※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月07日

Welcome to our hamlet 著者:知


しかし彼女にとっての真に偉大な時代はまだ訪れてはいなかった。

 「――まだ、少し早かったかな?」
彼女は小首を傾げてそう呟いた。
 「……な、何が……?」
僕はあまりもの光景に頭が真っ白になってしまい、上手く働かない頭ではそう聞き返すことしかできなかった。
 「ん?」
僕の言葉に彼女は又、首を傾げて僕を見つめた。

 その瞳は黒から銀色に変わり、髪も漆黒から灰色に変わっている。かなり印象が変わっていてふと見ただけでは彼女とは分からない。
 首を傾げる仕草は彼女の容姿とぴったり合っていてとても可愛らしい

 ……でも……

 僕は辺りを見回した……一面銀世界……と言っても元々この場所がそうだったわけではない。
 ここは冬になると確かに雪が沢山降ると聞いている。

 でも、今は冬ではない、夏だ。

 「――ふぅ、これ以上は……無理……かな?」
彼女がそう言うと同時に初めから雪はそこになかったかのように雪は忽然と消え、髪や瞳の色が元に戻った。


 「えっと……何だったかな?」
彼女は一息ついてから僕の目を見つめながらそう聞いてきた。
 「……何が少し早かったのかなって」
僕がそう答えると彼女は合点がいったような顔をして
 「そっか、君はまだ『異能者』になってそんなにならないんだね」
と僕に向けていた視線を少しそらして言った。
 彼女が『異能者』という言葉を言った時すごく辛そうな表情をしていたのは気のせいだろうか。

 「じゃあ、私が教えてあげるね――」
彼女がそう言って僕に教えてくれたことを簡単にまとめるとこんな感じだ

  • 『異能者』とは所謂魔法みたいなものを使うことのできる者ことをいう
  • 『異能者』が使える魔法のようなもののことを『能力』と言い、それは『異能者』によって異なる
  • 『能力』の強さは年や月、日によって変化し特に女の子はその変化が激しい

 ――何で女の子は『能力』の強さの変化が激しいのか聞いたら、暫く彼女はきょとんとすると、顔を真っ赤にして怒った……何で?――

 他にも彼女は教えてくれたんだけど、僕にはちんぷんかんぷんだった。


 ふと空を見ると茜色に染まっていた。
 「ああ。もう、こんな時間なんだ」
彼女が僕につられるように空を見るとそう呟いた。
 「じゃあ、又、明日ここで」
僕は自然に彼女にそう言っていた。何故、そう言ったのかわからない。彼女とは今日出会ったばかりなのに。明日にはこの町を出て行くつもりだったのに。

でも――

「うん、又、明日ね」

と言った時の彼女の笑顔をみるとそんなことはどうでもよくなった。
僕は彼女と一緒にいると楽しかったから。
だって、僕が彼女がいう『異能者』になってから僕に優しくしてくれたのは彼女だけだったから。


 翌日、僕は目が覚めると昨日彼女と出会った場所に行った。特にすることもなかったし、それに……

 その場所に着くと彼女がもうきていた。
 「早いね」
僕は彼女にそう声をかけた。まだ朝早くだ。まさかきているとは思わなかった。
 「うん、だって私、大事なことに気づいてなかったから。」
彼女がどこか気まずそうに言った。
 「大事なこと?」
 「――君はこの町の近くの子ではないよね?どこか遠くから一人できたんだよね?」
僕は何も言えなかった……その通りだったから。
 「やっぱり……最近、この町の近くで『異能者』が生まれたって話を聞いたことがなかったんだよ。それを知ってたのに何ですぐに気づかなかったんだろう」
彼女はそう言うと僕に抱きついてきた……
彼女の匂い、暖かさ、そして見た目からは想像できない女の子らしい体の柔らかさに思わずどきどきしてしまった。
 「よかった……これで君に居場所を作ってあげられる」
彼女は安心したようにそう言うと僕を抱き締めていた手を離し、にっこりと笑った。
 「……居場所?」
 「うん、私も君と同じだったから……小さな集落だけど『異能者』が暮らしている場所があるから、そこに案内するよ。そこなら君も安心して暮らせるよ」

 ……安心して暮らせる……
その言葉はすごく魅力的だった。だって、生まれた場所から追い出されてから安心暮らせることはなかったから。
 『異能者』であることがばれてしまうとその町を追い出された。
そういうことを繰り返しているうちに僕は一つの町に住み着くことを諦めた。そして各地を点々と歩いていくことに決めた。
 「……本当に?」
僕の声は少し震えていた。
 「うん。」
彼女は笑顔で僕に手を差し伸べた。
僕はその手を少しためらってから軽く握った。
 「じゃあ、行こ?」
すると彼女は僕の手を強くしっかりと握り締めると、楽しそうに歩き始めた。


 彼女に連れられて着いたのは本当に小さな集落だった。
でも、そこの人は僕を暖かく迎え入れてくれた。
 そして僕に与えられた家、一人暮らしなのが少し寂しいような気がしたけど……
家は……いや、この建物(家というには少し変な物だった)は……
僕が各地を点々と歩いていたときに夜露を凌いでいた小屋と比べると……

この建物はそれほど悪くなかった






コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|