※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月09日

再会(再開) 著者:知


 「おまえがおまえを殺めてしまえば、それで全部終わる……それはわかってるだろ?」
 「俺にそれができないことは、おまえも知っているだろ?」
 「相変わらずだなぁ……おまえは。もう何年経つんだ"俺が生まれてから"」
 「さぁ……すごく昔のような気もするし、つい最近のような気もする」
 「本当に変わらないな、おまえは……」
 「放っとけ」
 「あれからお前は色々忙しく俺が出る幕はなかったのに、少し考えるゆとりが出たら これだもんな」
 「……出番がなかった方がよかったか?」
 「ああ、俺はおまえにとって癌でしかない存在だからな」
 「……」
 「時間もないことだし、始めるか……問おう、何故おまえはおまえがおまえを殺めることができないのか」
 「……いきなりそれか? 簡単だ、俺が自分が嫌いだという事よりも、『人は死ぬまで生きなければならない』という考えの方が強いからだ」
 「問おう、『人は死ぬまで生きなければならない』という考えをもつようになった理由はなんだ」
 「若くして……まだ生きたくて死んだ人に対する冒涜になるからだ」



 「問おう………………か」
 「………………からだ」



 「問おう……………………」
 「……………………らだ」




 「問………………………」
 「……………………らだ」






 「……………………………………」
 「……………………………………」










 「時間だな、これで最後だ。問おう、おまえが最後に人前で泣いたのは何時か」
 「忘れた。少なくとも中学生以降は泣いたことがない。人前か否かに関わらずな」
 「そうか、なら俺が消える前に一言残しておこう……次に会えるのは何時になるかわからないしな」


 「「おまえは生涯誰の前でも泣かないだろう」」





コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|