チート

cheat=直訳では「ズル」あるいは「騙す」という意味の英単語。日本で「カンニング」と呼ばれる試験などでの不正行為も英語では「cheating」という。
日本では一般には改造ツールなどを使用して、ゲームなどのメモリを改変する行為をさす。
海外ゲームなどでは最初からゲームに組み込まれており、「チートコード」と呼ばれるパスワードを入力する事で裏技として使えるものもある。
RPGで例えるなら、最初からLv99・ステータス全開・資金MAXなど、
アクションゲーム等なら「ずっと無敵」状態などにもできるわけである(ゲームによってはできない事も)。

普段は忌み嫌われているが、これを使うことによって通常のプレイではできなかった行為
(RPGの負け確定イベントで勝つ・没データで遊ぶ等)ができるため、一概に「ズルだから使う奴は駄目人間」ともいえない。
また、非公式パッチのようにROMデータそのものを改変する行為も通常チートとは言わない。
とは言え、一人で楽しむゲームならともかく、通信対戦やネットゲームのような対人用ゲームでチートを使うのは明らかにルール違反であり、最悪 犯罪行為 として訴えられかねないので注意しよう。

これが転じて「オーバースペック(反則)な能力を持つもの」をチートアイテム、チートキャラと言ったりもする。

略して「升(しょう、ます)」と呼ばれる事があるが、これは「チート」の伸ばし棒を「チ」に繋げて
半角カタカナにした際の「チト」がそう見える点から。

本作では暗黒長門の技で出てくる。
発動する際に言う無敵無敵無敵無敵無敵無敵というのは↓のMUGENの長門の紹介動画が元だったりする。

また6話魔王戦および14話Nice boat.戦の強制負けイベントにおいて、勝ってしまった場合は「チート乙^^」と言われタイトルに戻される。
ちなみに倒さなくても話が進む13話のNice boat.戦や荒野エリアエイプマン戦、および強制負けイベントであるはずの32話魔王アナゴ戦で勝ってしまっても倒さなかった場合や負けた場合と同じように話が進む。
(無論チートしなければほぼ倒すことは不可能だが…)

また、ニコニコでチートといえばチート王とも呼ばれる王様(闇遊戯)が有名である。
バーサーカーソウルに代表される必要な場面で必要なカードを必ず引き当てるその強運は
しばしば「積み込み」「チート」と呼ばれることが多い。
なお、戦いの儀において、彼自身が引きたいカードを引ける能力があると暴露してしまった。まさにチートである

他にも、ポケットモンスターシリーズに登場するある人物は、 普通は覚えられない技をポケモンに覚えさせていたり、新化するLVに達してないポケモンを持っていたり、いくら悪の組織とはいえポケモンに人に対して「はかいこうせん」を撃たせたり、もちものの重複違反をしたりする などというチートじみた行為をしている。

関連動画