八頭身魔理沙

33話マリオスーパーキノコを奪ったことで八頭身になった魔理沙。無駄にリアルチックでちょっとキモい。
ニコニコでは漫画「ベルセルク」の登場人物グリフィスに似ていると言われる事がある。
流石のアリスもショックだったようで、医務室でうなされていた。

初出は黄昏フロンティアの同人ゲーム「Super Marisa Land」。
このゲームにおける魔理沙はキノコ(しいたけ)を取ることで二頭身→三頭身→四頭身と大きくなっていき(当たり前だが一頭身は無い)、
大きなキノコ(ハッスルキノコ)を取ると、その時点の2倍の等身に変身できる。
三頭身の時にハッスルキノコを取ると原作と同じ六頭身魔理沙になり、弾幕が撃てるようになる。
そして四頭身の時にハッスルキノコを取ると八頭身魔理沙になり、
New スーパーマリオブラザーズ」の巨大マリオのごとく体当たりしただけで敵やブロックを壊せるようになるのである。



なお、同サークルの「MegaMari~魔理沙の野望~」にも敵として登場している。

また、M.U.G.E.Nにも参戦しているので、ニコニコRPGのはそちらが元ネタかもしれない。

なお、本作にて八頭身になったときの魔理沙の台詞は、バンドサークル「石鹸屋」の、
上記元ネタをモチーフにした楽曲「THE MARISA」が元ネタになっている。
↓動画の1:30から。

手書きPV(3:40から)