宇宙意思

「我、ガイアと共に在り」


第33話で、M.U.G.E.Nでフルボッコにされていたクラッシャーが使用した、M.U.G.E.Nオリジナルの改変キャラクターで正式名称は「神オロチ」。ベースキャラは「KOF'97」の最終ボスである「オロチ」。

元ネタであるオロチをはるかに凌駕する性能を誇りMUGENキャラの中でも最強クラスの一人である。
圧倒的な弾幕、全回復技、即死超必など並みのMUGENキャラでは触れることすらかなわない圧倒的な能力を持ついわゆるチートキャラと呼ばれる存在。
しかし決して勝てないわけではなくキャラによっては勝つことも可能。(もちろん相手にも神オロチと同程度の性能が要求されるが)
強さ以上に目を引くのがその攻撃の美しさ、派手さ。
その激しさとキャラ名から、しばしば神オロチなどの神キャラ同士の戦いには「神々の黄昏」「神々の戯れ」などのタグがつく。

情報統合思念体とは何の関係も無い。

神キャラ

神オロチに代表される改造キャラ達は通称「神キャラ」と呼ばれる。
名前の頭に神と付けられたものが多いことと文字通り神の如き強さから付けられている。
MUGENキャラはニコニコではその強さからかみ、弱、並、強、凶、狂、神の順にランク付けされており、その中でも最高ランクである。(厨等のマイナーなランク付けも存在する)
そもそも当たり判定が存在しない、負けるとMUGEN本体を強制終了させるなどのインチキ性能を持つ「論外キャラ」と呼ばれるキャラクターも存在するが、神オロチはじめ多くの神キャラには当たり判定の無いキャラクターに当たり判定を無理やり作り出すスクリプトが実装されており、ダメージを与えることが出来る。

他にも、10秒ほどで全回復するほどの超回復能力、開幕即死攻撃、全て即死攻撃、投げ・当身を無効化する、常に画面全体に攻撃判定、タイムアップ直前に全回復する、ライフケージ3割以上を失う攻撃を無効化する、エラーが出るスクリプトを相手に読み込ませて強制的にライフをゼロにする、MUGENそのものにバグを起こし勝敗判定をスキップして負けを無かったことにする、挙句の果てに延々とスペルカードを宣言し続け戦闘を終わらせないため、『絶対に負けない』などのインチキ一歩手前の能力を持つものも多く、強キャラ程度では勝つ以前に次元が違いすぎるのである。
しかしそれでも負けるのがMUGEN、今日も神キャラ製作者達は研究と対策に余念が無い。

当たり前のようだが、対人戦で使うレベルのキャラクターではない。
トーナメントでは狂、神キャラのみで組まれた大会で登場することがほとんどである。
神キャラ同士の時には1秒で瞬殺、時にはタイムアップまで両者ノーダメなありえない戦いは「神々の黄昏」と呼ぶにふさわしい。


参考としては、ここ(ニコニコMUGENwiki:宇宙意思)や


(厳密にはこっちに出ている神オロチは宇宙意思より弱い地球意思というキャラ)
など。

神々の天地創造の図(1:20から)

ニコニコにおける神オロチ
+ ...