一角獣のホーン

第8話にてデュエリストAが使用してくることのある技。単体の攻撃力を上昇させる。

元は「遊☆戯☆王」に登場するカードゲーム「デュエルモンスターズ」に登場する装備魔法カード。

「装備したモンスターの攻撃力と守備力を700ポイントアップ」できるカード。
このカードはフィールドから墓地に送られた時、デッキの一番上に戻るという特性がある。
この特性は強制発動するため、結果的にドロー阻害になるので利用価値はあまりないカード。

原作・アニメでは「決闘者王国編」において遊戯が度々使用しているが、全く役に立っていない。
原作では「限られたモンスターの攻撃力を700ポイントアップさせる」という極めてアバウトな能力。
「vsインセクター羽蛾」「vs梶木漁太」戦で「グレムリン」をパワーアップさせていたため
「グレムリン」専用かと思われたが、「vs海馬」戦では「グリフォール」、「vsペガサス」戦では「ルイーズ」に装備させており、
装備可能なモンスターの分類が全くわからない、非常に謎なカード。
なお、原作では電気攻撃を付随する効果があり、梶木の海を感電させようとするものの、失敗。
また、ペガサス戦ではこのカードが仇となってしまっている。
加えてインセクター羽蛾戦ではフィールドとの適性のあった羽蛾のモンスターに先手をとられあっさり破壊される。
海馬戦でもパワーアップした「グリフォール」で攻撃後、「青眼の白龍」の攻撃でライフポイントが激減してしまった。