性声優相手に使うが、
本人曰く「好きな人にしか言わないよ(はーと)」らしい。
遂には彼女のツンデレボイス満載の「ツンデレカルタ」や「ツンデレ百人一首」などが作られている。

ニコニコ動画の「ボブの絵画教室」の動画では、コメントの投稿者がツンデレになることを要求されている。
詳細についてはボブの項目を参照。

ニコニコRPGでは8話において、海馬の遊戯に対する発言の意味を魔理沙ミクに説明するためにこの言葉を用いた。
RPGの登場人物の中では海馬の他にアリスハルヒ、敵の水銀燈、サブキャラのかがみらが該当する *2
ある意味魔王ハートマンビリーも含むかもしれない。

関連動画




↓※百合キス描写有り。苦手な人は注意

http://www.nicovideo.jp/watch/sm807809