ゼットソー

桂 言葉の装備している片刃ののこぎり。実際に存在するのこぎりである。
原作のバッドエンド「鮮血の結末」やアニメ版において使用され、言葉の使う武器の代表格となっている。
なお公式では「レザーソー」となっており、使用方法を考えてもこちらの表記が正しいのだが、
現実のニコニコ市場において同型の商品は「ゼットソー ハードインパルス」という商品名で販売されている。
このためニコニコ的には「ゼットソー」という表記のほうが浸透している。

言葉はこれをまるで刀のように扱っているが、のこぎりは実際にはあんな斬り方はしない。
むしろ動かないものに刃をあて、力を込めてギィーコギィーコするのがのこぎりの本質である。
そもそものこぎりは肉を斬るようには出来ていない上、あんな使い方したら刃が折れる。
せいぜい肌に傷を付けるのが精一杯だろう。CCOの無限刃でもあるまいに。
だが、それでも一撃必殺の武器として扱うのが言葉様クオリティ。
これを手にした場合、大抵の場合は一撃必殺(世界を庇った漫画版を除く)、
のこぎりでは普通は不可能と思われる首の切断や腹の帝王切開も言葉様なら余裕だぜフゥハハハーハァー!

ニコニコ動画における言葉の関連動画の市場には、大抵このゼットソーがある(しかもある程度の人が購入している)
が、 当然これで嫌いな相手の頚動脈を斬りつけたりするのは現実世界では重犯罪なので、
たとえ精神が崩壊するような酷い目に遭ったとしてもそういう事はやらないように!


なお↓のMADから「妖刀オベリスク」と呼ばれる事もある。
このMADにおける言葉の中の人は、言葉同様ニコニコRPGにおいては火力に定評がある。