閉鎖空間

涼宮ハルヒの憂鬱シリーズにおいて、ハルヒの精神状態が不安定になると神人とともに出現する空間。
出現する頻度も場所も不定。現実の空間と構成するものは同じだが、全体に灰色がかっている。
通常、物理的な手段では侵入できず、特殊な能力を持つもの、もしくは特定の条件にあるものだけがそこに存在できる。

原作では古泉 一樹がその能力を持っており「超能力者」である。…というより、古泉が超能力を発揮できるのはこの閉鎖空間、またはそれに近い異空間の中のみである。
放っておくとどんどん拡大し、最終的には現実世界と入れ替わってしまうとされている。

たまに間違われるが、朝倉涼子がキョン襲撃のために作り出した空間は閉鎖空間ではなく「情報制御空間」である。

関連動画