空耳

誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる「空耳アワー」のお時間がやってまいりました。

本来の意味は「音が鳴ったわけでもないのに聞こえたと感じること、もしくは聞こえたのに聞こえないふりをすること」だが、
テレビ朝日系列で82年秋から続く長寿深夜バラエティ番組『タモリ倶楽部』の
「洋楽の一部が日本語でこう歌っているように聞こえる」という投稿を紹介する人気コーナー「空耳アワー」の影響により、
最近では『 別の意味で発言されているはずが、発音・滑舌の悪さや外国語独特のイントネーションにより、違った「日本語」に聞こえてしまう 』現象のことも指すようになっている。
ネットで使われるのは大抵こちらの意味である。

上述の「空耳アワー」からして深夜番組特有のしょーもないエロスを好む傾向を反映してか、
空耳ネタも概してお下品なモノが多い。

「動画に字幕コメントを貼り付ける事ができる」というニコニコ動画のシステム上
一番ネタにしやすいパターンの一つとも言え、
ニコニコ動画では、このような「空耳」現象が起こる動画はよく伸びるという法則があったりなかったり。

空耳と関係のあるキャラクター


空耳と関係のある作品


本家・空耳アワーの総集編動画

「ドラゴンボール」のOPを各言語別に見せた動画。下ネタ空耳コメント連発の非常におバカな雰囲気だが、
「とにかく原曲をオリジナルに改変したがるアメリカ版(14:20~)」と、「とにかくオリジナル歌詞を忠実に翻訳して無理にでも曲に乗せたがるメキシコ版(16:09~)」の、ある意味文化的な対照具合も興味深い。
環境が許す限りの最大音量での視聴をオススメ!