ジョジョの奇妙な冒険

はっきり言うとこの作品のテーマは有りふれたテーマ - 『生きること』です。

週刊少年ジャンプで87年に連載をスタートし、20年を超えた今もなお掲載誌をウルトラジャンプに移して続いている荒木飛呂彦氏の傑作マンガ。
「波紋」や「スタンド」などの超能力を持った者たちの戦いを通じて
人間の素晴らしさ、いわゆる「人間賛歌」をテーマとして描いた内容で、現在のところ第1部から第8部まで存在する。

単純なパワーやスピードではなく、それぞれの持つ超能力の相性や駆け引きを重視する、
いわゆる能力バトル漫画の代表作といえる作品である。
ほぼ毎回に渡ってスリリングな頭脳戦が展開されることや、ヨーロッパ系のイラストをモデルにした日本的でない絵柄、
「荒木節」と言われる印象的な台詞回しや、ジョジョ立ちと呼ばれる登場人物達の奇抜なポーズ、
血が吹き出たり体に穴が開いたりするホラー&グロテスク描写の連発、同性愛の表現などなど、
鬼才・荒木飛呂彦独特のセンスが随所に光るライフワーク的作品。

ファンの異様な濃さを知っている人には想像がつくだろうが、以上の要素にフィットした人は
滅ッ茶苦茶ハマるので、クリエイター側のファンも多く、現在も様々なマンガ、アニメ、ゲームなど
他の作品にも大きな影響を与え続けている。
特に、ジョジョの大ファンとなった者を ジョジョラー と呼ぶ。
一方でこれらに合わない人にはとっことん合わないマンガ、とも。

ネコニャーン氏作の続編『ニコニコストーリー』では第三部『スターダストクルセイダース』がメイン級の待遇で扱われている。
ジョジョラー諸兄ならばハマること間違いなしなので、チェックしてみるといいだろう。



「これはジョースター家と、DIOという男の1世紀以上にも渡る因縁の物語である・・・」
+ 原作のあらすじとニコニコRPGで使われた名(迷)セリフ

関連項目

キャラクター

用語

関連動画