ブレインコントロール

元は「遊☆戯☆王」に登場するカードゲーム「デュエルモンスターズ」の魔法カード。
原作及びOCGでの正式カード名は「洗脳-ブレイン・コントロール」。

「800ライフポイントを払い、相手フィールド上の表側表示モンスター1体を選択。
発動ターンのエンドフェイズまで、選択したカードのコントロールを得る」というカード。
禁止カードである「心変わり」の下位互換だが、実用に堪えうるコントロール奪取魔法の数少ない一枚として重要なカードである。
上級モンスターの召喚サポートとしての運用が主な目的。対策できるカードが少ない点も評価できる。
コストが必要なのでさすがに禁止カードでノーコストの「心変わり」ほど多用はできないが、
抑制のため2007年9月1日には制限カードに指定されてしまった。
ちなみに原作での効果は実物の「心変わり」とほぼ同じであり、ノーコストだった。

原作・アニメでは「決闘王国編」における「闇遊戯vs孔雀舞」戦において闇遊戯が初めて使用。
このカードで「ハーピィズペット竜」のコントロールを奪い、「カタパルト・タートル」の砲弾として利用するという、ある意味鬼畜な戦法だった。
決闘王国でのデュエルのルールでは上級モンスターの召喚に生け贄が必要なかったものの、
彼は相手モンスターを奪える利点を「バトルシティ編」以前から理解していたのだろうと思われる。
ちなみに、このカードでモンスターを奪った時、殆どは何かしらの形で生け贄に捧げられている。

原作の王国編から登場していたにもかかわらず、このカードがOCG化されたのはGXが放送されてから大分後だったりする。


                      、       ト、
         ,-‐、         rく_|       しゝ、           _/-、
        /   `l、       /   !      :!  ヽ      . /|!   ヽ
        !、 ,.-''| \_    /   !       !   ヽ   / ./' ̄'y‐'
    , --- 、___ゝ、 ヽ  \_/゙ 、  /        ヽ , ‐ヽ__, ‐'  .! /'L__,, -‐'-、
    .|   :、   `'''´       /         !        '´    /   /
    ヽ   ヽ  ,   ,, -‐     .!            /      ─-、 、  /─/
     \/ ヽ / ./゛          !         ヽ        ヽゝ 7<´
   ./  ̄'' `'‐-ゝ/            /          ヽ         | :‐' ´ ´ ̄\
   !   ヽ、 ,! .!        _,/           ヽ、       | │  /  ,/
   \、  \、! .|  , -‐‐/‐'二_,─'‐ー-、 /  ̄  ̄` ーニ`丶、    |  ヽ‐'  ,/、
  r'´゙ \ r'‐lヽ、 /゙  / ,-/   _     ゙|     ./  ト- | 、 . ゝ \, i'´ヽ, ‐'  |
  \   ゙ゞヽ_ニ_,`  _-i'´  .r  , -'冖   l    ̄´   '´  !_\--‐= ̄/ /
   ` ー_/ ヽ   ` / .ヽ   ´       .! ,   く     ゙7´  |     ∠)''
      `ー-‐'  _/  - 、      ` ̄‐'  !  ` ̄´ , -'  |, ‐  ー
           :!、  /   / ̄\___    !  -‐-、/     `'xニ |
          /   ヽ , -.′  ‐'  ゙l  .!       、 `'ィ゛   }
          /    _!   /、 _,  ´  :|    '_ , !  _,‐--/ ヽ
          ,| - 、.'   '| _,  ̄ `ー‐-、 | ‐'"´  .\  .'   .|-‐ .く
         ヽ   \,/   ー  -、    !   ,.-  ,-'‐' ̄`ヽ/  /
          |  ---l/ __     _‐'"´ .|  ̄'r   ヽ _   /--  :!
          `j   / /   ヽ  \   ! 、  ̄  /   .!  ヽ  /′
           ゝ .  !    "   "  / .′     '′.′  , /
            ``ヽ、   , 、   ,_   _,ノ~ゝ_   , _,__、  _r'´
               ´ ̄    ̄  ̄      ̄      ̄