タミフル

10話にて入手できるアイテム。使用すると敵一体を暴走させる。

元々はインフルエンザの治療に服用する経口用の錠剤である *1
しかし元々その副作用が問題視されており、2007年頃にはこれを服用した10代以下の少年少女に
「自ら高所から飛び降りる」等の異常行動が頻発。
これが転じてネット上では「おかしな動きをする人物」などに「タミフル」という言葉を使うようになった。(誠に不謹慎なネタだが)
なお「タミフる」とすれば動詞としても使える。

しかし最近の調査ではタミフルを服用していないインフルエンザ患者にも異常行動の発生が確認されており、
異常行動の原因はタミフルではなくインフルエンザそのものにあるのではないか、ともいわれている。

最近のニュースから

タミフル:「服用、影響なし」 臨床試験の結果報告
http://mainichi.jp/select/science/news/20080618ddm003040177000c.html

ちなみに、現在でも20代以上の成人にはインフルエンザの治療薬としてタミフルが処方されている。
重ねて言うが 服用後の副作用には個人差があり、人によってはなんともならなかったりする。

ニコニコRPGでは敵を暴走させる戦闘用アイテムとして登場。
「一回の戦闘につき5回まで」という使用制限がついているが、これはタミフルを治療に用いる場合の
「通常の用法で5日間内服する」という数字からきたものと思われる。