若き日の過ち

人類にはまだ早い。

元ネタはアスキーが発売したプレイステーション用ソフト「3D格闘ツクール」を使用した
『若き日の過ち』『続・若き日の過ち』という動画。

このゲーム、PSだから仕方がないといえなくもないが画質がひどい。
モーション設定も動きのパターンすら作られておらず、0から作らないといけないという不親切ぶり。
しかもサンプルはよくない代物。演出も不可能。おまけに喋らない。
例え「真面目に」作れても「ただのとんでもなく味気ない格闘ゲーム」になる。

ちなみに、この動画のように「真面目?」に作った人間なら
  • 体を折りたたむ。
  • 人を球体にして縦横無尽に駆け巡る。
  • カンチョー技の受け手を逆にする(しかしダメージは敵に)。
  • 基本立ち動作が首回転、浮遊、平泳ぎ、逆さ回転独楽。
  • ただ立ってるだけなのに一発でライフを0にする。
  • ただのパンチかと思いきや動きがブレる。
  • 分身してるかのような移動動作。
  • 人体関節の駆動限界を明らかに超えている動作。
などのことがよく発生する。
一度このゲームで遊んでみた人間ならわかるだろう。


このゲームにて、自身が作ったデータを発見したkai320という人物が
『若き日の過ち』『続・若き日の過ち』と称した動画をアップ。
そのあまりにカオスな出来栄え、キャラのタミフルな動きに笑う人が続出。
腹筋崩壊必死。一度は見てみることをお勧めする。

時々間違える人がいるが、シャアの有名な台詞「若さゆえの過ち」とはまったく関係がないので注意。
まぁ…これもある意味「若さゆえの過ち」で生まれた迷作なのかも知れないが。

ステータス

MHP MMP 攻撃力 防御力 精神力 敏捷性 経験値 所持金
1000 10 280 100 120 520 1500 1000

  • 音量が大きいので、視聴の際は注意すること。