だよもん星人

永遠はあるよ…

34話で雑魚敵として登場する。

元ネタはかつてのちのKeyスタッフの多くが在籍していたTacticsから発売された
PCゲーム「ONE」のキャラのみずか。主人公・折原浩平をえいえんの世界に導く案内人である。
その姿は、浩平の幼馴染である長森瑞佳の幼少時代の姿をモチーフとしている。
モチーフになった瑞佳が語尾に「~だよ」「~もん」を連発することから、
劇中「だよもん星人」などと言われ、彼女もファンから「だよもん星人」と呼ばれている。名称はここから。

ニコニコ動画では、MUGENの神キャラの一人である「 イグニスUnknown (~アンノウン)」が有名。
良AI、強力なアーマー等、並キャラを遥かに凌ぐ性能を備え、全画面即死攻撃の「えいえんのめいやく」でほとんどの敵を葬り去る。
また、とあるトーナメントで優勝したことから神オロチの嫁と呼ばれることも。


なお、ニコニコRPGの視聴者から、これはイグニスUnknownではないのか?という指摘があるが、
グラは2001年ごろ黄昏フロンティアが発売した同人格闘ゲーム「EFZ」のものである。
(イグニスUnknownのグラはこれの色違い。EFZでは白いワンピース=通常型と同じ姿である)
ただし、未使用技に「むにかえろう」等、イグニスUnknownの持ち技を保有している事から見ても、
他の登場キャラと同様、あくまでクロスオーバー的な意味での「EFZのみずか」でしかない)
Unknownの技はEFZアーケードモードのボスとして登場する時のもので
プレイヤー仕様Unknownとは見た目こそ似ているものの性能面では一線を画した極悪な技を連発する。

えいえんの世界


ONEの設定の根幹であり、だよもん星人ことみずかが案内人として浩平を誘い込んでいる世界。
死後の世界のようであり、この世界に誘い込まれる人間はその1ヶ月前から人々の記憶から消えていく。
だれもが行くことができるが、戻ることは難しい。

ニコニコRPGでは、だよもん星人の特殊技「えいえんのせかい」によって与えられる状態異常「永遠」にその設定が反映されているようで、「永遠」状態になったキャラは行動不能となる。
一応自然治癒はするが、確率は1%ととても低く期待できない。
だよもん星人がドロップするアイテム「キャラメルのおまけ」により、永遠状態を回復することができる。

キャラメルのおまけ


完成版にて、だよもん星人を倒すと低確率で落とすアイテム。「永遠」状態を回復できる唯一の手段。
原作のキーアイテムで、幼少時の主人公がある人物に送ったカメレオンのおもちゃである。
えいえんの世界(およびその案内人のみずか)についての主人公のモノローグにて、
「いまさら、キャラメルのおまけなんて、いらなかったんだ」
という一文があることから来ていると考えられる。
キャラメルのおまけとは人によって解釈が様々に存在するため、何の比喩なのかは明確な答えはない。
その場面では主人公が、「ずっと子供であり続けること」(=「えいえんのせかいやみずか本人」)を否定していることから、RPGにおいても永遠から帰還できる効果がついているのだろう。

【対策】(オワタ、喰われを除く)
強力な全体攻撃に加え、全体の時間停止などが危険。捕縛も効かず、能力低下なども一部しか効かないので強力な技で一気に倒してしまった方がいい。
HPが高く、精神力の高いキャラであればダメージもある程度抑えられてどうにかなるのではないかというレベル。全体気絶などを持ってないが恐らくコイツが1番危険なタイプなのは間違いない。

ステータス

MHP MMP 攻撃力 防御力 精神力 敏捷性 経験値 所持金
4300 10 200 160 520 220 7200 1400