レバ剣

アニメ版「らき☆すた」第5話でこなたが遊んでいたネットゲームに登場した武器アイテム「魔剣レーバテイン」のこと。
超レアアイテムの偶然の入手に感激したこなたが、
直後にゲーム内チャットにて思わず「 レバ剣拾った!!!! 」と発言した。
(オンラインゲームでは、アイテムにそういった特別な略称や愛称がつけられることがままある。)
一応「魔剣レーバテイン」という名前なのだが、アニメではひたすら「レバ剣」としか呼ばれないため、
らき☆すたファン、ひいてはニコニコにおいてはその略称で定着した。
というか、正式名称を知らない人も多いと思われる。

おそらく偶然だろうが、「レーヴァテイン」はよく炎の剣とされるのだが、
ソードマスターこなたの元ネタソードマスターヤマトの主人公ヤマトも「超音速火炎斬」という必殺技を使う。

大元は 北欧神話 の邪神・ロキの創った「 レーヴァテイン[Lævateinn] 」で、レーヴァは災厄・破滅、テインは枝・杖を意味し、「傷つける魔の杖」とも訳される。
ただし、詩の技法で「○○の杖」で剣を表すことがあり、剣であるとされることも多い。実際に数々のゲームやマンガで、強力な剣として登場することが多い。
北欧神話の巨人スルトが持つ、神々の戦争の際に世界を焼き尽くしたという剣としばしば同一視され、そこから「世界を滅ぼす炎の剣」というイメージが強いようだ。
一説では、氷の国で作られたのだから氷の魔剣ではとも言われている。
レーヴァティン、レイヴァテイン、レヴァンティン、レヴァンテイン、レヴァンデイン、レーバテインなど微妙に違う単語も多い。
 だが、原語( Lævateinn )を考えれば、ヴァの後に「ん」の要素が無いのにレヴァン~や、明らかにtの発音である中で~デインといったネーミングはあまり正しい名称とは言えない。

直近のネタ元としては5話の脚本を担当した賀東招二の代表作『フルメタル・パニック!』の主人公で、
らららコッペパン(の元ネタ)でもおなじみ相良宗介軍曹用の新型機「レーバテイン」という説がある(京アニつながりネタ)。
しかし、数々のゲームやマンガで「強力な剣」として出ている以上、単純に「強力な剣の名前」として決められたとも考えられる(そもそもゲームのアイテムの名前なのだから)。


また、元ネタを同じくするフランの「レーヴァーティン」についてもこの項で解説する。

『禁忌「レーヴァテイン」』

東方紅魔郷」にて、フラン本人が使用するスペルカード。彼女の代表的スペルでもある。
姉のレミリアも似たように北欧神話の武器を由来とするスペル『神槍「スピア・ザ・グングニル」』を使うが、
こちらは「フランのレーヴァテインと対になるスペルを登場させたい」という黄昏フロンティアの意見で
格闘ゲーム作品「東方萃夢想」「東方緋想天」にのみ登場したもの。
また、フランが立ち絵で持っている鞭のような悪魔の尻尾のような、
見方次第では弓にも見えるような物体もレーヴァテインと言われているが、
公式設定なのか「あれがそうじゃね?」的な二次設定なのかは不明。

カオス英雄召喚され現れるフランが使う技の1つだが、
何故か表記が違う(レーヴァ ン)。
何か元ネタがあるのか、それとも単なる誤字なのかは定かでないが、
前述の通り微妙に表記の違うものはいくつもあるため、僅かな表記間違いが大きなネタ違いになりかねない。

攻撃技としては炎属性を持つのでCCOの紅蓮腕(炎属性弱点化)と相性が良く、
ヘタをすると即死級のダメージを食らうこともある。


ニコニコRPGに関係のある他の同一のものを元ネタとするのは、
魔法少女リリカルなのはシリーズの守護騎士シグナムの所持する剣型デバイス「レヴァンティン」などがある。

関連動画

フランのスペルカード