天呪「アポロ13」

天呪「アポロ13」(てんじゅ・あぽろさーてぃーん)


配布版で永琳が落とすアイテム「天呪の符」によって魔術師タイプのキャラが一人だけ覚えられる技。
効果は魔属性3倍撃を単体に与えるというもの。完全な精神依存技なので、なるべく精神力が高いキャラに覚えさせたい。

なお魔理沙に覚えさせた場合、明らかに 他人から強奪したスペルカード であるにもかかわらず、
ピラミッドでのオワタ王の裁きの際には没収されず、普通に使用できる。

一応魔法攻撃ということになっているが、戦闘アニメで実際に落としているのは 人工衛星 である。

  • 習得させるキャラの一例。
    • 霧雨 魔理沙(精神力が高いが、強力な単体技に乏しい)
    • ボブ(精神力が高いが、攻撃技に乏しい)

元ネタは永琳が持つスペルカード『天呪「アポロ13」』だが、
その更に元ネタは実在の宇宙船アポロ13号。
アメリカの月面調査を目的としたアポロ計画の11番目のミッションであった。
アポロ13号は月に向かう途中で酸素ボンベの爆発事故が発生、
月面着陸は中止せざるを得なくなり、打ち上げから5日23時間後に地球に帰還した。
この出来事は『アポロ13』の題名で映画化もされたため、名前を知っている人も多いかと思われる。
(参考・wikipedia

余談だが、アポロ11号の月面着陸の際月に立てられたアメリカ合衆国の星条旗は、
漫画「東方三月精」並びに「東方儚月抄」にて、月の民によって抜かれ幻想郷のどこかに投げ返されたことになっている。

関連動画

スペルカード

東方サッカー版

関係無いがこれでも星条旗が地球に投げ返された