ドーピング

基本攻撃力を5ポイント上げるアイテム。

ドーピングとはスポーツなどの競技で、好成績を得るために薬物を投与したりする事を言う。
もちろん、オリンピックなどでは違反行為とされる。

また、ゲームなどでキャラクターを強化させる行為のことを指して使うことがある。
このようなアイテムを俗に「ドーピングアイテム」と呼ぶ。
ポケットモンスターシリーズでのタウリン、ブロムヘキシンなどがそれにあたる。
ポケモンのドーピングアイテムはHP・PPを上昇させるアイテムを除き
マジで薬品の名前なので、正にドーピングと言えよう。
しかし、ゲームにおけるドーピングとは、チートではなく正しい行い。
そこのところを勘違いされないよう、初代ポケットモンスターシリーズは、の攻略本などに
「現在、大会でタウリン等のドーピングアイテムの使用は許可されています。」
とちゃんとかいてある
ネタとして有名なドーピングと言えば、RPGとは少々関係ないが
「魔人探偵脳噛ネウロ」の「ドーピングコンソメスープ(通称DCS)」などだろうか。

+ ニコニコRPG以後に流行ったもの