※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2008年03月14日

無題(仮)  著者:せるうぃあ


迷いも悩みも揺れも惑いも、いずれは自分の力に変えていける。
彼等も昔はそう信じていた、あの時までは。

「んー今日も寒いなぁー」
「冬ですから」
「どっか暖かいとこいくかー」
「私の家にでも来ます?」
「ぁー行く行く」
「家変わってから行くのは初めてだな」
「あまり変わりませんよ」
「楽しみだなぁ」

彼等は数十分程歩き、アパートの一室へと入ってゆく。
彼は部屋の異臭に気付き、奥へと走る。そこには燃え盛るコタツがあった。
咄嗟に傍に合ったシーツを手に取り、何とか鎮火する。

「あーぁ、やっちまった。どうすんだよ、このシーツ」
「シーツよりコタツのほうが・・でもちゃんと消してきたはずなのに」

彼等は気付いていなかった、部屋の片隅にある人影を。
あの時は、もうそこまで迫ってきていた。
笑って手を振った。




コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|