※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年11月10日

曲がりまくった道  著者:亜季


途中でそれる道などどこにもない。
急な斜面と岩の壁だけ。

何の面白みもない、
ただまっすぐな息苦しい窮屈な道を歩いている。

まるで、そんな夢の中にいつまでも溺れているような感覚だった。


 * * *


「え?意味分かんない」
「どこがいいの~?センス悪っ!」
「あなたって変な人!」

いつもユミは女の子の輪に馴染めないでいた。

何を言っても誰も理解してくれない。
理解されないだけならまだしも
好きなものまで否定や拒絶されるばかり。

昔からそうだった。

―話せば分かる、なんて誰か言ったんだろう?

ユミは中学生の頃に大好きだったカエルやヘビ、イグアナなどの
爬虫類の写真のコレクションを
仲のよかった友達に気持ち悪がられ
女の子たちの間で仲間外れにされて以来、
人に自分のことを話すのが怖くなった。

近づいてきてくれる子もいたけれど
仲良くなって、正直に好みの話をするたびに否定され、
毎回、ユミはいつのまにか、すぐにひとりぼっちになった。


 * * *


「ユミって何が好き?やっぱり可愛いユミだから、コアラとか?」

17歳の夏、初めてできた彼氏とユミが動物園へ行った時のことだ。

彼、タカシはユミより5歳年上で
いわゆる「可愛いらしい女の子」が好きだった。

「俺のダチで爬虫類好きがいてさ、あんな気持ち悪いのどこがいいんだかね?まぁ、面白いヤツだから今度紹介するよ。」

―爬虫類、私も好きだよ。
なんて、とてもじゃないけど言えなくて愛想笑いした。

タカシはユミの愛想笑いに気付かずに
普通にニコニコ喜んでいた。


ある日、タカシが例の爬虫類好きにユミを紹介した。

「前話してた俺の彼女のユミ。コイツはカツヤ。」
「ども。いつもタカシがお世話になってます。」
「おぃ!お前は俺のオカンか!?」
「は、はじめまして。」

見た目はごくごく普通の男の子だった。
自分もだけど、爬虫類が好きそうには見えない爽やかだ。

「あ、あの…。」
「はぃ?」
「は、爬虫類…好きなんですか?」

聞かずにはいられなかった。
私と同じものを好きな人。

「バカ!コイツに爬虫類の話させたら止まらなくなるって!」
「うん。アイツらはすごい美人…じゃなかった、『美動物』だよ!」

それからがすごかった。
カツヤの爬虫類の話はえんえん3時間にも及ぶ熱弁だった。

爬虫類の姿カタチ、習性、雑学、
こんなに面白い話は初めてだった。

「ユミ~、ごめんな?爬虫類の話なんて気持ち悪いだけだっただろ?」
「気持ち悪かねーよ!何度も爬虫類は『美動物』だって言ってるだろ?」
「野郎にならいいけど、女の子に爬虫類の話をしてどうすんだよ。」

カツヤの目はキラキラしていて、
「気持ち悪い」と言われても「好き」と言えるのが輝いて見えて
ユミには羨ましかった。

「わ…私も爬虫類…好き…。」

タカシとカツヤはキョトンとした目でユミを見つめた。

「だ…だろ!爬虫類好きに性別はなぃ!俺、女の子で爬虫類好きがいるなんてマジで感動!」
「は…はぁ!?ユミも爬虫類好きなの?」

タカシは理解できないと言った顔で頭をかいている。
ユミが昔から見てきた、いちばん嫌いな顔。

ユミはカツヤの目をジッと見つめた。

「…爬虫類好きな女の子って…気持ち悪いですか?みんなと違うみたいで誰も理解してくれなくて…。」
「何それ?みんなと違っても一緒でも、好きなら好きでいいじゃん。むしろ、みんなと違う考えができるなら、人生、寄り道し放題だよ。自分の道を楽しんで曲がりまくっちゃえば?」

カツヤの言葉に、ユミは心から重たい何かが消えた気がした。

「あ、今度、爬虫類図鑑を貸してあげるよ。」
「え!?嬉しいですっ。」
「な、なんだよ、二人して爬虫類で盛り上がるなんて、ありえね~!」

タカシの話題に入れない悔しそうな顔を横目にユミは心に決めた。

自分の将来の道は自分の道だもの。
曲がって、曲がって、曲がって、曲がる。




コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|