M.U.G.E.N

Elecbyte(エレクバイト)によって開発された、フリーのパーソナルコンピュータ用2D格闘ゲームエンジン。
DOS版・Linux版・Windows版がある。一般的に「ムゲン」「MUGEN」と呼ばれる。

このゲームエンジンは非常に自由度が高く、商業2D格闘ゲームなどに見られる機能であれば、ほぼ全て実装可能。
さらに多くのキャラクターやステージの追加、アドオンで体力ゲージやキャラクター選択・タイトル画面などを変更できるほど。
ユーザーはゲーム、作品等といった既存の枠組みを超えた対戦が可能である。

ニコニコでも多数のMUGEN動画が存在し、クロスオーバー的なストーリーを持った作品や、
新開発されたキャラクター・AIの発表的内容の動画も多数アップされている。
特に人気なのがトーナメント試合の動画で、強キャラ(MUGEN用語のひとつ。キャラのプログラム的な能力設定や技の性能により「弱キャラ」「並キャラ」「強キャラ」という、一種の階級がある。更に「対戦中にライフがどんどん回復!」「じゃあ超必殺技に当たるとどんな体力あっても即死」「じゃあそういった即死技攻撃を無効にするプログラム設定」「じゃあどんな攻撃も当たらない設定」「じゃあどんな相手にも強引に当てるプログラムを・・・」などなど、強キャラの上をゆく無差別級といえる「凶キャラ」「狂キャラ」「神キャラ」「論外キャラ」と呼ばれる存在がある)達が今日も激戦を繰り広げている…。
ただし、この手の動画の常として、格ゲー作品ごとのアンチも多いので閲覧には注意。

具体例:
「格ゲーはCAPCOM製が至高」「あ?何言ってんのSNK製が究極だし」
「GUILTY GEARみたいなコンボゲーとかつまんねー」「サムライスピリッツの高火力の方がひどいだろ」
「MELTY BLOOD?BIG BANGBEAT?NITRO+ROYAL?原作がエロゲーとか軟弱」
「東方とかEternalFigherZeroとかうぜえ、萌え同人ゲーが商業ゲーと同じ土俵に立つな」
「何この超回復、ずるすぎだろ(北斗の拳やメルティブラッドに対して)」
「アルカナハートとかキモオタがやるゲーム」
「何だこのアレンジキャラ、技パクリすぎだし魔改造すぎ」
「何このオリジナルキャラ、作り雑だし製作者のオナニーキャラだろ」
「バランス最悪のトーナメントだな、うp主ちゃんと調整しろよ」

※あくまでMUGENを分かってない子達の戯言である。NGに突っ込んでスルーしてやってください。

また、この手のゲームの常として、MUGENそのものを嫌う相手もいるので、話題にする際は十分な注意を払おう。
もっとも、おおっぴらに街中で語れるようなゲームではないのだが。


関連項目


というか多くのキャラが関連している。
ニコニコRPG同様、有志によってwikiも作られているので、興味のある人は参照してみよう。