ジャンピング土下座

ジャンピング土下座(じゃんぴんぐ・どげざ)

最終話ロックマンパートでロックマンがDr.ワイリーにさせると言ったこと。

元ネタはロックマンシリーズの2以降にワイリーが負けると搭乗するロボもろとも吹っ飛び、着地と同時にロックマンに土下座して謝罪を始める行為。
後年この儀式は、少年ジャンプで連載されているうすた京介のマンガ「ピューと吹くジャガー」4巻のエピソードから引用して
ジャンピング土下座 」と呼ばれるようになった。
最終話の動画では フライング 土下座となっていたが、完成版ではジャンピング土下座に修正された。

しかし7回も同じ事を繰り返した結果、ついに温厚なロックマンの堪忍袋の尾も切れ、射殺されそうになるも、ロボット三原則を持ちだされ、ロックマンがためらったところをまた逃げた。(参考画像
しかし、英語版では 全くためらうことなく殺そうと している。
DIE WILY!! 」というあまりにもロックマンらしかぬ台詞は印象的である。 *1


ちなみにロボット三原則とは、SF作家のアイザック・アシモフ氏がある作中で掲げた
①ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
②ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
③ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
の事である。 *2
このロボット三原則は人間とロボット・アンドロイド等が共存する世界のSF作品でよく用いられる。 *3

関連動画

7までのジャンピング土下座を全て見れる。最後には衝撃的な裏技が・・・


                             _____
                     ,__/ ̄ ̄´  __、ヾ\`ヽ_、
                   _/       /---、 \`ヽ\ lヽ、\_  .,、
                 _/       / ̄ ̄ ̄~   \l `v'. \_⊥丿l
               ,/        ∠,──、_         ,─-ヘ、└二二ヽ
             _/         / ̄ ̄ ̄ ̄`      /´     \ヾ ̄\、
           ,/          <_/ ̄二二二ヾ  ,_  ._l´        `} .___ヽ,
         _/               /´__   / l/   -─、  _ ) \\/
      _/        l    し   l/ ∠- ̄`-l∂l <´ ̄~l   ノ,_< l~) .) !
    _/            \   \_}、__こう ┃ {⌒ヽヾ`ヽl ._/ヘ_丿丿l/
  ./           ____>── (   /   ヾ \_~r^ ├二丿彡l/
./             _____--─,) // ̄ /´l\  こ ̄--/<彡__/´
l                    /_,─r       L__l ヽ-λ_丿ミ二´  }
 ̄ ̄/7_             /  l´:::::::::::i       .l:::::! 彡   ._>     ,/´
  /::::`!、         /   {:::::::::::::ノ       .l:::::l´    /l      }ヽ
  l::::::::::::::\              l/  !       .{:::::i   /:::::}     l::::::::l
  \::::::::::::::` ̄ ̄\        丿   l        l l ./__l´     !、丿
    \___/ .` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´    {       .l L/     L____ゝ
                         ヽ____ゝ        (_○_⊃_⊃ゝ
                          (○○○○⊃