攻撃封じ

元は「遊☆戯☆王」に登場するカードゲーム「デュエルモンスターズ」に登場する魔法カード。
正式には「『攻撃』封じ」と表記されている。

「指定した相手フィールド上の表側攻撃表示モンスター1体は表側守備表示になる」という効果を持ち、
攻撃力が高く、守備力が低いモンスターを戦闘破壊する為に使うカード。
しかし、通常魔法カードは相手ターンで使えず防御に使用できないため、登場した当初からすでに使われていなかった。
さらに「エネミーコントローラー」等といった上位互換が存在するため、使われることはまず無い不遇のカード。

原作・アニメではアニメ第一話で、「青眼の白龍」の交換条件として
海馬が提示したスーツケース一杯のカードの一枚。
アニメオリジナル「乃亜編」の「本田・御伽・静香vsBIG4(大田)」では本田が使用。
ルールを知らない静香が攻撃表示で出してしまった「デーモン・テイマー」を
「ギガテック・ウルフ」の攻撃から守るために使用した。が、BIG4に「フォースフィールド」で無効化されてしまう。
その後、本田の体を乗っ取ったBIG5との戦いで城之内が使用。
攻撃表示で危険な存在であった「お注射天使リリー」を守備表示に変更させ、撃破した。