許せる!

スパイダーマン (東映版)空耳のひとつ。本当は「許せん!」と叫んでいるのだが、
かなりの早口のため、「許せっ!」または「許せる!」と、聞きようによっては真逆の意味にもなってしまう
・・・というか、ネタにされ過ぎて最早そうとしか言ってないことにされてしまっている。
本編では、第23話Aパートでスパイダーママリオに恥をかかせられた時に発しているが、
元々はスパイダーマの敵であるモンスター教授が発した言葉(空耳)である。

余談ではあるがこの空耳があることにより、
削除以前のスパイダーマ関連の動画では、例えまだ未熟なコメント職人が失敗しても
視聴者は「○○職人が失敗だと・・・許せる!」などと寛大な心をもって接する事により、
結果として数多くのコメント職人がこの動画でその腕を磨き、
今もなお多様かつハイレベルな職人と職人芸が次々と生まれていた。
寛大さは大切だと言わざるをえない。