ニコニコ動画

ニコニコRPGができるきっかけとなった動画サイト。ゲームそのものの元ネタといえる。

動画を手軽に投稿・再生できる事で話題になっていた海外サイト・YouTubeの人気を受け2007年にβサービスを開始。
当時動画を流すだけだったYouTubeと違い、動画にコメントをつけられるという斬新な機能が話題を呼び *1
瞬く間に日本国内最大の動画関連サイトとなった。
サービス開始当初はYouTubeの動画を利用したものが大半であったが、サーバーとの接続を遮断されて以降は
「SMILEVIDEO」と呼ばれるサーバーに投稿された動画を主に利用している。
幾度かのバージョンアップを経て、現在 *2 では「ニコニコ動画(原宿)」としてサービスを行っている。

上記の通り、動画再生中にコメント欄にコメントを入力する事で動画上にコメントを流す事ができるのが最大の特徴。
これにより不特定多数のユーザーと実時間を超越した擬似的なライブ感を共有する事ができる。
例えばアニメ等であれば展開の実況や感想、音楽であれば曲に合わせて歌詞を表示するなど、楽しみ方は様々。
このため既存の動画だけでなく自己作成の面白動画やゲームのプレイ動画、アニメ等のMADを投稿する人も多く、
そういった動画の投稿者を「UP主」とか「うp主」と呼ぶ事も多い。
またそういった動画に対し絶妙なタイミングで絶妙なコメントを残したり、コメントでAA(アスキーアート)を
再現したりする人は「職人」として評されたりする事もある。

また投稿動画にはタグをつける事も可能であり、内容に則したタグをつける事によって動画の検索をスムーズに行える。
これを利用し、関連性の全く無さそうな別のものを関連づけて検索できるようにする事も可能である。
例えば、自分で作成したゲームの動画を投稿する際、投稿者がタグに「ゲーム」と入れる事で、
そのジャンルが好きなユーザーにゲームの存在をアピールする事ができたりと、中々役立った機能とされている。

サービスの楽しさもあって当初はアニメの本編やかなり際どい内容の動画も目立ったが、
ニコニコ動画がメジャーになっていくにつれ著作権侵害に対する監視が厳しくなり、現在ではアニメ本編はもちろん
有名なMADであっても権利関係などで容赦なく削除される例が多くなっている。 *3 *4
また一応「R-18」タグはあるものの、完全なエロ動画や明らかに公序良俗に反する内容の動画の投稿も禁止である。
またバージョンアップのたびに様々な新機能や新サービスが追加されているが、
時報や広告の増加、有料サービスとの差別化による無料サービスの利用制限の強化など、
快適な動画の投稿・閲覧が難しくなっている点が一部ユーザーから問題視されている。 *5

関連項目

ここではニコニコ動画公式及びオリジナルのもののみ表記。
ニコニコ動画以外に原作が存在するものに関しては元ネタ辞典を参照。

公式関係

タグ

その他