DNA改造手術

元は「遊☆戯☆王」に登場するカードゲーム「デュエルモンスターズ」に登場する永続罠カード。
アニメオリジナルの「ドーマ編」でインセクター羽蛾が使用した。

効果は「発動時に1種類の種族を宣言し、カードがフィールド上に存在する限り
フィールド上の全ての表側表示モンスターは自分が宣言した種族になる」というもの。
単体使用でも使えないことはないが、種族に対応するカードを併用することで効果的な使い方ができるカード。
ちなみに、あの蟲野郎の場合は「虫除けバリアー」という「相手の昆虫族のみ攻撃ができない」カードを併用し、魔導戦士ブレイカーに効果で破壊されるまで遊戯の攻撃を封殺する事に成功していた。
特定の種族に関係するカードが新しく登場する度に、使い道がないかどうか試されるカードでもある。
また後に今度は「発動時に1種類の属性を宣言しフィールド上に存在する全てのモンスターは自分が宣言した属性になる」「DNA移植手術」と言うカードも登場した。

ニコニコRPGでは「虫除けバリアー」とのコンボが成立した時に、攻撃不能の状態異常を付加する効果を持つ様だ。