ウルトラマン

「ウルトラマン」は、円谷プロダクションが製作し、1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00 - 19:30に全39話が放送された特撮テレビ番組、およびその劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。

M78星雲「光の国」の宇宙警備隊員であるウルトラマンは、宇宙の墓場への護送中に逃亡した宇宙怪獣を追って地球へやってきたが、
科学特捜隊のハヤタの操縦する小型ビートルに誤って衝突し、ハヤタを死亡させてしまう。
責任を感じたウルトラマンは、ハヤタに自分の命を分け与えて一心同体となり、地球に留まる事を決意。
科学特捜隊が危機に直面した時、ハヤタはベーターカプセルを使用してウルトラマンに変身し、怪獣や宇宙人と戦う。

ニコニコRPGでは、ロックマンの必殺技の一つで、彼がウルトラマンの必殺技である スペシウム光線 を発射する。

ここの元ネタはかの有名な「思い出は億千万」の歌詞より。

なお、RPGでは億千万の歌詞にならい「腕でL字をつくって」発射しているが、これは ウルトラセブン の必殺技、 ワイドショット の構えだったりする。
スペシウム光線は初代ウルトラマンの技で、両手を十字に構えて発射する。

だからウルトラマンセブンじゃないと何度(ry


関連動画