俺の~が火を噴くぜ!

Nice boat.が機関砲で攻撃する時に表示されるセリフ。
(正確には「俺」の部分が「Nice boat.」になっている)

直接のネタ元になっているかはやや時代が古いので不明だが、アメリカで71年から製作された名優クリント・イーストウッド主演の映画「ダーティーハリー」シリーズの、型破りな暴力刑事である主人公ハリーが悪党に愛銃を突き付けてスゴんだりするときのキメ台詞「 俺のマグナムが火を噴くぜ! 」からだろうか。ハリーの吹き替えを担当した、初代ルパン三世の役で有名な山田康夫氏の声で脳内再生しよう。ちなみに、この作品のヒットにより「44マグナム(が撃てるM29とかの銃)は世界最強の拳銃」という認識が広まったという。

スラング的な用法としては、マグナムを男性器に見立ることで性行為の暗喩として使われる事がある。

ニコニコ動画では「俺の~フォルダが火を噴くぜ!」というタイトルで
パソコン内のフォルダにある画像を晒す動画がいくつか公開されている。