サラス

ニコニコRPGの元ネタ「グランドソード」に登場したキャラであり、主人公。
ニコニコRPGにおいても、かつて魔王を倒したパーティの中心人物。
ニコニコRPG2章終了時点においては、ラピュタの壁画にて名前が出ているのみであり、本人は未登場。

ラピュタの壁画では、「勇者サラス」と紹介されており、一番まともな扱いを受けている。
関西弁エルフのシグナスや空気のメイルダイナマイトを仕掛けたミカなどと共に魔王と戦い、世界を救ったと伝えられている。

以下グランドソードのネタバレ注意(+を押して展開)
+...
ちなみにグランドソードの製作者のハンドルネームもサラスという。
元々のグランドソード主人公のデフォルトネームは「ラッツ」と言うのだが、主人公の名前を制作者と同じ「サラス」にしてとある場所へ行くと、パーティ全員のレベルがMAXになるという
裏ワザが隠されており、この裏技を使うために勇者の名前がサラスに変更された。

ニコニコRPGでは、第一話でピコ麻呂たちが魔王に
「今のお前たちでは私に勝てる力などないだろう。しばらく経験を積んでくるがよい」と言われなぜか異世界に飛ばされるが、
グランドソードにおいてもサラスが魔王に同じセリフを言われて(ちなみに、開始1分で魔王と出会う)異世界に飛ばされるのが
元ネタとなっている。

なお、ニコニコRPGでは勇者として扱われているが、実際は魔王に手も足も出ず瞬殺された。
その後は妹と天国で平和に暮らしていたが、最終章ではなぜか何の前触れもなく生き返り、
仲間たちとともに魔王との最終決戦の場にかけつけた。

特に理由もなく大勢の人を殺したデーモンに対し、
「おまえっ! そんなことでいいと思ってんのかよ!」という名言を残している。
これもピコ麻呂が雛見沢で大量虐殺を行った魔王に対する発言の元ネタである。