羅・諷田

16話におけるラピュタの雷の説明の際に民明書房刊「ラピュタに学ぶ生活の知恵」の引用で名前のみ登場した、ラピュタの建国者と思われる人物の名。
名前は中国系のようだが、その詳細は作中では一切語られていない。

13話アリスが「ラピュタ」という単語を聞いたときに、『羅諷田さん』と言う人名と勘違いし、
ミクに「さすがにそれは・・・」と突っ込まれたが、
本当に『羅・諷田』という人物が存在していたことが発覚した際には、
作中では完全にスルーされていたが一部の視聴者は衝撃を受けたことであろう。・・・多分。

なお、言うまでもないが「天空の城ラピュタ」には存在しないオリジナル設定である。