Exひろし

たすかったぜ

Exひろし(イーエックス-)

Windows3.1時代にゲーム作成ソフト「Klik & Play」で制作されたアクションゲーム「 呪いの館 」の主人公(?)。ゲームの作者はHN:三角おにぎり(NiftyのID:VEL01212)さん。

ゲーム内容はカオスとしか言い様がない。
例を挙げれば、
  • 主人公がやられたときに「 イ゛ェアアアアア!! 」と叫ぶ(もともと「Klik & Play」に収録されている音声)。
  • やられても倒れたり消えたりせず、絶叫しながら仰向けで昇天していく。
  • ジャンプのモーションがコマネチの如くクネクネしている。
  • 敵が妙にデカくてグロい(これも「Klik & Play」に収録されているもの)。
  • 途中で拾う「宝石のようなもの」を敵に大量に投げつける。
  • 時々現れる「予言」が妙に具体的。かつ断定的。最早断言。
  • 焦燥感を募らせるBGM(曲名「熊蜂の飛行」)、S●ftbankのCMで有名なBGM(曲名「モンタギュー家とギャピュレット家」
  • 敵の弾の発射間隔が異常に短くかなり難しい。
プレイヤーが操作する主人公の男が、配色や髪型などが「クレヨンしんちゃん」の野原ひろしに似ていたことから、そのまんま ひろし の愛称で呼ばれることになる。
館の仕掛けが理不尽なこともあり、とにかくよく死ぬ。断末魔の叫び「イ゛ェアアアアア!!」は必聴。

本家呪いの館では、ラストに巨大コウモリ(見た目は完全にプテラノドンなのだが)と戦うシーンがあるのだが、
その攻撃方法は「天使の剣」を抱えたまま敵に体当たりするという、シュール以外の
表現が見つからないものである。
また、クリア後のひろしのセリフ「 たすかったぜ 」と追加コメント「 つかまったぜ 」はもはや名言。

この巨大コウモリとのバトルシーンを、
有志の方がスタイリッシュなタイムアタックゲームにしたものが『「呪いの館」をスタイリッシュにしてみた』である。
本家でのシュールな戦闘はどこへいったやら、天使の剣を某世界200万本の男並にスタイリッシュに振り回し、
巨大コウモリを相手にとてもカッコイイバトルシーンを見せ付けてくれる。
でも攻撃を喰らうとやっぱり「イ゛ェアアアアア!!」と昇天…と、思わせて「アアアアアェイ゛!!」と逆再生で戻ってくる。

ニコニコRPGに敵キャラクターとして登場するのは、このスタイリッシュな方のひろしだと思われる。
また、同時に現れた敵キャラも同じ断末魔を叫ぶ(RPGツクール2000の仕様で特定の敵のみのSEの指定ができないため)

ちなみに、元ネタゲームのデータ上では「 面白い人 」という名前がついていたりする。


ステータス

MHP MMP 攻撃力 防御力 精神力 敏捷性 経験値 所持金
750 10 230 100 140 240 500 600

本家「呪いの館」

スタイリッシュVer.(通称「呪いの館Ex」)




「呪いの館」関連の作品のダウンロード及び攻略は以下のwikiを参照。
呪いの館@wiki